コーヒーの飲み過ぎで腹痛!肝臓の影響と対処法とは


コーヒーは肝臓の負担を減らすと言われてきましたが、飲み過ぎてしまうと逆効果となる事が分かっており、腹痛を伴う事があります。

14f4bd48479849f7e76ed28a64ac3091_s


ここでは対処方法や負担を掛けない飲み方を紹介します。

まずはコーヒーの飲み過ぎでなぜ腹痛が出るのか説明して、次に肝臓になぜ負担が掛かるのか詳細をお伝えしていきます。

コーヒーの飲み過ぎと腹痛


我々が日常的に飲んでいるコーヒーには「カフェイン」が含まれており、カフェインは胃液を分泌する作用があるため、食べ過ぎた時に有効です。

しかし、コーヒーを飲み過ぎると胃液が過剰分泌して腹痛を伴います。

胃液が大量に出ると胃の粘膜が荒れて腹痛が発生するのですが、食事を全く取っていない状態でコーヒーを飲んでもカフェインの影響を大きく受けます。

すると飲み過ぎた訳でもないのに腹痛を伴う事も少なくありません。

元々は「リパーゼ」と呼ばれる脂肪分解酵素を活性化させる効果によるものなので、コーヒーは飲み過ぎなければダイエットにも有効です。

しかし、飲み過ぎると腹痛と同時に胃が荒れて、下痢になる方もいます。

ちなみにブラックコーヒーを飲む人ほど腹痛を伴う方が多く、牛乳やミルクを入れると胃の粘膜を保護する作用により、防ぐ効果が現れてきます。

しかし、短期間に飲み過ぎるとやはり腹痛になるので気を付けましょう。

また飲み過ぎていないのに腹痛が出る方はコーヒー前が酸化している可能性があり、保存をしっかりして賞味期限を守ると防ぐ事が可能です。

ちなみに「ノンカフェイン」のコーヒーを飲めば腹痛などの症状は避けれます。

スポンサードリンク


コーヒーと肝臓の関係とは


飲酒をする人や肉類を好んでよく食べる方は、その度に肝臓に負担が掛かりますが、そんな時にコーヒーを飲むと肝臓の負担を抑えてくれます。

まずリパーゼが肉類の分解を助けて、好影響を与えてくれます。

その他に飲酒をする時にアルコールを肝臓が分解してくれますが、カフェインが分解機能を上げてくれるため負担を減らすという二つの利点があります。

その証拠に毎日飲む人は飲まない人よりも肝臓癌の発症率が半分になるようです。

飲み過ぎなければコーヒーは体に良い飲み物であり、1日5杯以上飲む方は肝臓癌の発症率が25%にまで下がったという結果が出るので非常に良いです。

しかし、1日5杯というのは肝臓に良くても飲み過ぎだと思います。

なぜならコーヒーを1日4杯以上飲む55歳未満の方は、早死にするという事が分かっており、平均で1.8倍死亡率が高いと分かっているため、飲み過ぎだと思います。

肝臓に良くてもやはり寿命が縮むので、健康に良いとは言えません。

そのためコーヒーの飲み過ぎにならないためにも、1日3杯までに抑えると腹痛にも良く、カフェインは肝臓が分解するため、結局負担が掛かります。

それは良くないので、コーヒーの飲み過ぎは控えた方が良いでしょう。

スポンサードリンク



腹痛と肝臓の負担の対処方法


コーヒーを飲み過ぎてしまって腹痛で困っている方は、まず反時計回りにお腹を優しく撫でると痛みを緩和する事に効果があります。

またカフェインが原因で肝臓にも負担が掛かっているので、水を飲みましょう。

水分を沢山飲む事でカフェインを薄くする事が可能なので腹痛を抑える作用があり、コーヒーを飲んで苦しんでいる方にお勧めできます。

また飲み過ぎで腹痛がある時は、なるべく楽な姿勢になると良いでしょう。

コーヒーの飲み過ぎで肝臓の異常や腹痛が出る時は、食事を控えた方が良く、もしお腹が空いても梅干やお粥などを食べて胃の負担を減らしましょう。

特に梅干は腸内を整えてくれるためおすすめ出来る食材です。

またコーヒーの飲み過ぎの後に腹痛が出ても、多少良くなった後は納豆などのネバネバの食材を食べるのが有効で、オクラや山芋なども良いです。

ネバネバ食材には「ムチン」が含まれていて、胃の粘膜の回復に役立ちます。

お酒が好きで飲酒を頻繁にする方は飲む前にコーヒーを飲むのがおすすめで、これをすると肝臓の負担を減らせるので効果的です。

以上でコーヒーの飲み過ぎと腹痛について終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ