妊婦の風邪と咳!胎児への影響は危険な事もある!?


妊婦なのに風邪を引いて咳が止まらなという方は、やはり胎児への影響が不安になってくると思うので、詳細を説明します。

2566b6db20dd07449928328e756ccbca_s


また咳を止める方法も紹介するので、是非見てください。

最初に妊婦の風邪で胎児への影響はどのようになるのか説明して、最後に人工中絶をすると地獄に落ちるという真相を紹介します。

妊婦の風邪


妊婦の方は全体的に見て風邪を引きやすい傾向にあり、その理由はウィルスに抵抗するための「細胞性免疫」が弱まっている事が考えられます。

これは胎児による影響でありますが、自然と治る事がほとんどです。

妊婦が風邪を引いた時の症状は鼻水・くしゃみ・咳・鼻詰まり・発熱などが現れるのですが、一般的には2~3日で回復するとされています。

長くても一週間で咳などの症状は治り、胎児への影響も少ないです。

しかし、一週間経過したにも関わらず妊婦の風邪が治らないという場合は、別に原因がある可能性があり、病気なら胎児への影響が大きいので診察しましよう。

診察する際は産婦人科を最初に訪れ、次に症状の特徴を教えましょう。

ちなみに妊婦の方が風邪薬を服用する場合は注意が必要で、胎児への影響が出る事があるため、一度産婦人科の先生に相談してもらいましょう。

咳の症状が続く場合は「ビタミンC」を摂取すると良いでしょう。

妊婦の方が風邪を引きやすいのは胎児に栄養を取られてしまうのも原因で、ビタミンCは免疫力を上げるため適した栄養だと思います。

その他に女性が不足しがちな鉄分の摂取も必要です。

スポンサードリンク


咳と胎児への影響


妊婦の方は通常よりも咳の症状が出やすい傾向にあり、これはつわりによる吐き気による影響で、胃酸が喉まで来る事から出る事もあります。

また妊婦の方は胎児のためにお腹に水分を溜める体質に変わり、喉の水分が奪われ咳が出るなど危険が様々です。

風邪の咳による胎児への影響は基本的に安全なので安心してください。

妊婦の風邪に関して言えばほとんど問題はないのですが、風邪が原因で咳喘息などに悪化して、激しい咳が続く場合は少し注意が必要です。

激しい咳は腹筋の部位に力が入るため、胎児への影響があるため、あまり良くないです。

この状態が続くと早産に繋がる事があるからです。

妊婦の方に咳喘息のような激しい咳が続くという場合は、酸素をお腹の赤ちゃんに送る量が少なくなり、酸欠状態となることから胎児への影響が悪いです。

酸欠状態だと硫産・奇形児・脳障害など胎児への影響は一生続く危害が出る事もあります。

そのため心配し過ぎるのも良くないので、今後は治す方法を紹介します。

スポンサードリンク



咳と風邪の治し方


妊婦の方にも簡単に出来る風邪と咳の治し方があるので、胎児への影響を出さないためにもおすすめの方法を紹介したいと思います。

まず一つ目は首元を温める方法が有効です。

首元を温めると風邪の菌の繁殖を防ぎ咳に有効で、主にマフラー・タオル・スカーフ・タートルネックなどを身に着けると妊婦の方に非常に良いです。

寝る時に付けて寝るのが良いのですが、靴下の場合は着けると汗を掻いて逆効果なので注意しましょう。

また風邪の咳を治す方法は生姜湯を飲む方法です。

生姜は痰を切って喉の炎症を抑える働きがあるとされており、体を温めて免疫力を上げるので妊婦の風邪を改善するのに適しています。

作り方は簡単で擦り下ろした生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと作れます。

甘さが欲しい場合は砂糖ではなくハチミツを入れると良く、ハチミツは殺菌作用で風邪の菌を倒して、咳を止める効果があるそうです。

妊婦の方はやはり胎児への影響を良くしたいと思うので、マスクが良いです。

マスクは喉に来る空気の乾燥を防ぐため、潤わせる効果があると分かっているため咳の症状に良く、うがいをすると風邪の菌を流せるため毎日やりましょう。

以上で妊婦の咳と胎児への影響について終わります。

最後に人工中絶した者が地獄に落ちるのが本当かお伝えします。

人工中絶をすると地獄に落ちる?

最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ