妊娠初期の出血の原因と流産の確率を上げる習慣とは


妊娠初期は10人に1人程の割合で流産する方がいて、出血すると確率が高いため、ここでは原因となる習慣をお伝えします。

133749a25e4ebb88be63d47a51ee266f_s


また無事に出産を迎える習慣も解説したいと思います。

最初に妊娠初期の方が出血する際の原因について説明して、次に流産する確率を上げてしまう生活習慣を紹介します。

妊娠初期の出血と理由


妊娠初期は胎児が体に出来て3ヵ月以内の事を指しますが、この時期に出血する方は半数程いると分かっていて、それらの方々もきちんと出産出来ています。

しかし、出血が赤くて鮮血の場合は、流産の確率が高く危険です。

妊娠初期にお腹に激痛を伴う事と血の塊が出たという人は、流産の予兆となるため早めに病院に行くと原因を取り除き、出産を無事に迎えられる確率が良くなります。

また妊娠初期に出血する原因は胎盤の形成も関係しています。

胎児が出来ると胎盤を作りますが、その際に栄養と酸素を届けるための「絨毛」という硬い突起した部位を作り、これが子宮に当たり、出血する原因となる事があります。

妊娠初期は体を少し動かすだけで、絨毛が子宮を傷付けるので問題です。

また流産した可能性のある出血というのは色で判別出来て、茶色であれば問題はないのですが、ピンク色や鮮血なら可能性が高くなります。

ちなみに妊娠初期に茶色の血が出る原因は、過去の出血なので色が酸化している事が考えられます。

逆に流産の原因は運動をやる時期も関係しており、お腹が張っている時に動くと胎児に悪影響なため、お腹が張っていない時にウォーキングなどをすると良いです。

妊娠初期にサイクリングなどをすると出血の原因になるので、注意しましょう。

スポンサードリンク


出血の原因


先ほどは妊娠初期の対処について説明しましたが、次は出血の原因を紹介するので流産が怖い人は是非とも知っておきましょう。

出血の原因

子宮の肥大化
ポリープ
前置胎盤
外部の刺激
切迫流産
膣炎

以上が妊娠初期に起こるとされる出血の原因となります。

胎児が大きくなるにつれて子宮も拡大して、胎盤も伸びてしまう事から、剥がれやすくなる事から出血してしまう原因となり、妊娠初期の方はほとんどこれが絡んでいます。

中期を向かえると治る事が多く、長くても5ヵ月で治ります。

ポリープはイボのような存在で、悪性と良性に分けられる存在であり、刺激すると出血の原因となりますが、元々ポリープが出来る理由はホルモンの乱れが関係しています。

妊娠初期はホルモンが乱れがちなので、豆乳を飲むと良いです。

また前置胎盤は子宮の肥大化によって、子宮口の部位まで移動する事により、出血する原因となる事があり、対策はないのでとにかく安静にする事が大事です。

妊娠初期はお腹を圧迫する腹筋や激しい運動は、外部の刺激となり避けるべきです。

切迫流産も原因とされており、お腹の激痛や多量の出血で流産する可能性がある時を意味するもので、安静にして医師の判断を守る事が安全です。

治療に点滴や止血剤を用いて、妊娠初期に経験する方は少なくないです。

また子宮に出来る膣炎は軽めの炎症であり、出血の原因でもあるとされていて、免疫力が落ちている妊婦は菌が繁殖しやすいため、発症するようです。

免疫力を高めるには冷えを改善して、ビタミンCを摂取すると改善出来ます。

スポンサードリンク



流産の原因


妊娠初期に出血する理由を説明しましたが、次に流産の原因を簡単にお伝えするので、無事に出産するためにも是非見てください。

流産の原因

ストレスの溜め過ぎ
激しい運動
コーヒーの飲み過ぎ
冷えの症状

以上が流産の原因となるので妊娠初期の方は気を付けましょう。

ストレスは毛細血管を収縮させて血流を悪くする事から、胎児に栄養と酸素を送りづらくする作用があり、人間関係や悩み事などは誰かと相談すると良いです。

そうやって喋る事で不安が軽減される効果があり、流産の原因を取り除きます。

また妊娠初期の出血に繋げてしまう激しい運動も関係していて、バスケやサッカーなどは辞めるようにして、ジャンプなどの刺激の強い動きも止めましょう。

しかし、ウォーキングなどは流産を良くするので有効です。

コーヒーの飲み過ぎも流産の原因となり、1杯で100mg程のカフェインを含んでいますが、カフェインは1日100mg以上摂取すると早産などを割合が1.2倍となります。

妊娠初期以前に出産を迎えるまで控えるべきで、カフェインは体内の栄養を壊して、胎児の成長を妨害してしまいます。

また冷え性も血流を悪くして、流産の原因にもなります。

血行不良になると胎児に栄養と酸素が行き辛くなり、発育不良となってしまうため、妊娠初期は靴下やマフラーを掛けて過ごすのも良いです。

以上で妊娠初期の出血と流産の原因について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ