妊娠初期症状はいつから?腹痛やつわりの原因と対策!


いつから妊娠初期症状が現れるのか、時期が気になっている人もいると思うので、腹痛やつわりなどの異常が現れる時期を説明します。

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_s


体調の変化に気づけない人もいるので、原因や対策方法も紹介します。

最初に妊娠初期症状がいつから現れるのか時期を説明して、次に腹痛やつわりをお伝えして、記事の最後に人工中絶すれば地獄に落ちるのかお伝えします。

妊娠初期症状はいつから?


女性は生理予定日の14日前に排卵が現れやすい時期で、精子と卵子が受精しやすいため、受精卵となって、受精卵が子宮に着床した場合に妊娠初期症状が現れます。

ですが、子宮まで受精卵が移動するのに一週間掛かります。

いつから妊娠初期症状が始まるのかという疑問は、生理予定日の一週間前~数日前に始まるのが一般的であり、この時から妊婦となって子育てを始める事となります。

妊婦になった場合は体調に変化が現れるので、妊娠初期症状を紹介します。

妊娠初期症状

つわりが現れる
味覚の変化
吐き気
眠気
2~3日の出血
体温が高くなる
腹痛

以上が妊娠初期症状で現れる体調の変化となります。

子育てをしているママには辛いつわりは主に嗜好の変化・食欲の異常・吐き気・眠気・腹痛・喉の痛み・便秘・下痢・心の不安などが体調に現れます。

食事を摂取する際は味覚に変化が現れ、好きな食べ物を食べる気が失せたり、逆に嫌いなものを積極的に摂取しだす事もあるようです。

またホルモンバランスが乱れて、自律神経が乱れると吐き気を伴います。

妊娠初期症状の吐き気はつわりが原因である事もあり、眠気が現れた場合はとにかく寝る事で出産の時期を安静に迎える事が出来るので、眠気に有効です。

生理予定日の一週間前の時期には出血が現れ、生理との違いは少し紛らわしいです。

この時の出血は少量であるのが特徴で、2~3日継続するとされているので、この特徴を知っておけば妊娠初期症状と判別する事が可能です。

また生理予定日の一週間前から妊婦は子育てのため、女性ホルモンが多く分泌する事から体温が上がり、37.5度以下の体温に体調が変化するようです。

スポンサードリンク


腹痛と生理痛の違い


腹痛はいつから始まるのか、疑問を持つ方は生理予定日の一週間前の時期に現れやすく、生理痛と妊娠初期症状のどちらが原因で現れているのか、まち違いやすいです。

しかし、つわりによる味覚の変化・体温の変化・出血などの体調の変化を見れば腹痛が妊娠初期症状かどうか分かりやすいです。

体験談ではチクチクと痛む感じがするという方が多いです。

妊娠初期症状の場合なら痛みに特徴があり、それは腹痛が長時間続かない・下腹部が張ったようになる・子宮辺りが痛む感じがするなどの特徴があります。

流産の痛みである場合は違いがあり、それは子宮を締め付けられる強い痛みです。

妊娠初期症状の腹痛はそれほど大きな痛みを感じる事はなく、流産によるものであれば長時間続き、子宮がズキズキと強い痛みを伴うという違いがあるようです。

実際にこのような特徴を持った腹痛が現れた人は、流産したという体験談が多くあるので注意しましょう。

妊婦に妊娠初期症状が出た時は、なるべく冷たい物を摂取しないようにしましょう。

つわりと腹痛は辛いと思うのでこんな時は、温かい食べ物を摂取する対策方法が有効で、他にはお腹を反時計回りに撫でるとお腹の痛みを緩和出来ます。

妊娠初期症状で味覚が変化した時でも、栄養はしっかり摂取しましょう。

スポンサードリンク



つわりの原因と対策


いつの時期もつわりが辛いという、子育て中のママさんもいると思いますが、原因は胎児を作るために女性ホルモンが過剰分泌されて、自律神経が乱れた事が考えられます。

自律神経の乱れがつわりの原因となり、妊娠初期症状の眠気や吐き気を起こします。

生理付近の時期になってくると妊娠初期症状が起こり、食事の好みも変わってきて、ママさんも困ると思うので対策方法を紹介します。

つわりの対策方法

眠気が治るまで寝る
ルイボスティーを飲む
ウォーキングを20分する
生姜湯を飲む

以上が妊娠初期症状のつわりに良い対策方法です。

やはりこの時期は眠気によって眠くなるので、子育て中のママさんは出産が無事に終わるまで、睡眠をしっかりと取ると体調の変化にも対応出来ます。

またつわりにはルイボスティーが良いとされています。

ルイボスティーは睡眠の質を上げるため、眠気改善に有効な効果を持ち、妊娠初期症状を軽減させると言われているので、毎日飲むと対策に有効です。

つわりは自律神経の乱れが原因なので、その変化はウォーキングで治すと良いです。

ウォーキングをすると血流の流れと自律神経の乱れが良くなると分かっており、妊娠初期症状を楽にさせるという効果を持つため、子育て中のママにおすすめです。

毎日20分した場合は出産が安産になる事があり、対策として毎日やりましょう。

またつわりは味覚の変化で食事を拒むケースもありますが、吐き気が現れるとさらに食事の摂取が困難となるので、胃の中を荒れを治す生姜を摂取すると良いです。

生姜湯にして毎日飲むと対策となり、吐き気を抑えて食事も取りやすくなります。

妊娠初期症状のつわりを良くする場合は毎日飲むべきで、作り方は擦り下ろした生姜
小1に熱湯100㏄を注ぐと完成なので、子育て中のママは飲みましょう。

ハチミツを入れると美味しくなるので、吐き気がある人におすすめです。

以上で妊娠初期症状はいつから現れるのかについて終わります。

最後に人工中絶で地獄に落ちるのが本当かお伝えします。

人工中絶をすると地獄に落ちる?

読んでくれてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ