妊娠5週と6週の流産!症状の変化で対処が可能!?


妊娠5週と6週の期間はまだ初期の過程であるため、流産する確率も高い事から油断するほどの余裕はなく、症状の変化に注意が必要です。

cd2917412be793e397b85278f1c53287_s


ここでは胎児が危険な状態になった時のサインについて紹介します。

まずは妊娠初期に現れる流産症状について説明して、次に5週と6週の特徴をお伝えし、記事の最後に人工中絶をすると地獄に落ちるのかお伝えします。

妊娠5週と6週の症状


妊娠5週と6週の期間中は初期の段階なため、10人に1人の割合で流産していて、胎児に危険な及ぶ症状があるので、今からそれを紹介します。

流産の症状

赤やピンクの鮮血
強い痛みが出る下痢
継続して続く腹痛
腰の痛み
つわりが無くなる

以上が妊娠5週と6週に現れる症状となっています。

妊娠5週~6週の方はまず出血する際の色を確認するべきで、赤色やピンク色なら胎児が危険な状態であることがあり、血の塊を排出した場合も非常事態です。

こんな時は流産前触れである症状なので、産婦人科に行きましょう。

また妊娠5週と6週の方は激痛が走る下痢も前兆である事が多く、継続的に下痢が続く場合も胎児を成長させるための栄養と水分を不足させる原因を作ります。

流産の症状は継続する腹痛も関係しています。

流産の可能性がない腹痛であれば長く続く事はなく、痛みも軽い感じのものなのですが、危険性がある場合は強い痛みを伴うとされています。

その他に子宮が強く締め付けられる感じが特徴のようです。

胎児が安全な腹痛はお腹が引っ張られる感じで、長引くものでもないため、そこら辺の症状の違いを見て流産と絡んでいるか確認しましょう。

また腰の痛みを伴う時も流産前の症状に現れがちです。

つわりが無くなる事も前兆として現れる事があり、個人差があるため、止まったからと言って胎児が亡くなるという訳ではなく、無事なケースもあるので診察しましょう。

スポンサードリンク


妊娠5週と6週の原因


胎児を流産する症状に早めに気づいたとして、妊娠5週と6週の流産を必ずしも防ぐ事は保証できず、この時に胎児が亡くなる理由は主に胎児が原因だからです。

妊娠5週と6週はまだ赤ちゃんが脳や神経を作っている最中です。

そのため染色体異常が少しでも出ると、流産の症状が起きて確認すると高確率でお亡くなりになっている事が多いので、どうしようもありません。

しかし、妊娠5週と6週の妊婦にも流産を防ぐ方法があります。

それは胎児の発育を妨げない生活習慣を送る事が大切であり、お酒の飲み過ぎ・ストレス・葉酸の不足・冷え性などを改善すると流産を止める可能性も出てきます。

お酒は胎児にアルコールを与えて酔わせるため、非常に悪いものです。

妊娠5週と6週に現れる症状を防ぐにはストレスを解消するのが良く、ストレスは自律神経の乱すため下痢や腹痛の原因となります。

流産の予防のためにも好きな事をしてストレス解消に勤めましょう。

また妊娠5週と6週は胎児が脳と神経を作る期間のため、その時期に流産を防ぐには必ず、葉酸の摂取が必要であり、葉酸は赤ちゃんの脳と神経を作ってくれます。

葉酸は主に大豆類・海藻類・キウイなどが多く含んでいます。

その他に流産の原因になる冷えは胎児に栄養と酸素を遅らせる妨害をするため、妊娠5週と6週の期間中はマフラーをして生活すると良いです。

スポンサードリンク



流産の予兆


まず妊娠5週と6週に出血した際は流産の前兆症状であるケースがあり、特に大量出血した際は急いで、病院に行くと良いでしょう。

流産の5割が胎児が出来て、1~2ヶ月間とされているので注意しましょう。

ちなみに妊娠6週を迎えた方はつわりの症状が始まるとされており、つわりがあるかないかは、流産の判断基準の一つとして使えます。

5週目を迎えた方も出やすいので、知っておくべきだと思います。

つわりの症状は主に食欲減退・胃のムカつき・喉の不快感・吐き気・腹痛・頭痛・嗜好の変化・頭痛・精神の不安などが妊娠6週に現れがちな症状です。

しかし、つわりの症状が止まったとしても流産が確定した訳ではありません。

流産するかしないかは個人差があるため、つわりが止まったからと言って胎児が亡くなった事が決まった訳じゃないので、妊娠5週と6週の方はどうか落ち着いてください。

またこの時期につわりが止まった人は稽留流産する事例があります。

稽留流産は妊婦は安全な状態でも胎児の心拍が確認できず、命を失った状態を指していて、妊娠5週と6週はこれを防ぐためにもストレスや冷えに注意しましょう。

以上で流産の症状について終わります。

最後に人工中絶は地獄に落ちる要因になるのかお伝えします。

人工中絶をすると地獄に落ちる?

読んでくれてありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ