妊婦の風邪と咳の腹圧!止まらない時の対処方法とは


妊婦の方が風邪になると厄介なのは、止まらない咳による腹圧であり、この状態が続くと良くない理由があるので詳細をお伝えします。

5c2c3d08a68faa90031de5ea2ddddf32_s


また症状が止まらない時の対処法を紹介したいと思います。

最初に妊婦の方と風邪の関係について説明して、次に咳が続いた時の腹圧が悪影響を及ぼすのか説明し、記事の最後に風邪の治し方を紹介します。

妊婦の風邪


妊婦の方は風邪になりやすい傾向にあり、主に3つの問題が絡んでいる事が分かっていて、一つ目は胎児と免疫力が関係しています。

胎児は父親のDNAも含むため妊婦の体からは「異物」として扱われます。

その場合だと免疫力で追い出そうとするため、早産や流産になってしまう事から妊婦は免疫力を落として、風邪のウィルスに弱くなる事から引きやすくなります。

また二つ目は運動不足による問題が関係しています。

妊婦は胎児がお腹にいるため骨盤が歪み歩きづらいので、運動不足になりがちなため、血行を悪くして冷え性に繋がるため免疫力を落として風邪になりやすいです。

そして三つ目は栄養不足が考えられています。

妊婦が風邪を引きやすいのは胎児に栄養を取られるのも原因で、特に免疫力を上げる「ビタミンC」を摂取は大切なので、じゃがいもやキャベツを食べましょう。

フルーツならキウイや苺も良いのでおすすめします。

妊婦の風邪は2~3日で自然と治る事が多いのですが、一週間しても治らない場合は別の病気になっている可能性があるので、産婦人科に行きましょう。

咳止めの薬などの薬品類も相談して使わないと胎児に悪影響を及ぼす事があります。

スポンサードリンク


止まらない咳と腹圧


妊婦の方が風邪で咳が止まらない状態でも基本的に子供に害はないので、安心してください。

通常の風邪で咳が1週間止まらない程度なら、ほぼ心配いりません。

しかし、風邪が咳喘息などに悪化して、激しい咳が数週間止まらない場合は酸欠不足となって早産や流産になる傾向があります。

これは稀な話であり、風邪で咳喘息を発症した場合に考えられる事です。

妊婦が胎児に送る酸素が止まらない咳で妨害される事により、悪影響が出ているというのが理由で、咳で腹圧も掛けすぎると子宮頸部が短くなると分かっています。

実際に風邪で止まらない咳の症状が出て、子宮頸部が短くなり入院した方がいます。

子宮頸部は胎児を体外に出さないための管であり、これが腹圧で短くなると胎児が体外に出る状態となり、早産や流産するケースもあります。

妊婦の方に風邪と止まらない咳を治すため、今から治し方を紹介します。

止まらない咳の治し方

生姜湯を飲む
ハチミツを舐める
睡眠をしっかり取る

以上が止まらない咳の治し方なので腹圧改善に勤めましょう。

まず妊婦の方に飲んでもらいたい生姜湯ですが、生姜は止まらない咳を治すだけでなく、喉の痛みの炎症を抑えて風邪に有効な免疫力アップの効果を持ちます。

作り方は擦り下ろした生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと完成です。

またアメリカで子供の咳止め薬以上の効果を持つと言われたハチミツも有効で、ハチミツは殺菌作用で風邪の細菌を倒して、喉の痛みも改善します。

妊婦の方は生姜湯を飲む時にハチミツを入れると止まらない咳を改善して、腹圧の負担を減らしてくれます。

睡眠をしっかり取る事も大切なので、忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク



風邪の治し方


妊婦の方が止まらない咳を治して腹圧を改善しても、元凶である風邪を治さないと意味がないので、治し方を紹介します。

風邪の治し方

睡眠の3時間前から食事を取らない
肉類を避ける
バナナを食べる
首元を温める

以上が妊婦におすすめな風邪の治し方となります。

睡眠の3時間前に食事を取ると消化の方に消化器官が集中して、睡眠の質が下がって、深い睡眠を取るのが困難となります。

この事から、睡眠の3時間前に食事を取らない事で、免疫力が上がって良くなります。

また風邪を引くと発熱する事がありますが、妊婦の方で熱が出ている人は牛肉や豚肉は避けた方が良く、消化の負担が激しいからです。

たんぱく質を取る場合は鶏肉や白身魚が消化が良く、免疫力を下げづらいので妊婦の風邪におすすめです。

ちなみにバナナは「ビタミンC」を含んでいて、免疫力を上げてくれます。

妊婦の風邪にバナナが、消化にも優しく栄養も満点なので、咳で喉の痛みが酷くないのであれば食べてください。

また止まらない咳が続くなら、首元を温めると良いでしょう。

タートルネックやマフラーで首元を温めると体温を上げて、免疫力が良くなるだけでなく、喉にいる細菌の増殖を防いで、止まらない咳の原因を消してくれます。

以上で妊婦の風邪と腹圧について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ