コーヒーの飲み過ぎで胃炎!胃が痛い時の対処法とは


インフルエンザに掛かった訳でもないのに胃が痛いという方は、コーヒーの飲み過ぎで胃炎になる事があるので、気を付けるべきです。

89ace63eb0a76b368e60d27e52c9d0f3_s


ここでは対処方法や1日何杯飲むと良いかお伝えします。

まずはコーヒーの飲み過ぎと胃炎との関係性を説明して、次に胃が痛いと悩んでいる方に胃に優しい対処法を紹介したいと思います。

コーヒーの飲み過ぎと胃炎


知っている方もいると思いますが、コーヒーには「カフェイン」と呼ばれる成分があり、この成分は脂肪を分解する「リパーゼ」を分泌させます。

そのためダイエットに良いのですが、飲み過ぎると胃が荒れます。

これはコーヒーの飲み過ぎで胃液が過剰に分泌されるのですが、過剰に増えると胃の粘膜が傷付いて胃炎を引き起こし、胃が痛いという症状が出ます。

特に胃酸過多の方や胃潰瘍の方は胃炎になりやすいので注意しましょう。

本来は食べ過ぎた時にコーヒーを飲むと消化を助けるのですが、やはり飲み過ぎると急性胃炎となって、胃もたれ・胃が痛い・吐き気などの症状が出ます。

たまに口から血を吐く「吐血」などが出るので、コーヒーの飲み過ぎは危険です。

急性胃炎は胃に優しい食事を食べながら2日が経過すると治りますが、コーヒーの飲み過ぎが続くと「慢性胃炎」に悪化する事があります。

この時に食欲不振・胃が痛い・腹痛・胸焼けなどが出てきます。

慢性胃炎を放置すると「胃・十二指腸潰瘍」になり、これは胃の粘膜が消化される病気で、胃が炎症を引き起こし、最終的には胃に穴が開きます。

症状は吐き気・出血・食欲減退・ゲップ。胸焼けなどがあります。

スポンサードリンク


胃炎に優しいコーヒーの飲み方


まずコーヒーの飲み過ぎと一般的に問題とされるのは、1日4杯以上飲む事とされており、1日に飲む回数は3回までに抑えると胃炎に優しいです。

しかし、二つの問題があり、一つは短期間に一気に飲む事です。

短期間にコーヒーを飲み過ぎてしまうと下痢や胃炎になりやすくなり、胃が痛い思いをするため、控えた方が良いと思います。

また食事を摂取してない空腹状態も胃炎になりやすいので食事を取りましょう。

コーヒーの飲み過ぎでその他で危険な方は妊婦の方で、妊婦の方は1日2杯までに抑えないと幼児にも悪影響を及ぼすので注意が必要です。

胃炎や胃が痛いのはコーヒーの飲み過ぎだけでなく、飲酒やストレスも原因です。

飲酒はアルコールの分解で胃に負担を掛けますが、コーヒーは分解を手伝ってくれるため適量を守れば胃炎や胃が痛い時の薬になってくれます。

またリラックス作用でストレス解消にも繋がります。

このようにコーヒーは飲み過ぎなければ胃炎や胃が痛い時に有効で、食事の分解も手伝ってくれることから、健康にも良いのでおすすめです。

夕方に飲むと夜寝づらいので、朝や昼に飲むと良いでしょう。

スポンサードリンク



胃が痛い時の対処法


今からコーヒーを飲み過ぎてしまった時以外にも有効な胃が痛い時の治療方法を紹介するので、気になる方は見てください。

胃炎の対処方法

食事は控えるか消化に優しい食事を食べる
普通の水を飲む
よく噛んで食べる

以上が胃が痛い時や胃炎を治す方法となります。

コーヒーの飲み過ぎで胃が痛い時は食事は控えるべきで、もしお腹が空いた時でもお粥などの胃に優しいものにすると回復が早いです。


またコーヒーを飲みすぎたら温かい白湯あるいは水もおすすめです。


基本的に胃炎で胃が痛い時は、お酒やジュースなどは飲まない方が良く、温かい白湯かあるいは普通の水を飲むと胃に優しいです。


コーヒーの飲み過ぎから胃の状態が回復しても油断は出来ません。

噛む回数を30回ぐらいまでに増やして食べる事により、食べ過ぎを防ぎ消化をしやすい状態に出来ておすすめです。

以上で胃炎と胃が痛い時の対処法について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ