流産の原因は冷え!コーヒーは控えるべき?


寒い時期になると冷え症を伴う妊婦は多いと思いますが、流産の原因となってしまうケースがあり、ここではなぜ体に悪影響なのか説明します。

08bfb59ba17db1f68691d816fa3dcea3_s


またコーヒーも胎児に害を及ぼすため、理由をお伝えします。

最初に冷えがなぜ悪影響を及ぼすのか原因を説明して、次にコーヒーで流産する恐ろしさを統計などで具体的に解説します。

流産の原因と冷え


冷えは健康や美容に良くないだけでなく、流産の原因とも繋がっていると分かっているため、今からその理由を消化しいます。

冷えの影響

胎児に栄養と酸素が運ばれない
黄体機能不全
子宮内膜機能不全
妊娠による体型の変化

以上が冷えが原因になるとされている理由です。

妊婦は血管を通して栄養と酸素を胎児に送り成長させていますが、体が冷えてくると胎児を繋ぐ血流の動きが悪くなり、栄養と酸素を上手く運べず流産となります。

また栄養と酸素は妊婦自身の命を守るためにも必要なものです。

その事から生命維持のために内臓や心臓に血流を送るのが優先となり、冷えると胎児が最も流産しやすいとされる足の関節は後回しになり、原因となります。

また黄体機能という黄体ホルモンを分泌する器官が冷えると問題です。

胎盤は黄体ホルモンという成分で作られており、当然ながら胎盤がないと胎児は育たないため、流産の原因になると分かっています。

そして子宮内膜の冷えも問題なので、これも知っておくべきです。

妊婦の体内にある胎盤は子宮内膜という部位で守られており、子宮内膜が冷えで機能が落ちると黄色ホルモンが必要な分あっても、ホルモンに対して反応しません。

すると胎盤作る事が出来ないので、流産の原因になってしまいます。

また体に胎児が出来ると妊婦の姿勢は変わり、お腹が突き出て、胎児を骨盤が支えようと筋肉を使った状態になりますが、この際に血流を押さえつけてしまいます。

そうなると血流が上手く循環出来ず、冷えの原因となって流産します。

スポンサードリンク


流産の原因はコーヒー!?


コーヒーには「カフェイン」という成分を含んでおり、カフェインは体内の栄養を壊す事が分かっていて、そのせいで胎児が育たなくなり、流産の原因になります。

特に妊娠初期は胎児の脳や神経を作っているため、流産しやすいです。

コーヒーを飲むと鉄分・カルシウム・葉酸などの必要な成分が壊され、胎児はカルシウム不足で骨を丈夫にさせる事が出来ず、葉酸が足りないと脳と神経が作れません。

またコーヒーが含むカフェインは「利尿作用」を持っており、尿が体内から出ると妊婦の体温が下がり、冷えに繋がり流産の原因を作ります。

しかし、流産の原因になると言われても、少し実感がないと思います。

実はアメリカの健康医療団体が研究した事があり、1063人の妊婦を対象に1日2杯のコーヒーを飲ませ、カフェイン200mg分を摂取させました。

研究結果では、飲まない人に対して、コーヒーを飲んだ人は2倍の割合で流産したという事が判明しました。

この事からやはり少しでも飲むと原因となるようです。

注意するべきなのはコーヒー1杯100mg)を摂取するだけで、流産の確率が上がると分かっているため、1杯も飲まないのが一番良いと思います。

流産を避けたいなら、カフェインを含まないカフェインレスコーヒーを飲むと原因を作らず飲む事が出来ます。

スポンサードリンク



冷えの改善方法


我々の住んでいる環境はすぐ気温が変化するため、流産の原因となってしまう冷えを日頃から対策する事が大切なので、今から紹介します。

冷えの対策方法

半身浴をする
靴下を履く
スクワットをする
冷たい飲み物は避ける

以上が流産を防ぐ方法となります。

原因である冷えを良くするには半身浴がおすすめで、半身浴はおへその所まで入浴して、その状態で20分程入浴する方法となります。

これをすると体が温まるのですが、冬は寒いので全身浸かりましょう。

また流産の原因は足の関節の冷えが最も大きい要因なので、靴下を履いて足を温めると非常に有効なのですが、寝ている時は靴下を脱ぎましょう。

足は汗を掻くため、靴下で蒸れると逆に冷えを招くので逆効果です。

妊婦はホルモンバランスの乱れで自律神経を乱して体に冷えを伴う事がありますが、そのような時は運動で改善する事が出来て、スクワットが特におすすめです。

スクワットを1日30回程やるのが良く、これをすると足の関節が温まり、流産の原因を取り除きます。

しかも筋肉が付くので、新陳代謝が良くなり、冷えにも強い体質になります。

スクワットをする時の注意点としては、足を曲げる際につま先よりも膝が前に出ては効果がないため、それに気を付けてすると流産の原因を改善出来ます。

出来れば冷たい飲み物は避けて、温かい飲み物を飲みましょう。

以上で流産の原因である冷えとコーヒーについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ