栄養失調の症状は頭痛やめまい!?おすすめの食べ物とは


頭痛やめまいに頻繁に現れるという方は、栄養失調の症状である可能性があるため、なぜそのような影響が出るかお伝えします。

8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s


その他に必要な成分を紹介したいと思います。

まずは栄養失調の症状で代表的なものを説明して、次に頭痛やめまいなどが現れる原因を解説していきます。

栄養失調の症状


現代人の方はやはり食事が偏っている事もあり、栄養失調になった時すぐに自分の体が異常と分かるように症状を紹介します。

栄養失調の症状

発育不良
肌にツヤがない
免疫力低下
めまいや頭痛
体のだるさや疲れ
爪が白くなる

以上が栄養失調の症状なので、頭痛やめまいがある人は見てください。

人間の血液・髪・臓器・爪・骨・皮膚などはたんぱく質がないと作れないもので、子供が摂取していない場合は体重も身長も伸びす事が出来ません。

また栄養失調の症状でも肌が生まれ変わらないという事もあります。

本来人の肌はビタミン類で作られており、28日間という期間を掛けて、新しく生まれ変わっているのですが、不足すると肌がボロボロでツヤがないです。

ビタミンCに関しては免疫を強くするため、栄養失調の症状が出ると風邪を引きやすくなるようです。

また全身に酸素を送ってくれる鉄分が無くなると貧血となり、めまいや頭痛が現れるので、日頃から注意しましょう。

また栄養失調の症状でも体のだるさや疲れに困ってる人は、脂質が必要です。

脂質は体を動かす時に必要なエネルギーとなるため、肉・卵・魚を食べるべきで、栄養失調の症状が出た人は爪が白くなる特徴があります。

正常な人間なら爪が薄いピンク色なので、確認すると分かりやすいです。

スポンサードリンク


頭痛の症状


栄養失調の症状で頭痛を伴う場合は、主に貧血・血流の停滞・ホルモンバランスの乱れ・低血糖などが問題と分かっています。

貧血は鉄分の減少で全身の酸素不足の問題が起こり、血流に影響が出ます。

酸素が足りないと感じた脳は血管を膨らませて、酸素を多めに取ろうとするため、血管が広がって頭痛が生じるため、鉄分の欠乏による栄養失調の症状と言えます。

鉄分は肉類や海藻類で摂取出来るので、積極的に摂りましょう。

また頭痛は血流がドロドロになって詰まる事で生じる事もあり、マグネシウムが足りていない事からきた栄養失調の症状と言えます。

マグネシウムは血流の血管を柔らかくして、頭痛の痛みを緩和するため有効です。

マグネシウムは海藻類やナッツ類が豊富に含んでいるため、栄養失調の症状が出ている人は日頃から、わかめやアーモンドを食べると良いです。

また頭痛はホルモンバランスの乱れで生じる事があります。

これは更年期を迎えた女性に現れやすい栄養失調の症状であり、女性ホルモンの減少からストレスや疲れが過度に出て、自律神経が乱れ頭痛が出てきます。

40歳の女性が直面しやすい問題で、豆乳・枝豆・納豆を摂取すると治ります。

また栄養失調の症状で頭痛が出る時は、低血糖も問題であり、脳に必要な糖質が足りていないと上手く働かず症状が出るので、ケーキやアイスなど糖分を取りましょう。

スポンサードリンク



めまいの症状


栄養失調の症状でめまいが出る際に考えられる原因は、低血糖・貧血・ビタミンの不足が考える事が出来て、低血糖だと意識が遠くなる感じのめまいが現れます。

激しい運動やダイエット時に現れがちなので、飴やガムで糖分を取りましょう。

また栄養失調の症状は鉄分不足も関係しており、目の前がクラクラする感じのめまいは貧血によるものなので、脳に酸素が足りていない事が分かります。

この時にマグネシウムがあれば血管を広げて、脳に酸素を送りやすいです。

栄養失調によるめまいの症状を改善するには、マグネシウムと鉄分を豊富に含む納豆を食べると治せるので、毎日納豆を1パック食べましょう。

またビタミンC・Eが不足しているケースも考えられます。

ビタミンCがめまいに良い理由は、血管に付着している活性酸素(老化成分)を取り除き、血管の働きを活発にさせるため、栄養失調の症状にも有効です。

食べ物ならキウイ・バナナ・みかん・パパイヤが含んでいます。

ビタミンEもCと同じく活性酸素を取り除くのですが、血管に付いたコレステロールを排出して、動脈硬化を防いで、栄養失調の症状であるめまいにも効果的です。

食べ物では明太子・いわし・卵・アーモンドが含んでいます。

以上で栄養失調の頭痛とめまいについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ