妊婦の風邪と咳止め!治し方はパイナップルが良い!?


妊婦は体にいる赤ちゃんの事もあり、風邪を引くと悪影響を及ぼす事を心配する方が多いと思うので、詳細を説明します。

2e0773337eb06153c22fe920fe432529_s


また咳止めの方法や症状の治し方を紹介したいと思います。

最初に妊婦が風邪を引いた時に与える赤ちゃんの影響を説明して、次に咳止め方法と症状の治し方を幾つか挙げていきます。

妊婦の風邪


妊婦になると自分の体の一部ではない「胎児」が出来ますが、免疫力が高いと胎児を攻撃して早産や流産してしまうので、妊婦は免疫力を落とす体質になるようです。

そのせいで風邪を引きやすくなり、咳でもうつりやすくなります。

また体内に胎児がいると骨盤が歪んで歩きづらいため、運動不足になりがちなので、血流を悪くなってしまう事から妊婦は体が弱くなりがちです。

そのため風邪を引きやすくなり、発熱・頭痛・咳・鼻水・喉の痛みなどを伴います。

妊婦の方は栄養も胎児に取られてしまうため、ウィルスや細菌に対抗するための「細胞性免疫」も衰えるため、風邪を引きやすくなりますが、2~3日で治ります。

風邪が中々治らなくても基本は一週間で治る事となります。

もし一週間以上治らないのであれば産婦人科に診察するのが良く、インフルエンザなども考えられるので、妊婦の方は特に注意しましょう。

ちなみに妊婦の方が風邪薬や咳止め薬を相談せずに使うと胎児に悪影響を及ぼす事もあるので相談しましょう。

また免疫力向上の作用を持つ栄養である「ビタミンC」も不足しがちです。

ビタミンCは咳などで痛んだ喉の粘膜を修復して、風邪にも強い体質を作るので、妊婦の方はキウイやレモンなどの積極的に食べると良い治し方となります。

スポンサードリンク


咳止めの方法


風邪を治す前に咳止めをする事が大事で、妊婦が胎児に送る酸素量が足りなくなり、奇形児や脳に障害がある子供が生まれやすいので、今から治し方を紹介します。

咳止めの方法

パイナップルを食べる
温かい飲み物を飲む
ハチミツを摂取する
刺激物を避ける

以上が咳止めの方法となるので治し方として実践してください。

まず妊婦の方におすすめなのがパイナップルを食べるという方法で、パイナップルが含む「ブロメライン」という成分が喉の炎症を治して咳に有効です。

また痰を排出しやすくするため、咳止め以外に利点があります。

妊婦が風邪を引きやすいのは冷たい飲み物を飲むのも問題で、温かい飲み物を飲むと喉にある「扁桃腺」という部位が開き、痰が出やすくなります。

逆に冷たい物だと扁桃腺が締まり、痰が出にくくなり、咳止めに良くないです。

また咳止めにハチミツが有効であり、ハチミツは強い殺菌作用で風邪のウィルスを退治して、喉の痛みの原因である炎症を治しくくれるようです。

アメリカでは子供の咳止め薬以上の効果があると証明されているので、妊婦の方におすすめです。

ちなみに炭酸飲料・チョコレート・お酒・唐辛子・冷たい牛乳・コーヒーなどの刺激物は、喉を荒らして咳止めに悪いので、妊婦の方は控える事としましょう。

咳止めのためには寝る事も大切なので、睡眠もしっかり取りましょう。

スポンサードリンク



風邪の治し方


妊婦の風邪はやはり自然と治すのにも時間が掛かりやすいので、今から簡単な治し方を紹介するので是非見てください。

風邪の治し方


睡眠の3時間前に食べ物を食べない
睡眠は7時間以上取る
首元を温める

以上が風邪の治し方となるので、妊婦の方は是非ともやってください。


睡眠の3時間前に食べ物を食べないことは免疫力を大きく上げる方法になり、それは消化に関係しています。


実は睡眠中に消化器官が働くと、脳や臓器が休むことが出来ず、睡眠の質が下がるので、免疫力が低下します。


それを改善する事で、免疫力が上がり、妊婦の風邪が早く治るのです。


また睡眠は7時間以上取ることで、免疫力も回復していきます。


また首元を温めると風邪のウィルスを繁殖を防ぐと同時に咳止め効果もあり、マフラーやタオルをして生活すると妊婦の風邪に良い治し方となります。


以上で咳止めと治し方について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ