コーヒーの飲み過ぎでめまい!気持ち悪い時の対処法とは


突然めまいがしたり気持ち悪い感じがする人は、コーヒーの飲み過ぎが原因である可能性があるため、詳細を説明していきます。

bf25738eee2ebae427ec2fbbf33cf27e_s


またここでは対処法も紹介するので、気持ち悪い方は是非見てください。

最初にコーヒーの飲み過ぎでなぜめまいがするのか仕組みを説明して、次に気分を良くする方法をお伝えしていきます。

コーヒーの飲み過ぎとめまいの関係


なぜコーヒーを飲み過ぎてしまうとめまいが起こるのか、その理由は「カフェイン」の取り過ぎが原因と考えられています。

この成分は神経に働き掛けて、脳が興奮状態になるため眠気を奪う作用があります。

コーヒーを飲み過ぎるとカフェインの影響により、人間が体のバランスを保つためにある神経である自律神経が乱れ、様々な症状が出てきます。

そのせいでめまい・気持ち悪い・頭痛・不眠症・吐き気などの症状が出ます。

またコーヒーの飲み過ぎは睡眠の質を奪うため、朝起きた時に質の良い睡眠が取れてない事から、めまいや気持ち悪い気分になる事もあります。

睡眠は寝ている最中に体の疲労を回復するだけでなく、酸素も取り込んでいます。

酸素をしっかりと脳に補給出来ていればめまいや気持ち悪い気分になる事はなく、コーヒーの飲み過ぎはそれを邪魔するため、摂取時間を考える事が大切です。

元々コーヒーを飲んで8~14時間は眠気を奪うとされています。

この継続時間は個人差があり、飲み過ぎるとさらに悪化するため、飲む時は朝や昼などがおすすめで、夕方にコーヒーを飲んでも夜眠りづらいようです。

睡眠薬などを使ってもあまり体に良くないので、控えた方が良いでしょう。

スポンサードリンク


コーヒーには中毒症状がある!?


めまいがするだけでなく気持ち悪いという人で、胃もたれがする人はコーヒーのカフェインで胃液を大量分泌させる事で症状が出る事があります。

またコーヒーを飲み過ぎてしまうのは中毒性も関係しています。

カフェインは摂取すると疲労感を取り、リラックスさせてくれる作用があるのですが、次第に脳がカフェインの刺激に慣れてきて、効果が弱くなってきます。

カフェインの刺激が無くなると脳が疲労したり、頭痛が出たりします。

そのため過剰摂取する事によって刺激を得ようと脳が働くため、コーヒーを自然と飲み過ぎてしまうことになり、めまいや気持ち悪い気分になってしまいます。

しかし、一体1日に何杯飲めば良いか分からないという方もいると思います。

実は55歳未満の方が1日4杯以上コーヒーを飲むと早死にするという傾向があるので、1日3杯までなら気持ち悪い気分やめまいを防ぐ事が出来ます。

ですが、飲み過ぎを防いでも夕方や夜に飲んでは意味がないので注意しましょう。

またコーヒーを短期間に飲むのも控えるべきで、牛乳や砂糖を入れていないブラックコーヒーは影響が出やすいので、特に飲み過ぎは控えましょう。

ちなみに何もご飯を食べていない状態も体に悪いので、控えた方が良いです。

スポンサードリンク



めまいと気持ち悪い時の対処法


突然めまいが出た時はとにかく安静にする事が対処の一つであり、コーヒーのカフェインは体内の鉄分を壊すため、貧血による症状であるケースもあります。

そのため鉄分を含むカシューナッツなどを食べるとめまいが治る事があります。

またコーヒーの飲み過ぎで気持ち悪い時にご飯を食べる気にならない方は、無理をしてご飯を食べても逆効果なので控えた方が良いでしょう。

特にコーヒーの飲み過ぎで下痢や嘔吐の症状がある人は避けましょう。

めまいや気持ち悪い気分の時は水分をしっかりと飲むと体内のカフェインを薄めて、症状が弱まってくるため、とにかく水を飲む事が大切です。

これは下痢や嘔吐で水分不足になった時にも効果的な方法です。

コーヒーの飲み過ぎを控えて1日3杯まで、抑えたはずなのにめまいや気持ち悪い状態のままの人は、脳梗塞などが発症している可能性があります。

その場合なら手足の痺れや上手く喋る事が出来ないなどの症状があります。

また自律神経の乱れはコーヒーの飲み過ぎだけが原因ではなく、ストレスや食生活も原因の一つなので、生活習慣を治して様子を見て見ましょう。

以上でめまいと気持ち悪い時の対処法について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ