「2015年5月」の記事一覧(2 / 3ページ)

ココアのカフェインと子供!寝る前に飲んでも良い!?

カフェインは寝る前に摂取すると眠りづらくなり、ココアにも含まれているため子供に飲ませると成長の妨げになりがちですが、カフェインの量はそれほど多くはなく、寝る前までにココアを1杯も飲んでいない場合なら飲んでも子供の睡眠を邪魔する可能性は低いです。

ココアのカフェインが妊娠中の妊婦に与える影響とは

ココアには10~50mgのカフェインが含まれているため、妊娠中の妊婦は1日100mgまでカフェインを押えないと胎児が流産するリスクが高まり、ココアを飲む際は1日2杯までにして、妊娠中の妊婦コーヒーなども控えた方が良いでしょう。

ほうじ茶のカフェイン!番茶と玄米茶の違いとは

ほうじ茶のカフェイン量は30mgで、玄米茶と番茶は15mgとされているのですが、カフェインは1日100mgまで抑えれば良いので難しい事ではなく、ほうじ茶は脂肪分解に良く、玄米茶は食物繊維が豊富で便秘の改善に役立ち、番茶は風邪やアレルギーに有効です。

ほうじ茶のカフェインで授乳や一歳の幼児に与える影響とは

ほうじ茶を飲んだ状態でもカフェインの影響が授乳に出る事はまずなく、授乳時期の方は何杯飲んでも結構ですが、ほうじ茶を一歳の幼児に飲ませる場合は1日3杯までにする事が大切で、カフェインを一歳の幼児に取らせすぎると夜眠れなくなり成長出来ません。

ほうじ茶のカフェインは寝る前や子供に飲ませてもいい!?

カフェインは意外にもほうじ茶にも含まれており、1日にカフェイン100mgを子供に与えると成長の妨げになり、ほうじ茶では1日子供には3杯までに抑えるのが良く、寝る前に飲むと寝れない方もいるようで、昼までに飲むと寝る前の眠気を奪わなくて済みます。

コーヒーの飲み過ぎで吐き気!対処方法について

吐き気がするのは風邪が原因ではない事もあり、コーヒーの飲み過ぎによる胃液過多で吐き気を伴うケースもある事から、コーヒーを飲み過ぎた時の対処方法として食事は控えて、もし食べる場合でもお粥に変えて、生姜湯を飲んだ後に深呼吸をすると良い対処法となります。

コーヒーの飲み過ぎで癌!病気の発症率が上がる!?

コーヒーは1日1杯飲むと肝臓癌の発症率が半分となりますが、飲み過ぎると不眠症や自律神経失調症などの病気の発症率が上がるとされており、コーヒーを飲み過ぎると癌は予防出来ますが、病気だけでなく早死にする事も分かっているため、1日3杯までにすると良いでしょう。

コーヒーの飲み過ぎで胃炎!胃が痛い時の対処法とは

お酒を飲み過ぎると胃炎になりますが、コーヒーの飲み過ぎでも胃炎となり胃が痛いという状態になる事もあり、胃が痛い時は温めた牛乳を飲みつつ食事はお粥に変更するのがおすすめで、コーヒーの飲み過ぎにならないように1日3杯まで飲む事としましょう。

コーヒーの飲み過ぎは何杯?4杯以上は危険!?

美味しいコーヒーだと何杯も飲んで飲み過ぎてしまいますが、1日4杯も飲んでしまうと早死にする傾向があるため、何杯もコーヒーを飲み過ぎるのは体の毒になるので控えるべきで、4杯飲むのは止めて3杯までに抑えて昼までに飲むと睡眠の邪魔になりません。

コーヒーの飲み過ぎでめまい!気持ち悪い時の対処法とは

めまいがする時や気持ち悪いという原因になる理由はコーヒーの飲み過ぎも原因と考えられており、めまいがする人は鉄分を摂取すると回復する事もあり、気持ち悪い時はコーヒーの飲み過ぎを控えて、食事も食べない方が良いでしょう。

このページの先頭へ