「2015年6月」の記事一覧(2 / 5ページ)

妊婦の風邪と咳で吐く?吐き気の対処方法とは

妊婦は胎児に栄養を取られがちなため風邪になりやすくなり、咳も出やすくなり喉頭反射で吐き気を伴い吐く事もあって、妊婦の風邪を治すにはマフラーを着て生活するのが良く、咳を治すと同時に吐き気による吐く症状を良くするには生姜湯が良いです。

妊婦の風邪と熱!胎児の影響は40度以上なら危険!?

風邪や熱を引いた妊婦は体にいえる胎児の影響をかなり心配する方がいますが、少し風や熱を引いた程度では安全なケースがほとんどなのですが、薬の服用は胎児に悪影響を及ぼす事があるため妊婦の方は産婦人科に相談する事を忘れないようにしましょう。

ルイボスティーの効能と副作用!がんの発症率を抑える!?

がんの予備軍とされる方はルイボスティーの効能が改善に効くと分かっており、カテキンで脂肪の吸収を抑える効能を持ち、ルイボスティーは飲み過ぎると副作用があり、カテキンが葉酸を壊して吐き気や貧血などの副作用があるので注意します。

ルイボスティーの効能と男性!白髪の改善にも役立つ!?

男性や女性の白髪はメラニン色素の不足が大きな原因で、ルイボスティーの効能は体の老化とストレスを改善して男性の薄毛を治してくれて、白髪にも有効な効能であり、ルイボスティーはカルシウムは銅などの栄養でメラニン色素を作ります。

ルイボスティーの効果と期間!いつから変化が出始める!?

ルイボスティーを飲むと女性の悩みや体の悪い部分を治す効果がありますが、効果がいつから出るのか期間を知らない人が多く、ルイボスティーを毎日飲み続けて1~3ヶ月の期間で何かしらの影響が出るので、いつから変わるのか不安な方は覚えていてください。

ルイボスティーと肌!効果的な飲み方は寝る時や食事前!?

肌はルイボスティーで活性酸素を取り除き老化を防ぐ事が出来て、亜鉛や鉄分で肌を生み出す栄養もルイボスティーは持っており、効果的な飲み方は寝る前に飲む事で安眠を誘う事で、その他の効果的な飲み方は食事前の30分前に飲むとカテキンで脂肪を体に吸収しません。

ルイボスティーの効果と効能は不妊を3ヵ月で改善する!?

不妊は現代人が不足しがちな亜鉛や鉄分の減少が考えられ、ルイボスティーの効果と効能はこれらの栄養を補うだけでなく、血流を良くして卵子を若返らせ不妊を治す事に期待出来て、ルイボスティーの効果と効能を活かすには温めて寝る前に飲むと有効です。

ルイボスティーの効果と効能は妊婦の出産を安全にする!?

妊婦になると美容や健康の悩みが増えますが、ルイボスティーの効果と効能はそれらを改善して、妊婦が胎児に奪われる鉄分や亜鉛を補給する事ができて、ルイボスティーの効果と効能はさらに運動不足による血流の悪さを改善してくれます。

足がつる時の対処!すねはスポーツのやり過ぎで痛む!?

足のすねは厳しいスポーツをして筋肉が疲労した時につる傾向にあり、対処法としてはしばらくスポーツを控えるか、あるいは足のすねの血行を良くするため蒸しタオルをして、ココアを飲んで寝るなどをすると体の回復に良く、つる事が多い人に有効な対処法です。

足の指や裏がつるのは病気?肥満や高血圧の方は要注意!

足の指と裏は健康に大きく絡んでおり、つるばかりして治らない方は病気の影響であるケースもあり、足の指や裏に糖尿病や椎間板ヘルニアなどの病気の可能性があり、つる症状を改善するためにはトマトジュースを飲んで、生活習慣を改善しましょう。

このページの先頭へ