「コーヒー」の記事一覧

コーヒーは飲み過ぎると体に大きな害が出るだけでなく、流産の危険性を高める事があり、これはコーヒーが含むカフェインという成分による作用で、カフェインは体内の栄養を壊す事から流産の危険性を上げる効果があり、コーヒーを飲み過ぎると効果が裏目に出て、睡眠も取りずらいので注意しましょう。

コーヒーの飲み過ぎで吐き気!対処方法について

吐き気がするのは風邪が原因ではない事もあり、コーヒーの飲み過ぎによる胃液過多で吐き気を伴うケースもある事から、コーヒーを飲み過ぎた時の対処方法として食事は控えて、もし食べる場合でもお粥に変えて、生姜湯を飲んだ後に深呼吸をすると良い対処法となります。

コーヒーの飲み過ぎで癌!病気の発症率が上がる!?

コーヒーは1日1杯飲むと肝臓癌の発症率が半分となりますが、飲み過ぎると不眠症や自律神経失調症などの病気の発症率が上がるとされており、コーヒーを飲み過ぎると癌は予防出来ますが、病気だけでなく早死にする事も分かっているため、1日3杯までにすると良いでしょう。

コーヒーの飲み過ぎで胃炎!胃が痛い時の対処法とは

お酒を飲み過ぎると胃炎になりますが、コーヒーの飲み過ぎでも胃炎となり胃が痛いという状態になる事もあり、胃が痛い時は温めた牛乳を飲みつつ食事はお粥に変更するのがおすすめで、コーヒーの飲み過ぎにならないように1日3杯まで飲む事としましょう。

コーヒーの飲み過ぎは何杯?4杯以上は危険!?

美味しいコーヒーだと何杯も飲んで飲み過ぎてしまいますが、1日4杯も飲んでしまうと早死にする傾向があるため、何杯もコーヒーを飲み過ぎるのは体の毒になるので控えるべきで、4杯飲むのは止めて3杯までに抑えて昼までに飲むと睡眠の邪魔になりません。

コーヒーの飲み過ぎでめまい!気持ち悪い時の対処法とは

めまいがする時や気持ち悪いという原因になる理由はコーヒーの飲み過ぎも原因と考えられており、めまいがする人は鉄分を摂取すると回復する事もあり、気持ち悪い時はコーヒーの飲み過ぎを控えて、食事も食べない方が良いでしょう。

コーヒーの飲み過ぎで太る?肌荒れの関係とは

太る理由は食べ過ぎだけでなくコーヒーの飲み過ぎで太るケースもあり、コーヒーはカフェインでカリウムを壊すため、塩分が溜まる事から太るとされており、飲み過ぎで肌が荒れる事もありますが、これは眠気やビタミンをカフェインが奪うから肌荒れになります。

コーヒーの飲み過ぎで腹痛!肝臓の影響と対処法とは

コーヒーは脂肪やアルコールを分解する作用があるため、肝臓の負担を減らす事が可能なのですが、コーヒーを飲み過ぎると肝臓に逆に負担が掛かるため控えるべきで、腹痛が出た時は納豆などを食べるのが良く、腹痛が出た時はお腹を優しく撫でると有効です。

コーヒーの飲み過ぎと影響!ブラックとの違いとは

コーヒーが好きな人ならブラックを好む方もいますが、コーヒーを飲み過ぎると寿命が縮んだり、美容に悪影響が出る事が分かっており、ブラックの場合は砂糖などが含まれていないため悪影響があるていど軽減されてダイエットに有効です。

コーヒーの効果で癌予防!インスタントとの違いとは

インスタントコーヒーは一つの気分転換のような気分で飲む事が多いですが、インスタントコーヒーの効果は通常の物より少し成分が落ちるだけであまり成分の効果に差はなく、癌予防に有効なので、お酒などの癌を悪化させる飲み物を飲む前に飲むと良いです。

コーヒーの効果と副作用!やる気と体調にも影響が出る!?

コーヒーは血流を良くしたりストレスを解消する健康効果がありますが、コーヒーの効果を大きく受けると副作用が出て下痢や水分不足になる事があり、やる気がある人が飲むとやる気を無くすなど珍しい副作用を持つ飲み物と分かっています。

このページの先頭へ