妊娠初期症状のおりものは黄色の粘り?妊婦の変化とは


妊娠を望んでいる方は早く妊婦になりたいという人は、おりものが黄色で粘りがあるという場合をよく見ておくことが大切です。

b2b2bcea2756b457ac31366fb11a3fa9_s


ここでは初期症状が現れた時の体に現れる変化についてお伝えします。

まずは黄色で粘り気がある時のおりものについて説明して、記事の最後に人工中絶すれば地獄に落ちるという記事を紹介します。

おりものが黄色で粘りがある場合


まず結論から説明するとおりものがどんな色であれば妊娠確定という事はありません。

ただいつもと違ったおりものが出れば、妊娠初期症状の可能性があります。

おりものは妊娠するためにも必要な成分であり、膣内は不衛生な汚れが溜まって、受精する事も難しいので、それを改善して膣内の汚れを取り除いてくれます。

女性には排卵期がありますが、この際はおりものが黄色で粘り気があって量が減るという特徴があります。

逆に排卵期が来る前は色が透明や白が多いとされており、量も多いという変化があるので、この場合は妊娠初期症状と似ています。

妊娠初期症状のおりものは色が透明・白・黄色・茶色・ピンクなどが考えられています。

排卵期の時期は黄色で粘りがあるものが多く出ますが、もし排卵期が終わったにも関わらず、黄色で粘りがあるものが出た場合は、生理によるものではないと分かります。

つまり妊娠初期症状であるおりものという可能性があります。

排卵期の場合は量が減るという変化があるので、逆に量が増えている場合は可能性がさらに高くなるので、そこら辺もチェックすると良いです。

基本的に生理予定日の一週間前から見ておきましょう。

スポンサードリンク


妊娠初期症状のおりもの


妊婦には様々な変化が現れますが、妊娠初期症状だとおりもので判断が付くケースもあるので、生理予定日一週間前から数日前にチェックを行うと良いです。

しかし、おりものが変化したから妊娠確定という事はないので、目安程度に見てください。

おりものと変化

生理時でも色が白や透明
排卵期が終わっても黄色で粘りがある
ピンクや茶色のものが出る
水っぽくサラサラした感じになる
匂いが無臭あるいは落ちる

以上が妊娠初期症状による変化です。

おりものは色が透明や白に変わる事が多いとされており、排卵期にこのような色の場合は妊婦になっている可能性が高いと言えるでしょう。

逆に排卵期が終わったのに黄色で粘りがある場合もそうです。

妊娠初期症状ではピンクや茶色のおりものが出やすくなるとされており、何日も続く場合は妊婦になっている可能性があり、本来茶色のものは血が酸化して出来たものです。

また妊娠初期症状のおりものは、粘り気が消え、サラサラした感じになります。

生理ではない場合なら匂いが減少するとされており、逆に強い匂いやかゆみを伴う場合は、膣内の病気である膣炎や感染症が疑われます。

妊娠初期症状でおりものが変化する理由は黄体ホルモンが関係しています。

黄体ホルモンは妊婦が赤ちゃんを育てるために分泌する成分で、これが現れるとおりものに変化が出て、粘り気が消えるという事になります。

スポンサードリンク



おりものは色に注意!


ピンク色のおりものは出血が混ざっている事から、あのような色になるため、もしピンク色のものが何日も続く場合は病院に診察した方が良いです。

また灰色・緑色・黄色が続いて出る場合も病気の可能性があります。

以上で妊娠初期症状とおりものについて終わります。

最後に人口中絶すれば地獄に落ちるのかという内容をお伝えします。

興味があればこの記事を読むと良いです。

人工中絶をすると地獄に落ちる?

ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ