「2015年5月」の記事一覧

紅茶のカフェインと影響!胃の危険を防ぐ方法

カフェインは胃液を促して食べ過ぎなどの消化を助けますが、紅茶を飲み過ぎてカフェインを過剰摂取すると胃の中が傷付く事や荒れたりするため、下痢や嘔吐になるので紅茶の飲み過ぎによる影響は問題で、悪影響を及ぼさないために1日3杯までに抑えましょう。

紅茶のカフェイン効果!時間はいつまで続く!?

心地の良い香りがする紅茶を好む方は多いですが、紅茶が含んでいるカフェインの効果は長く続き、その持続時間は8~14時間とされていますが、実際には個人差でカフェインの効果の続きようは異なってくるため、年齢やその人の体質も考慮すべきです。

紅茶のカフェインと睡眠!眠れない時の対処法

眠れないという方は睡眠の質が落ちている事があり、紅茶のカフェインは睡眠の質を落とす原因となる事があるため、眠れない方は昼までに飲むのが良く、紅茶のカフェインの影響を少なくするため、1日3杯に抑えてミルクを入れて飲むと眠りやすいです。

紅茶のカフェインで不妊!母乳にも影響が出る!?

不妊は冷え性や栄養不足が問題であり、紅茶のカフェイン1日100mg以上摂取する方は不妊症になる方がいて、紅茶のカフェインは母乳にも影響が出て胎児の成長に支障が出るため、母乳の状態を良くするルイボスティーを飲むのも良いです。

カフェインの効果と最大時!持続時間はどのくらい!?

人がカフェインを吸収すると効果が現れるのは20~30分以内で、持続時間は8~14時間と言われていますが、飲み物やその人の体質でカフェインの効果が現れる違いがあり、最大時は3時間とされていますが、これも年齢などで最大時も異なります。

カフェインの効果と効能!眠気への影響時間とは

眠気が酷いなぁという方はカフェインの効果で抑えるのが良く、カフェインの効能は8~14時間続くため、その間は効果が続くため眠気が消えるのですが、300mg摂取しないと眠たくなるのでキシリトールなどの効能で寝ないようにすると良いです。

カフェインの効果と危険性を消す方法とは

身近なお茶やコーヒーが含むカフェインは取り過ぎてしまうと健康に良い効果も危険性に繋がり、カフェインの効果で自律神経の乱れや早産の危険性が出るため、消す方法としては水分を大量に飲んで体外に流す方法や消すというより壊された鉄分をナッツで摂取するのも良いです。

カフェインの効果と有効性!集中力アップにも期待出来る!?

受験生は集中力が欲しいと考える方が多いですが、そんな時はカフェインの効果で集中力をアップさせるのが良く、この有効性を上げるには砂糖を少量入れるとカフェインによる集中力の効果がさらに上がりおすすめで、有効性も増していきます。

カフェインの効果と副作用!頭痛の対処法とは

試験勉強をする時にカフェインの効果で集中力をアップさせると効果的ですが、カフェインは取り過ぎると副作用が出て、睡眠を取るのが困難になったり頭痛が出る事があるため、頭痛などの副作用を出さないためにもほどほどにしましょう。

ココアのカフェインと生理痛!夜は飲んだらダメ!?

生理痛はカフェインの冷えで悪化しますが、ココアのマグネシウムで生理痛を緩和する事が分かっており、カフェイン量も少ないためココアを飲むべきなのですが、夜に飲む場合は1日1杯にしないと夜眠るのが難しくなる可能性が出てきます。

このページの先頭へ