妊婦の風邪と咳で吐く?吐き気の対処方法とは


妊婦なのに風邪を引いてしまい咳が続くという方は注意するべきで、吐き気が出て吐く人も多いため、なぜこのような症状が出るのか説明します。

d74de97345ddb62941f7c7b303ebb135_s


ここでは改善方法も紹介するので、吐く事が多い人は見てください。

最初に妊婦がなぜ風邪になりやすいのか説明して、次に咳で吐き気を伴う理由を解説するので、気になる方は見てください。

妊婦の風邪


実は妊婦の方は風邪になりやすい傾向にあるとされており、これは胎児に栄養を取られる事でウィルスに抵抗する「細胞性免疫」が弱る事から発症しやすいです。

しかし、妊婦が風邪を引いても2~3日で治る場合がほとんどです。

長引いても一週間で治るのですが、それ以上経過しても咳・頭痛・吐き気・発熱・吐くなどの症状が治らない場合は風邪ではないケースもあります。

妊婦の方なら胎児を心配すると思いますが、基本的には安全です。

診察をする時は産婦人科に行く事がおすすめで、風邪を治すため薬を服用する際は産婦人科の方に相談せずに服用するのは危険なため注意しましょう。

妊婦の方が薬を使うと胎児に悪影響な事があるので覚えておきましょう。

また免疫力を上げる栄養である「ビタミンC」を摂取すると風邪の予防にもなり、咳などを治すためにもビタミンCを摂取すると良いです。

妊婦の方には苺・グレープフルーツ・キウイ・柿などがおすすめです。

吐き気で吐く事が多い人は無理をして食事を摂取しても風邪に良くないので、妊婦の場合でも食事を避ける事にしましょう。

また咳が止まらない場合は運動を控える事としましょう。

スポンサードリンク


咳と吐き気の関係


なぜか妊婦の方が風邪を引くと咳を出しやすい傾向にありますが、これは胎児の影響でお腹に水分を溜める体質となるため、喉の水分が奪われるのが原因です。

また咳で吐き気を伴い吐く事となるのは理由があります。

咳をすると吐き気で吐く症状が出るのは「咽頭反射」という人間の自然反応が絡んでおり、咳で喉が刺激されると吐き気で吐く事となるのです。

ちなみに妊婦の方が風邪ではなく喘息であれば危険な状態です。

激しい咳が続いてしまう場合は妊婦の方が胎児に送る酸素が少なくなり、酸欠状態となって脳に障害がある子供や奇形児が生まれる事があります。

そのため早めに診察して治す事が大切となります。

吐き気で吐く事が多い人はとにかく水分を摂取する事が大切で、妊婦の方は風邪で体も弱っている事からこの対処は大切だと思います。

吐き気により吐く時には汚物と同時に水分も奪われるので、水分摂取をしましょう。

また妊婦の方が風邪で咳を良くする場合はコーヒーを控えるべきで、コーヒーのカフェインは早産や流産に繋がるだけでなく喉に刺激を与えて症状を悪化させます。

カフェインは腸内も荒らすため、吐き気で吐く事が多い人は控えないと悪化します。

スポンサードリンク



風邪と咳を治す方法


咳を治せば吐き気で吐くケースもなくなる事が多いので、今から妊婦の方にも出来る風邪と咳の治し方を紹介します。

風邪と咳の治し方

マフラーをする
うがいをする
ハチミツを食べる
生姜湯を飲む

以上が風邪と咳の治し方となります。

妊婦の方はやはり体温を上げる事が大切なので、マフラーやタートルネックを着て首元を温めれば咳に効果的で、喉にいる菌の繁殖を防ぎます。

またうがいをすると風邪のウィルスを流して、予防になります。

ハチミツには強力な殺菌作用があるため菌を退治する事が出来て、子供用の咳止め薬以上の咳止め効果があり、喉の炎症も治してくれます。

そのため妊婦の方が摂取すると胎児の負担を減らす事が出来ます。

生姜は咳を止める作用と喉の炎症を治す効果があり、その他に整中作用があるため胃の中を荒れを治して吐き気と吐く症状を治してくれます。

生姜湯の作り方は擦り下ろした生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと完成です。

ハチミツを入れると妊婦の風邪に有効で飲みやすくもなる事からおすすめで、1日朝と晩に2杯づつ飲むと確実に咳などの症状が改善されていきます。

吐き気と吐く症状がある人はお酒や唐辛子などの刺激物を避けるべきです。

これは妊婦で風邪を引いている人にも言える事で、炭酸飲料やチョコレートなどの刺激物も避けるべきで、吐き気や吐く事が多い人に有効です。

以上で妊婦の風邪と咳について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ