流産の原因は食べ物やストレス!?人間関係の危険とは


流産したらどうしようと心配な方は、やはり原因となる事がある食べ物やストレスに気を遣う事が大切だと思います。

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s


ここでは具体的にどのような習慣を気を付ければ良いか紹介します。

まずは流産の原因となる食べ物やストレスが与える影響について説明して、次に改善方法を紹介したいと思います。

流産の原因


必ず出産するためにも食べ物やストレスには注意するべきなのですが、流産の原因は他にもあるので、そちらも紹介します。

流産の原因

過度の飲酒
体の冷え
過度なストレス
栄養の偏った食べ物

以上が流産する原因なので、注意して生活するべきです。

妊婦の体は胎盤と繋がっている血管により、赤ちゃんに繋がっており、飲酒した時に摂取したアルコールも当然の如く、胎児に渡ってアルコールの影響を受けます。

免疫もない事から神経や細胞が減少して、流産の原因になります。

また体の冷えも胎児と妊婦を繋ぐ血管を収縮させて、流産の原因を作ります。

血管が収縮すると胎児に栄養と酸素を送りづらくなり、育ち辛い事から問題を作ってしまうので、寒気がある時は対策が必要です。

流産の原因はストレスが交感神経を刺激する事も問題視されています。

人間には交換神経と副交感神経があり、前者は緊張状態を作る神経とされていて、後者は人をリラックスさせる効果を持つと言われています。

ストレスは交感神経を刺激して、胃壁にある毛細血管を収縮させます。

すると血流が悪くなって、胎児に栄養と酸素を送るのが困難となる事から発育不良となり、流産の原因になるのでストレスは良くないと分かっています。

またカフェインを含むコーヒーゼリーなどの食べ物は控えるべきです。

実は1日100mg以上のカフェインを摂取する妊婦は、流産率が1.2倍に上がると分かっており、食べ物を食べる時はよく噛んで食べましょう。

カフェインは体内の栄養を壊す事があるので、取り過ぎは控えましょう。

スポンサードリンク


ストレスの危険性


妊婦になるとホルモンが乱れる事が多くなり、感情的になる事があり、ストレスを溜めがちですが、実は流産の原因になるだけでなく、子供の性格にも影響します。

母親が情緒不安定な状態でストレスが続くと「コルゾチール」が分泌されます。

コルゾチールは胎児にも影響が出て、大人になった時にうつ病や情緒不安定になる傾向が高くなり、流産の原因だけに止どまらないので注意しましょう。

また慢性的なストレスが続いた場合、子供は将来的にアレルギーや喘息を伴う確率が上がるそうです。

ストレスの中でも最も大きな要因が人間関係と言われています。

流産の原因となる事から、身近に嫌いな人がいる場合は退職する事も大切であり、もし退職出来る状態であれば胎児のために辞めるのも手段だと思います。

また女性は男性よりも1日3倍近く喋る事が判明しています。

女性は喋べらないとストレスが溜まると分かっており、流産の原因を作らないためにも自分の好きな人や友人とお話をしたり、悩みを相談するだけで解消する事が出来ます。

その他にルイボスティーを飲むというストレス解消法が良いです。

ルイボスティーはプラシーボ効果という眠気を誘う作用を持ち、飲むとリラックス作用でストレスを抑えて、睡眠の質を上げてくれるそうです。

そのため流産に非常に良いとされており、流産の原因となるカフェインを含まないお茶とされているため、寝る前に飲むと質の高い睡眠でストレスを改善してくれます。

スポンサードリンク



危険な食べ物


流産の原因となる食べ物を今から紹介していくので、無事に子供を出産するためにも下記の食材は食べ過ぎないように注意しましょう。

避けるべき食べ物

タコ・アサリ・蟹・牛肉・馬肉、レバー
ゴーヤ・ズッキーニ・オクラ・きゅうり
キャベツ・レタス・トマト・ナス
パセリ・アロエ・マンゴー・パイナップル
キウイ・マンゴー・バナナ・スイカ・梨

以上が流産の原因となる食べ物なので食べ過ぎに気を付けましょう。

流産の原因の一つに冷えが関係していますが、今回紹介した食材は摂取すると
体を冷やす事が分かっており、過剰摂取は控えるべきでしょう。

アロエとパセリは体を冷やしませんが別の問題があります。

アロエは「アロイン」と呼ばれる子宮を収縮させる成分を含んでおり、食べると胎児に栄養と酸素が行き辛くなるので、流産の原因となる食べ物です。

パセリも「アピオール」と呼ばれる成分で子宮を収縮させるので同じ理由です。

また砂糖を含む食べ物も良くないと分かっており、妊娠しても流産や奇形児を体験する妊婦のほとんどは砂糖の過剰摂取が原因と分かっています。

砂糖は体を冷を冷やして、つわりを悪化させ、依存性があるのが怖い特徴です。

食べ物ではシュークリーム・ケーキ・チョコレート・カステラ・アイスクリームなどの甘い物の過剰摂取は流産の原因になるので避けましょう。

全く食べないのは逆にストレスが溜まり、良くないのでほどほどにしましょう。

また流産を防いでくれる食べ物の中でもアーモンドはおすすめで、ビタミンEという成分で血流を良くするため、毎日5粒食べると効果的です。

以上でストレスと食べ物の原因について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ