妊婦の風邪の治し方!食事の食べ物はビタミンCが良い!?


妊婦は二つの命を守らなければならないので、風邪を引いてしまった時は早めに治療したい方が多いと思うので、治し方を公開します。

a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s


また食事に取り入れるべき食べ物を挙げるので、是非食べてください。

最初に妊婦の風邪の特徴を説明していき、次に食事を取る際に摂取するべき食べ物を紹介するので、気になる方は見てください。

妊婦の風邪


人の体には免疫機能があるため、本来ならウィルスや細菌から体を守り、風邪を防ぐ事が可能ですが、妊婦の場合は胎児の影響で体を守る事が出来ません。

胎児は父親の遺伝子も持つ為、妊婦の体内では「異物」と受け取られます。

異物は免疫で体外に出そうとするため、早産や流産というケースを作る事から、妊婦の体質は免疫を低下させる事で、体内の胎児を保っています。

しかし、免疫が弱いため、ウィルスに負けやすくなり、風邪を引きやすいです。

その他に冷えも原因と考えられていますが、妊婦は体に胎児がいる事から動きづらいだけでなく、骨盤の歪みで歩き方もおかしいため、運動不足になりがちです。

その結果、血流が悪くなり冷えに繋がると分かっており、体温が1度下がると免疫力は30%落ちるとされています。

妊婦の方が風邪を防ぐにはウォーキングで運動不足を解決する事が大切です。

また妊婦は胎児に栄養を奪われるため、免疫を上げる栄養である「ビタミンC」を消費しやすく、日頃からの食事でビタミンCを含む食べ物を食べる事が大切です。

風邪が一週間しても治らない場合は、病気に掛かっている可能性があります。

そんな時に妊婦は産婦人科に相談するべきで、家にある薬などは相談して使わないと胎児に悪影響が出る事があるので注意します。

スポンサードリンク


食事でおすすめな食べ物


風邪を治す時にビタミンCは免疫のため必要で、ビタミンCを摂取する治し方をやりたい方に今から含んでいる食べ物を紹介するので、食事に取り入れて見ましょう。

ビタミンCを含む食べ物


ハム・ベーコン・レバー・明太子
キャベツ・ピーマン・パプリカ・ゴーヤ
カリフラワー・ブロッコリー・じゃがいも
苺・みかん・キウイ・レモン・パパイヤ

以上がビタミンCを含む食べ物なので食事に取り入れましょう。

ビタミンCは免疫力を上げる風邪の治し方ですが、妊婦の中には咳と喉の痛みを伴う方がいますが、摂取すると皮膚を修復するため喉の痛みに有効です。

実はこれらの食べ物だけではなく、他にも風邪に効果的な食べ物はあります。

主に生姜・ねぎ・玉ねぎ・卵・ニラ・大根も有効で、ビタミンCを含まない食べ物もありますが、食事に取り入れるべきです。

生姜が妊婦の風邪に有効な理由は、体を温める作用があるからです。

その他に咳・喉の痛み・痰の治し方になると分かっており、ニラや玉ねぎは「硝化アリル」という成分で冷えを治して、喉の状態を良くするため妊婦におすすめです。

他にも卵は栄養満点で、リゾチームという成分で鼻水や咳を改善するため、食事に取り入れる治し方が出来ます。

ちなみに大根は生姜と近い効果を発揮するため、おすすめの食べ物です。

また妊婦が風邪を引いた時に熱を出してしまったら、梅干を食事に入れるのが良く、
解熱作用で熱を下げるため、食べ物で対策する事が可能です。

スポンサードリンク



風邪の治し方


妊婦の方が風邪を引いてしまった時には、有効な食べ物を食事に取り入れる事も大切ですが、他にも治し方はあるので紹介します。

風邪の治し方


マスクをする
生姜湯を飲む
ハチミツを舐める
靴下を履く

以上が風邪を治し方なので妊婦の方は毎日実践しましょう。

マスクはウィルスの侵入を防ぐだけでなく、口内に入る空気を潤わせるため、喉に優しい事から喉の痛みに効くので、おすすめの治し方です。

また生姜湯を飲むと免疫の低下を改善するため、妊婦の風邪に有効です。

もちろん食べ物として食事に取り入れるのも良いのですが、手軽に摂取するには生姜を擦り下ろして、小1杯分を作って、そこに熱湯100㏄を注ぐと完成です。

これを毎日2杯飲み続ける治し方は非常に良い方法です。

美味しくないと思う場合はハチミツを入れるのが良く、ハチミツは子供の咳止め薬以上に咳止め効果を持つと判明していて、妊婦の風邪に有効です。

ハチミツは殺菌作用を持つ為、風邪のウィルスも倒してくれます。

また妊婦は動く事が少ない事から足の血流が悪いケースが多いので、靴下を履いて血流を改善すると治し方として非常に有効だと思います。

以上で妊婦の風邪に効く食事と食べ物について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ