妊婦の風邪の治し方!咳とのどの状態を良くする方法!?


咳でのどが痛いという妊婦の方は、風邪を引いてしまったケースが多いですが、実は免疫力が落ちえている事が多いため理由を説明します。

e2434b12924bd954b2a36574b87a4e6e_s


また治し方を紹介するので、咳やのどの痛みで苦しんでいる方は是非見てください。

最初に妊婦の方が風邪を引いてしまう理由を説明して、次に治し方を紹介するので、体がだるくて辛いという方は実践してみましょう。

妊婦の風邪とは


妊婦の体にいる「胎児」というのは、母親からすると体の一部と思う方は多いと思いますが、実はそうではなく、父親の遺伝子を持つため「異物」と体は受け取ります。

異物であれば免疫力が働き、胎児を攻撃して早産や流産してしまいます。

妊婦の方は無意識に免疫力を下げて、胎児を守る体質となっており、この際に免疫力が落ちる事から風邪を引いて、咳やのどの痛みを伴います。

また妊婦は運動不足による冷え性も風邪を引く原因となります。

つまり胎児が体内に出来る事から腰辺りの骨盤が歪み、歩きづらくなるため、運動不足になる事から冷え性に繋がり、咳・鼻水・発熱・のどの痛みなどの症状を伴います。

その他に妊婦は栄養も胎児に与えているため、栄養が不足するのも原因です。

特にビタミンCは免疫力を上げる栄養であるため、風邪を治す際には必ず必要な栄養であり、バナナやキウイで手軽に摂取出来ます。

また咳やのどの痛みなどの症状が一週間ならない場合は、風邪ではない可能性があります。

妊婦の方にとって病気は危険性が高いため、産婦人科の診察を受ける事が大切で、特に大事なのは自分の判断で風邪薬や咳止め薬を服用しない事です。

妊婦の方が服用すると胎児に危険を伴う事があるので、相談しましょう。

スポンサードリンク


咳とのどの痛みの治し方


風邪でのどの痛みと咳が続く妊婦は辛いと思うので、今から症状を改善する方法を紹介するので、元気がない人は見てください。

咳とのどの治し方

生姜湯を飲む
温かい飲み物を飲む
窓を閉めて生活する
玉ねぎの皮を置いて寝る

以上が風邪による咳とのどの痛みの治し方となります。

生姜には痰を切る作用と咳を止める効果があり、その他にのどの炎症を回復させる作用があり、体を温める効能により風邪にも良いので、妊婦の方におすすめです。

治し方としては生姜湯にして飲むのが良く、作り方はとても簡単です。

まず生姜を擦り下ろしたものを小1に熱湯を100㏄を注ぐと完成で、子供の咳止め薬以上の効果をもつとされているハチミツを入れると味も美味しくなります。

妊婦の風邪で咳やのどの痛みを伴う時は、温かい飲み物を飲む治し方が有効です。

温かい飲み物を飲むと扁桃腺という部位が開き、痰が出やすくなるのですが、逆に冷たい飲み物だと扁桃腺が締まり、出にくいので温かい飲み物が良いです。

咳やのどの痛みにも好影響なため、風邪の妊婦におすすめの治し方です。

また咳やのどの痛みは窓を開けて寝た時に伴う事が多く、窓を閉めると乾燥した空気を防いで、風邪の予防にもなるため、対策すると良いです。

妊婦の方には玉ねぎの皮をベッドの横に置いて、寝る治し方もおすすめです。

これは玉ねぎの匂いである「硝化アリル」で咳の症状とのどの痛みの炎症を治して、
睡眠作用も強くするため、治し方として効果があります。

スポンサードリンク



風邪の治し方


咳とのどの痛みの治し方が分かったと思うので、次に妊婦の方にも出来る風邪の治療法を紹介するので、実践してみてください。

風邪の治し方

首元を温めるか冷やす
うがいをする
ねぎを食べる
寝る前にココアを飲む

以上が風邪の治し方となるので、妊婦の方は是非やりましょう。

まず体温を上げるために首元をタートルネックやマフラーで温めると良く、これをすると免疫力が上がり、のどにいるウィルスの増殖も防げます。

熱がある時は保冷剤で冷やすと良く、寒気があるなら温めます。

また風邪で咳が続く人はうがいをする治し方もおすすめです。

うがいはのどを潤わせるため炎症の回復に役立ち、お茶でやると殺菌作用がありおすすめなので、家に帰った時は必ずやると良いでしょう。

妊婦の方が風邪を引いた時にはねぎを食べる治し方も有効です。

ねぎは体を温めて免疫力を上げるだけでなく、咳によるダメージを受けてのどの粘膜を修復する作用があり、味噌汁やスープに入れる事をおすすめします。

インスタントではダメなので、必ず購入して食べましょう。

また妊婦の方は栄養不足な事が多いためココアを飲むのが良く、ココアは睡眠の質を上げるため、寝る前に飲むと体の回復が早くなるので、おすすめの治し方です。

以上で風邪と咳の治し方について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ