コーヒーの飲み過ぎで癌!病気の発症率が上がる!?


仕事をしていると自然と欲しくなるコーヒーですが、飲み過ぎてしまうと癌や病気の発症率が上がるか心配になる方もいると思います。

04af5f97b5fc7a809eed086780d85770_s


そこで今回は過剰摂取した時の影響について紹介していきます。

まずはコーヒーの飲み過ぎで癌の発症率がどう変化するのか説明して、次に病気にどう影響するのか分かりやすく解説します.

コーヒーの飲み過ぎと癌の関係


太っている方や飲酒を頻繁にする人は癌になる事を心配する人が多いと思いますが、コーヒーの飲み過ぎでどう影響が出るのか気になると思います。

実はコーヒーを1日最低1杯飲む人は肝臓癌の発症率が半分になるようです。

その他に研究で分かった事はそれだけでなく1日4杯以上飲む人は飲まない人に対して、発症率が4分の1になる事が分かっています。

これらはコーヒーの飲み過ぎは癌を悪化させるのではなく予防します。

また1日3杯飲む人は口腔がんの発症率が半分となり、子宮内膜癌は4分の1にまで発症率が下がるため、コーヒーの飲み過ぎは予防に最適です。

ちなみに男女共に同じ効果が現れるので、性別は関係ないようです。

この予防効果は「クロロゲン酸」と呼ばれる抗酸化作用によるもので、動物実験では胃がんや結腸癌も予防する事が判明しています。

しかし、コーヒーの飲み過ぎはハッキリ言ってお勧めできません。

なぜなら癌を予防出来てもコーヒーを飲み過ぎると早死にする事が分かっており、
1日4杯以上飲む方は危険なので避けた方が良いでしょう。

健康的に癌を予防したい方は1日3杯までにすると効果的です。

スポンサードリンク


コーヒーの飲み過ぎで現れる病気


癌を予防出来てもコーヒーの飲み過ぎは様々な病気の発症率を上げてしまう事が分かっているため、それらの疾患を紹介します。

発症率が上がる病気

自律神経失調症
骨粗しょう症
不眠症や貧血
慢性胃炎

以上がコーヒーの飲み過ぎで発症率が上がる病気です。

自律神経失調症はカフェインが神経を興奮させる効果で、自律神経が乱れて発症する病気で、頭痛・吐き気・めまい・立ちくらみなど様々な症状が出ます。

また情緒不安定になる傾向があるため、うつ病などの病気も悪化します。

コーヒーの飲み過ぎは骨粗しょう症を防ぐ「カルシウム」を壊す原因となり、カフェインはカルシウムを崩すため特に女性の方は注意が必要です。

また鉄分も壊されるため女性に多い病気の発症率が上がりがちです。

コーヒーのカフェインは脳を興奮させて眠気を奪うのですが、そのせいで不眠症となる事があり、眠気を奪う時間は8~14時間あるとされているので辛いです。

そのため飲み過ぎは控えるべきで、昼までに飲む事でこの病気は防げます。

またコーヒーの飲み過ぎは胃液が大量分泌されて慢性胃炎になるため、胃もたれや吐き気がする時は控えるべきと言えるでしょう。

ちなみに妊婦の方は1日2杯までに抑えないとこれらの病気になりやすいです。

スポンサードリンク



コーヒーで防げる病気


コーヒーの飲み過ぎで病気の原因になる方は多く、その理由はカフェインの依存性にあり、カフェインは摂取すると脳の疲労を取り除く効果があります。

しかし、次第に脳に与える影響が薄くなり、摂取しようとする利用が増えます。

コーヒーの飲み過ぎを止めると頭痛がしたり、脳が疲労した感じがするため、自然と摂取してしまうのが原因なので、注意しましょう。

しかし、適量を守れば動脈硬化や糖尿病などの病気を防ぐ事が可能です。

実はコーヒーを飲むと善玉コレステロールを増やす効果があり、カフェインは脂肪を分解する作用もあるため糖尿病の予防にもなります。

そのため飲み過ぎなければ脳梗塞や心筋梗塞などの病気も予防出来ます。

また食事を取らず空腹の状態でコーヒーを飲むと急性胃炎などの病気になりやすいため、少量でも良いので、食事を取ると予防出来ます。

飲み過ぎ以外にもブラックコーヒーを飲むと危険です。

ブラックコーヒーは砂糖やミルクが入ってない分だけあって、慢性胃炎などの病気になりがちなため、少しづつ飲むことが良いでしょう。

以上で飲み過ぎによる癌と病気について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ