「カフェイン」の記事一覧(2 / 4ページ)

紅茶のカフェインで不妊!母乳にも影響が出る!?

不妊は冷え性や栄養不足が問題であり、紅茶のカフェイン1日100mg以上摂取する方は不妊症になる方がいて、紅茶のカフェインは母乳にも影響が出て胎児の成長に支障が出るため、母乳の状態を良くするルイボスティーを飲むのも良いです。

カフェインの効果と最大時!持続時間はどのくらい!?

人がカフェインを吸収すると効果が現れるのは20~30分以内で、持続時間は8~14時間と言われていますが、飲み物やその人の体質でカフェインの効果が現れる違いがあり、最大時は3時間とされていますが、これも年齢などで最大時も異なります。

カフェインの効果と効能!眠気への影響時間とは

眠気が酷いなぁという方はカフェインの効果で抑えるのが良く、カフェインの効能は8~14時間続くため、その間は効果が続くため眠気が消えるのですが、300mg摂取しないと眠たくなるのでキシリトールなどの効能で寝ないようにすると良いです。

カフェインの効果と危険性を消す方法とは

身近なお茶やコーヒーが含むカフェインは取り過ぎてしまうと健康に良い効果も危険性に繋がり、カフェインの効果で自律神経の乱れや早産の危険性が出るため、消す方法としては水分を大量に飲んで体外に流す方法や消すというより壊された鉄分をナッツで摂取するのも良いです。

カフェインの効果と有効性!集中力アップにも期待出来る!?

受験生は集中力が欲しいと考える方が多いですが、そんな時はカフェインの効果で集中力をアップさせるのが良く、この有効性を上げるには砂糖を少量入れるとカフェインによる集中力の効果がさらに上がりおすすめで、有効性も増していきます。

カフェインの効果と副作用!頭痛の対処法とは

試験勉強をする時にカフェインの効果で集中力をアップさせると効果的ですが、カフェインは取り過ぎると副作用が出て、睡眠を取るのが困難になったり頭痛が出る事があるため、頭痛などの副作用を出さないためにもほどほどにしましょう。

ココアのカフェインと生理痛!夜は飲んだらダメ!?

生理痛はカフェインの冷えで悪化しますが、ココアのマグネシウムで生理痛を緩和する事が分かっており、カフェイン量も少ないためココアを飲むべきなのですが、夜に飲む場合は1日1杯にしないと夜眠るのが難しくなる可能性が出てきます。

ココアのカフェインと子供!寝る前に飲んでも良い!?

カフェインは寝る前に摂取すると眠りづらくなり、ココアにも含まれているため子供に飲ませると成長の妨げになりがちですが、カフェインの量はそれほど多くはなく、寝る前までにココアを1杯も飲んでいない場合なら飲んでも子供の睡眠を邪魔する可能性は低いです。

ココアのカフェインが妊娠中の妊婦に与える影響とは

ココアには10~50mgのカフェインが含まれているため、妊娠中の妊婦は1日100mgまでカフェインを押えないと胎児が流産するリスクが高まり、ココアを飲む際は1日2杯までにして、妊娠中の妊婦コーヒーなども控えた方が良いでしょう。

ほうじ茶のカフェイン!番茶と玄米茶の違いとは

ほうじ茶のカフェイン量は30mgで、玄米茶と番茶は15mgとされているのですが、カフェインは1日100mgまで抑えれば良いので難しい事ではなく、ほうじ茶は脂肪分解に良く、玄米茶は食物繊維が豊富で便秘の改善に役立ち、番茶は風邪やアレルギーに有効です。

このページの先頭へ