妊婦の風邪と熱!胎児の影響は40度以上なら危険!?


妊婦の方はお腹に赤ちゃんがいるため、風邪で熱を出してしまったら胎児への影響は大丈夫だろうかと心配をする方が多いと思います。

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s


ここでは胎児への影響と体調を良くする方法をお伝えします。

まずは妊婦の風邪と熱が与える胎児への影響を説明して、次に体調を治す方法を紹介するので気になる方は見てください。

妊婦の風邪


妊婦の方はお腹にいる胎児の影響によって、運動不足や栄養不足になる事が多くあり、ウィルスに対抗するための「細胞性免疫」も普通の人より弱ります。

そのため風邪を引きやすくなるのですが、2~3日で治るケースが多いです。

妊婦の方が風邪を引いた時の主な症状は鼻詰まり・鼻水・咳・喉の痛み・頭痛・発熱などの症状に見舞われる事となります。

基本的には胎児の影響はそれほど大きくないので安心してください。

しかし、咳が何度も続くと酸素を胎児に送る事が出来ないため悪影響を及ぼす事があり、脳に障害が出来たり奇形児が生まれるケースを作ります。

妊婦の方で喘息持ちの人は急いで病院に行きましょう。

ちなみに風邪が一週間以上治らない場合は病気の可能性があるため、妊婦の方は産婦人科に行き診察してもらう事をおすすめします。

また風邪を引いた時には「ビタミンC」摂取すると良いです。

ビタミンCは妊婦に必要な免疫力を上げる作用があり、フルーツならキウイフルーツなどが含んでいるので、おすすめします。

特に胎児の影響で栄養が取られてしまうので、多めに摂取しましょう。

スポンサードリンク


熱と胎児の影響


まず妊婦の方が熱を引いた時に胎児の影響を心配する方は多いですが、基本的に安全とされており、インフルエンザで40度以上の熱を出しても大丈夫な方もいたそうです。

今では出産して子供も元気に遊んでいるようです。

しかし、40度以上の熱が3日以上続く場合は胎児の悪影響を及ぼす事があり、この状態が続くと羊水の温度が上がり、危険な状態となります。

そのため熱が下がらない場合は早めに診察する事にしましょう。

妊婦の方が風邪や熱を引いてしまった時に注意するべき点は「薬の服用」にあり、産婦人科に相談せずに服用すると胎児に悪影響を及ぼす事があります。

そのため購入した薬剤を考えて使うようにする事が大切です。

もし妊婦の方が風邪を引いてしまい38度以上の高熱を引いてしまった時は、食欲と体力が落ちてしまうため胎児に悪影響を及ぼすケースがあります。

特に妊婦は栄養不足になりがちなため、良くない状態です。

こんな時は最低でも水分を取ると風邪と熱に有効で、お粥などの消化に優しい食事を取ると妊婦にも胎児にも負担を減らす事が出来ます。

また水分は1時間1回の頻度で飲むと良いでしょう。

スポンサードリンク



風邪と熱の治し方


やはり胎児の影響を考えると風邪や熱を早く治したい妊婦の方は多いと思うので、簡単に出来る治し方を紹介したいと思います。

風邪と熱の改善方法

首元を冷やす
肉類を控える
ヨーグルトを食べる
生姜湯を飲む

以上が妊婦の風邪と熱を治す方法となります。

首の後ろ側にあるうなじの部位には人体の体温を調節するツボがあり、ここを保冷剤などで冷やすと熱/font>を下げて改善に役立ちます。

また頻繁にうがいをすると喉のウイルスを流す事が可能です。

妊婦の方が避けるべきは肉類にあって、肉類を摂取すると熱が上がる事が分かっているため、胎児に悪影響を及ぼすケースがあります。

しかし、ハムやベーコンは食欲を増進するため、状態が良ければ食べましょう。

またヨーグルトは腸内環境を整える事から熱を下げる事に有効とされており、妊婦の方でヨーグルトが好きという方は進んで食べると良いです。

ちなみにバナナを入れるとさらに風邪を予防する事が出来ます。

生姜は体の体温を上げて免疫力を向上させるとされており、その他に咳を止めて喉の炎症を防ぐ事から喉の痛みにも良いため、熱や風邪どちらにも良いです。

また食欲を上げると分かっているため、食欲がない妊婦が摂取すると胎児に好影響を期待する事が出来ます。

生姜湯の作り方は簡単であり、擦り下ろした生姜小1に熱湯を100㏄を注ぐと完成なので、ハチミツを入れるとさらに良いためおすすめです。

以上で妊婦の風邪と熱が与える妊婦の影響について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ