妊婦の風邪と熱で頭痛!下がらない時の対処法とは


熱と頭痛で何もしたくないというほど、風邪の症状で苦しんでいる妊婦の方に対処方法をお伝えするので、中々下がらない人は見てください。

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_s


また普段から気を付けるべき習慣を紹介します。

最初に妊婦が風邪を引いた時の熱と頭痛の原因を説明して、次に下がらない時の対処法を紹介するので、辛い方は実践してください。

妊婦の風邪


妊婦は胎児の影響によって風邪になりやすいと分かっており、これは父親の遺伝子を持つ胎児を自分の体じゃないと反応して、免疫で倒そうとして早産や流産になります。

それを防ぐため、妊婦は免疫力を下げる事となり、風邪に弱くなります。

そして、妊婦は体の胎児によって骨盤が歪み、歩くのも困難となるため、運動不足となって冷え性に繋がる事で、さらに免疫力が落ちて風邪になります。

また免疫を高めるビタミンCなどの栄養も胎児に奪われてしまいます。

ビタミンCはキャベツやハムなどに含まれており、果物ならキウイやバナナがおすすめで、冷え性の方はグレープフルーツを食べると良いです。

ビタミンCは皮膚を修復する効果もあるため、喉が痛い人にもおすすめです。

妊婦の方が風邪で発熱した時に頭痛が現れる理由は、発熱によって血流の循環が早くなる事で、血管が膨らみ、周りにある新規を刺激する事で頭痛が現れます。

風邪の症状は長引いても一週間で治るのですが、治らない場合は危険です。

その場合なら病気に掛かっている可能性があり、妊婦の方は産婦人科に相談するのが良く、熱が下がらないからといって、家にある薬を服用するのを止めましょう。

風邪薬や頭痛薬を相談せずに服用すると胎児に悪影響を及ぼす事もあります。

スポンサードリンク


頭痛の対処法


妊婦が風邪で下がらない熱に悩まされている場合は、頭痛が生じるので対処が必要で、今から対処法を紹介するので見てください。

頭痛の対処

暗くて静かな所で過ごす
冷えた保冷剤で痛む部分を冷やす
首回しの運動をする
水分を小まめに摂取する

以上が下がらない熱による頭痛の対処法です。

妊婦は風邪を引く原因は人混みでウィルスが移る事が原因ですが、頭痛は音や光などの刺激を受けると痛みが増すため、家で安静に生活した方が良いです。

特に暗くて静かな部屋で寝ると下がらない熱にも有効です。

また頭痛で痛みが酷い部分を冷やした保冷剤などで冷やすと痛みを抑える事が可能で、妊婦の方が風邪の時でも簡単に出来るので、おすすめです。

ちなみに首の血流を良くすると熱に良いだけでなく、頭痛にも良いです。

基本的に首回しの運動は左右に首をゆっくりと回すだけの方法で、右にゆっくり5回回した後は、次に左を同じようにゆっくりやると良いです。

他にも水分を定期的に摂取すると頭痛と下がらない熱に有効です。

妊婦が風邪になるのは免疫力の低下が原因であり、水分補給をしっかりと行う事で、血流が良くなり、免疫も高くなるのでおすすめです。

特に睡眠中は水分不足になり免疫が下がりがちなので、寝る前に水分補給をすると頭痛に好影響を与える事が出来ます。

スポンサードリンク



風邪と熱の治し方


妊婦の方で下がらない熱と風邪で悩まされている方に治療方法を紹介するので、今困っている方は是非とも実践してください。

風邪と熱の治療法

キウイを食べる
生姜湯を飲む
うがいをする
マスクをする

以上が風邪と下がらない熱の治し方となります。

キウイはビタミンCを豊富に含んでいるため、免疫力の回復と繋がり有効なので、妊婦の方は積極的に食べると良いでしょう。

ちなみに梅干は解熱作用があるため、下がらない場合はおすすめです。

風邪を引いた時に飲むべきものは生姜湯で、生姜は咳・痰・喉の痛みを改善して、体温を上げる作用によって免疫力を高めるため、妊婦は飲むべきです。

擦り下ろした生姜小1に熱湯を100㏄注ぐと作る事が出来ます。

ちなみにうがいをすると風邪のウィルスを吐き出す事が出来て、下がらない熱や頭痛が続いている場合はウィルスが繁殖しやすいので、必ずやるべきです。

この時温かいお茶でやると風邪予防の効果は大きく、妊婦におすすめです。

またウィルスの侵入を防ぐためにマスクを必ず着用して外出するべきで、喉の痛みを緩和する作用もあるため、別の利点もあります。

ちなみに生姜湯は1日2杯飲むと良いので、下がらない熱が続く人におすすめです。

以上で妊婦の風邪による頭痛と下がらない熱について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ