栄養失調の症状!子供と高齢者は特に危険!?


栄養失調になると危険な症状が出ると分かっており、子供や高齢者で問題も変わってくるため、どのような影響が出るかお伝えします。

c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s


特に必要な成分も紹介するので、是非見てください。

まずは栄養失調になった時の基本的な症状を紹介して、次に子供と高齢者でどのような悪影響が出るか説明していきます。

栄養失調の症状


人の体は生命を維持するためにエネルギーを常に消費し続ける体質を持ち、栄養失調になると必要なエネルギーが足りていないため、以下の症状が出ます。

栄養失調の症状

発育不良
下痢や体温の低下
体重減少
無気力感や体のだるさ
爪が上に曲がる
免疫力低下
皮膚に張りがない

以上が栄養失調の症状なので、子供や高齢者の方は特に注意しましょう。

まず発育不良は子供によく現れる症状で、特に血液・血管・筋肉などの体を作るたんぱく質やカルシウムなどの骨を作る成分が足りていない事が多いです。

基本的にはたんぱく質が体を作るため、栄養失調に一番大切な成分です。

また脂肪を作る脂質がないと体重が減り、体温も維持する事が出来ない事から、免疫力が弱くなって、栄養失調の症状以外に風邪を引きやすくなります。

また脂質は体を動かす時に必要な成分なので、無気力感や疲労感が出てきます。

栄養失調の症状は爪をスプーンのように先端が上に曲がるような形になる事があり、これはたんぱく質が不足すると爪を作る事が出来ず、発症します。

またビタミン類は爪を滑らかに維持するため、必要な成分です。

本来の爪は薄いピンク色をしており、栄養失調の症状が現れている人は白色になっている事が分かるため、色を見て判断する事が可能です。

皮膚はビタミン類で新陳代謝を起こして、28日間の間で新しく生まれ変わります。

しかし、栄養失調の症状が出た人は肌が生まれ変わらないため、潤った綺麗な肌ではなく、古い角質が残った肌になるので、高齢者も子供も注意しましょう。

スポンサードリンク


子供の症状


栄養失調は子供の場合やはり育ち盛りという事もあり、不足してしまうと高齢者よりも厄介な事となり、体の発達が遅れる症状が出てきます。

大きな例を挙げると栄養失調の子供の症状は、主に身長と体重が増えない・貧血・便秘・脳や神経の発達不良などが挙げられます。

特に2014年の国連レポートでは2歳未満の子供の60~70%が貧血だそうです。

また子供は足が完璧に発達していない事から転けやすく、カルシウムが不足している場合は、少し転んだだけで骨粗しょう症になるので、注意が必要です。

栄養失調の症状を避けるためにも5つの栄養が特に大切となります。

それはたんぱく質・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・鉄分が必要で、たんぱく質は子供の骨・血管・神経・筋肉などを作り、成長ホルモンを分泌させてくれます。

栄養失調の症状でも子供なら歯が正常に生まれ変わらない事もあります。

それはカルシウムやマグネシウムの吸収が必要不可欠であり、亜鉛は嗅覚や味覚などの五感を正常に保ちながら、これらの栄養の吸収を手伝ってくれます。

マグネシウムは取り過ぎると子供の思春期を早めるので、注意しましょう。

また子供の栄養失調の症状に多い、貧血は鉄分の不足によるものなので、肉や魚を食べさせましょう。

脳や神経を作るビタミンBも必要なので、卵や納豆を食べさせましょう。

スポンサードリンク



高齢者の症状


栄養失調というだけでも危険なのに高齢者が、そのような状態になると危険な症状を伴うので、今から紹介していこうと思います。

高齢者の症状

認知症
寝たきり
脱水症状
免疫の低下

以上が高齢者が栄養失調になった時の症状となります。

年齢を重ねるとコレステロールの吸収を抑える方が多いですが、実は肉類には「アルブミン」という免疫力を上げて筋肉や血管を作る成分があります。

そして肉を食べない高齢者は心臓病や肝臓病が普通より、2,5倍になるようです。

高齢者の栄養失調には肉類を摂取する事が症状の予防に繋がり、栄養失調の方は通常の人よりも認知機能が2~3倍低下する事が分かっています。

つまり認知症になる傾向が爆発的に上がるため、前兆症状も出やすいです。

高齢者が認知症を避けるためには、DHAを含むサンマやアジを食べつつ、ビタミン類を含む緑黄色野菜を摂取すると栄養失調を免れる事が出来ます。

またカルシウムを摂取しないと骨を作れないため、転倒しやすいです。

一度転倒した場合、高齢者に関していうなら寝たきりになるケースがあるため、骨粗しょう症だけの症状じゃ済まないので絶対に必要な成分です。

また栄養失調にはビタミン類の不足も問題で、運動不足の事もあり風邪になりやすい傾向にあります。

そのため高齢者は野菜を残さず食べる事も大切です。

歳を取ると体内の水分も不足するため、喉が渇いたと感じにくい症状が出るので、頻繁に水を飲むべきで、味覚も衰えがちなので、鉄分を摂取しましょう。

以上で子供と高齢者の栄養失調について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ