コーヒーの飲み過ぎで太る?肌荒れの関係とは


肉ばかり食べている人は肌荒れや太る原因になりますが、食生活だけが問題なのではなく意外にもコーヒーの飲み過ぎが原因である事もあります。

144f68eaf6fabded8b8688626df426cd_s


そのため1日の何杯飲むかをきちんと考えて飲まなければなりません。

まずはコーヒーの飲み過ぎでなぜ太るのか事情を説明して、次に肌荒れとの関係を具体的にお伝えしていきます。

コーヒーの飲み過ぎで太る理由


昔からむくみは太る原因になるとされていますが、むくみが出来る理由は塩分の取り過ぎとされてきましたが、塩分はカリウムが体外に追い出してくれます。

しかし、コーヒーが含む「カフェイン」はカリウムを壊してしまいます。

コーヒーの飲み過ぎでカリウムが壊れると塩分がどんとん蓄積されていき、血中濃度が濃くなってしまうため、体はそれを薄めよう無意識に反応します。

すると人間は必要以上に食べ物や水分を摂取して太る事となります。

飲食物で血中濃度を薄めようと反応するため、それを分解するカリウムもコーヒーの飲み過ぎで壊される事から、太る原因となってしまう訳です。

ちなみに塩分が蓄積されると水分も過剰摂取する事から、体にむくみが出来ます。

またコーヒーの飲み過ぎると「コルチゾール」というホルモンを過剰分泌して、糖分を脂肪に変えてしまうため太る事となります。

そのため砂糖やミルクを入れたコーヒーを飲み過ぎて太る訳ではありません。

またカフェインは利尿作用で脱水状態になりやすい事から、体は必要以上に水分を維持するため太る原因となり、血流も悪くなります。

コーヒーは飲み過ぎると太るのですが、適量だと脂肪燃焼効果が期待出来ます。

スポンサードリンク


コーヒーと肌荒れの関係


肌荒れが酷い人はビタミンCなどの皮膚を回復させる栄養が足りていない方が多いですが、コーヒーを飲み過ぎるとビタミン類も破壊されます。

これは太る時と同様にカフェインがビタミンを壊すからです。

またコーヒーは胃液を分泌するため飲み過ぎると胃液が過剰分泌されて、胃の中が荒れる事から皮膚にも影響が出るため肌荒れの原因となります。

昔から腸内は皮膚の鏡と言われているほど密接な関係にあります。

しかし、コーヒーを飲み過ぎなければ紫外線により出来るシミを防ぐ効果があり、これは抗酸化作用のポリフェノールが皮膚を防いでくれるからです。

そのため飲み過ぎは肌荒れの原因になりますが、気を付ければ皮膚に良いです。

実際にコーヒーを飲むのを止めた人は肌荒れが治ったという方もいて、飲み過ぎを止めるとニキビなどで悩んでいる方も改善に有効です。

またコーヒーは睡眠の質を落とすため、皮膚と大きな関係があります。

皮膚は深夜の22~2時に作られる事となりますが、コーヒーを飲むと8~14時間は眠気を取るとされており、飲み過ぎると不眠症になる事もあります。

そのため肌荒れを避けるためには朝や昼に飲むのが良いです。

スポンサードリンク



肌荒れや太るのを防ぐ飲み方


コーヒーの飲み過ぎといわれても何杯まで、飲めば良いか分からないと思う方もいると思いますが、そんな人は3杯まで飲むと良いと思います。

実際に55歳未満で1日4杯コーヒーを飲む人は早死にする傾向があります。

肌荒れが酷い時はキウイやレモンなどのビタミンCを摂取すると有効で、コーヒーを飲む前に全く食事を取っていない状態で飲むと肌荒れになりがちです。

これは胃に直接カフェインが届く事から影響が出やすいからです。

そのためコーヒーの飲み過ぎ以外に少量の食事を摂取する事も大切で、太る事を気にしている人はダイエットをすると良いです。

コーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が2倍になるため、その時に運動をすると痩せます。

飲んで20~30分後には「リパーゼ」と呼ばれる脂肪分解酵素が活性化して、痩せやすくなるためこの時にウォーキングをすると太る事を防げます。

しかし、コーヒーを飲み過ぎると肌荒れや太る原因になります。

ちなみにウォーキング以外にも有酸素運動であるジョギングやサイクリングも有効で、太るのは睡眠不足も原因なのでしっかりと寝ましょう。

以上でコーヒーで太る理由と肌荒れについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ