「カフェイン」の記事一覧

カフェインは摂取すると脳に覚醒作用が現れ、集中力が高くなって脳の疲労感を取り除きますが、カフェインは眠気を奪う作用も現れる事が分かっており、その効果は30分以内に現れて8~14時間続くので、カフェインの持続時間は長く、コーヒー・紅茶・ほうじ茶・ココアなどカフェインを含む飲み物は多いです。

栄養失調の症状で爪と肌に異常が出る!?鉄分の必要性とは

栄養失調の症状が体に出ている人は爪が曲がったり、肌がボロボロな感じの人が多く、栄養失調による爪の異常にはたんぱく質を含む肉と卵の摂取と鉄分を含む海藻類を取ると改善して、肌の症状を治すにはビタミン類を含む納豆やキウイを食べると良いです。

栄養失調の症状で皮膚に湿疹!?ビタミンの働きとは

皮膚に湿疹が突然出来る人は驚くと思いますが、栄養失調の症状であるケースがあり、主にビタミンB類やナイアシンが不足している事で皮膚に湿疹が出来る事があり、栄養失調の症状を防ぐにはナッツ類・肉類・納豆を食べると基本的に大丈夫です。

栄養失調の症状でしびれとお腹が膨らむ!?必要な成分とは

栄養失調で手足のしびれやお腹だけが膨らむという症状が出る事があり、しびれはビタミンB類や鉄分が不足して発症するケースが多く、栄養失調の症状でお腹が膨らむ理由はたんぱく質の減少で、血管に水分が保てないのが理由なので、たんぱく質を補給しましょう。

栄養失調の症状は頭痛やめまい!?おすすめの食べ物とは

栄養失調の症状の中でも印象が強いのは突然のめまいや頭痛ですが、頭痛やめまいは基本的に鉄分の栄養失調が考えられており、アーモンドや納豆で摂取すると症状を治す事が可能で、ビタミンCを含むキウイも効果的なので食べてください。

栄養失調の症状!子供と高齢者は特に危険!?

栄養失調の症状で最も避けるべき人たちは高齢者や子供で、高齢者はカルシウムの不足で骨折すると寝たきりになる事があり、栄養失調の子供は身長や体重を増やす事が出来ない症状が出て、脳や神経も発達しない事から寿命も縮みます。

カフェインレスコーヒーは妊娠中や授乳中は何杯まで!?

カフェインレスコーヒーは妊娠中や授乳中の方に嬉しい飲み物で、何杯まで飲んでいいという決まりはなく、日本のカフェインレスコーヒーは味は良くないですが安全性が高いため、妊娠中や授乳中の方が飲んでも害が報告されていないため何杯飲んでも構いません。

カフェインレスコーヒーは安全?健康の影響とは

出産を安全に迎えるためにカフェインレスコーヒーに変える方がいますが、海外のカフェインレスコーヒーの場合はジクロロメタンという危険な薬物を使っているため健康に悪いので控えて、日本の物であれば薬を使っていないため安全性が高く健康に問題ありません。

紅茶のカフェインと影響!胃の危険を防ぐ方法

カフェインは胃液を促して食べ過ぎなどの消化を助けますが、紅茶を飲み過ぎてカフェインを過剰摂取すると胃の中が傷付く事や荒れたりするため、下痢や嘔吐になるので紅茶の飲み過ぎによる影響は問題で、悪影響を及ぼさないために1日3杯までに抑えましょう。

紅茶のカフェイン効果!時間はいつまで続く!?

心地の良い香りがする紅茶を好む方は多いですが、紅茶が含んでいるカフェインの効果は長く続き、その持続時間は8~14時間とされていますが、実際には個人差でカフェインの効果の続きようは異なってくるため、年齢やその人の体質も考慮すべきです。

紅茶のカフェインと睡眠!眠れない時の対処法

眠れないという方は睡眠の質が落ちている事があり、紅茶のカフェインは睡眠の質を落とす原因となる事があるため、眠れない方は昼までに飲むのが良く、紅茶のカフェインの影響を少なくするため、1日3杯に抑えてミルクを入れて飲むと眠りやすいです。

このページの先頭へ