流産の症状は下痢!初期の時期は特に危険!?


流産してしまうと大切に育ててきた胎児を亡くして、辛い経験をする方が多いと思うので、ここでは胎児が亡くなる前に現れる初期症状をお伝えします。

de5e00acccfd9ba43d90c3a73454051b_s


また下痢で判別できる事もあるので、是非見てください。

最初に流産前に現れる基本的な初期症状を紹介して、次にどのような特徴の下痢が危険なのか説明したいと思います。

流産の初期症状


妊娠初期は胎児が出来て3ヵ月以内の事を言いますが、この期間内で流産の前に現れる事が多い症状があるので、今から紹介します。

流産の初期症状

かなり強烈な腹痛
腰の痛み
つわりが来なくなる
赤色やピンクの出血
強い痛みを伴う下痢

以上が胎児が失う前に現れがちな異常とされています。

流産の初期症状で分かりやすいのが腹痛の特徴で、問題のない腹痛であれば痛みは軽い感じが多く、痛みが持続的に続く事はないようです。

続くようなら危険性が高いので、産婦人科に行きましょう。

逆に流産の初期症状と言われる場合なら、子宮を締め付けられる感じの激痛を伴うため、この場合は急いで病院に行きましょう。

また胎児が出来て骨盤が歪むと胎児に悪影響が出て、腰の痛みを伴います。

妊娠初期の6~7週につわりの症状が来なくなるという事もあり、診察に行くと稽留流産という胎児の心拍が確認できず、息を引き取った状態になっている事が多いようです。

しかし、個人差があるため、胎児が無事であるケースも多くあります。

また赤色やピンク色の出血症状が出たら、妊娠初期の流産に繋がっている事があり、血の塊が出た際も危険なので、診察を優先しましょう。

この際に強い腹痛を伴う場合はさらに危険性が高いとされています。

ちなみに強烈な腹痛と同時に体温が急激に下がってる場合も妊娠初期の流産前に現れがちな症状なので、寒い日でもないのに体温が下がる場合は注意しましょう。

スポンサードリンク


下痢の症状


基本的に強い痛みを伴う下痢は流産の前兆症状であるケースがあり、妊娠初期に下痢が続くのもハッキリ言うと胎児に悪影響が出ると思います。

なぜなら嘔吐物の中に胎児の成長に必要な栄養と水分が含まれているからです。

また激しい下痢は子宮を圧迫するため、血流が悪くなる事から栄養と酸素が行き辛くなるという悪影響がある事から、妊娠初期の症状で流産する事があります。

しかし、原因はウィルスであるケースもあると思います。

そのため下痢以外に発熱などがある場合なら、可能性は充分にあり、生牡蠣などを食べたという方や生のお魚を食べたという人は診察するのも良いです。

妊娠初期の症状で下痢が現れた場合は、家にある薬は避けた方が良いです。

やはり妊婦の方が普通の人と同じ薬を服用するのは危険であり、産婦人科の方と一度相談して服用すると安全で、妊婦専用の下痢薬を処方してくれる事もあります。

妊娠初期に異常な症状が現れた場合は、基本的に安静にしてください。

下痢を伴う理由は子宮に胎児が出来る事から、ホルモンのバランスが乱れて、それが原因で自律神経を乱して体調不良になってしまう訳です。

下痢と同時に多量出血や体温が落ちた場合は、流産の危険性が高いので、妊娠初期は症状に敏感に反応しましょう。

スポンサードリンク



妊娠初期の流産を防ぐ方法


妊娠初期に流産する方は10人に1人の割合とかなり高くなっており、今からそれを防ぐたためにも下痢などの症状を良くする方法を紹介します。

流産を防ぐ方法

ウォーキングをする
豆乳を飲む
水分を小まめに摂取する
よく噛んで食べる
葉酸を摂取する

以上が妊娠初期の流産症状を防ぐ方法となります。

やはり下痢などの体調不良を伴うのは自律神経の乱れが原因であり、ウォーキングすると自律神経を乱すストレスを改善して、状態を良くする事が可能です。

しかし、お腹が張っている時は控えるべきで、1日20分すると良いでしょう。

また妊娠初期の下痢はホルモンの乱れが原因のため、イソフラボンという女性ホルモンに近い働きをする成分を摂取すると流産前の症状に効果的です。

主に豆乳や納豆などの大豆類が含んでいます。

下痢の症状が出た時は水分を小まめに摂取する事が大事であり、汚物と同時に水分が抜けるため、水分不足になりがちな理由から水を多めに飲みましょう。

妊娠初期にコーヒーを飲むと下痢の症状は、カフェインで胃が荒れて悪化するので流産に繋がる危険性があります。

また腸内が荒れている事から、食事はよく噛んで食べましょう。

基本的に20~30回噛むと効果的なので、下痢がある時は消化に良い梅干やお粥を食べる事を心掛けると良いでしょう。

また妊娠初期は胎児の脳と神経を作っているため、流産を防ぐのに必要な葉酸が必要となってきます。

大豆製品の納豆・豆腐・味噌や海藻類のわかめ・昆布・ひじきまたは果物類のキウイが豊富に含んでいるためおすすめです。

以上で妊娠初期の流産と下痢症状について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ