コーヒーの飲み過ぎと影響!ブラックとの違いとは


普段からコーヒーを頻繁に飲む方は飲み過ぎると悪影響を及ぼす事があり、飲む量を守れば健康に良いので何杯飲めばいいかお伝えしたいと思います。

23b3b47cca255664d5bb97b9dc8baca2_s


またブラックでは成分が異なるので、ここではそちらの紹介もします。

最初にコーヒーを飲み過ぎてしまった時の影響を説明して、次にブラックと通常の物の違いをまとめて行きたいと思います。

コーヒーの飲み過ぎと影響


ブラックコーヒーに必ず含まれている「カフェイン」を摂取すると脳が覚醒するという影響が出る事が判明しており、眠気の改善効果が出てきます。

これはコルチゾールとアドレナリンが分泌する事で影響が出ています。

しかし、コーヒーを飲み過ぎるとこれらの成分が脳内から過剰分泌されていき、全身の疲労感が現れ、さらに摂取しようとします。

問題なのは体がカフェインに慣れていき、脳が摂取したと感じない事です。

これがコーヒーを飲み過ぎてしまう原因であり、これを繰り返すと「カフェイン中毒」となって、飲み過ぎてしまうので、様々な悪影響が出ます。

それは不眠症や胃の荒れなどのカフェインによる影響です。

コーヒーを摂取してから30分後には影響が出て、8~14時間は継続するため眠気を奪われる時間が長く、カフェインは胃液分泌をするため、胃の荒れにもなります。

また飲み過ぎると下痢になって水分不足の原因になる事もあります。

コーヒーに含まれるカフェインを摂取するとビタミンやミネラルが破壊されるため、肌荒れや太ってしまう事があるため、美容の大敵にもなります。

また飲み過ぎた人は自律神経が乱れて、頭痛やめまいなどの影響が出てきます。

スポンサードリンク


ブラックコーヒーの違いとは


やはりブラックコーヒーは砂糖やミルクが入っていないだけ、通常のコーヒーよりも健康には良いのですが、飲み過ぎると悪影響が出ます。

しかし、砂糖やミルクを入れないというのは大きな利点でダイエットに有効です。

なぜならブラックコーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が30分後には2倍となるため、この時間帯にジョギングやウォーキングをすると効率良く痩せる好影響が出てきます。

そのため現在は「コーヒーダイエット」というのも流行となっています。

ブラックを好んで飲む方は有利な方法となっており、やはりミルクや砂糖を入れてしまうと余計な脂肪分を取ってしまい痩せるのにも時間が掛かります。

ちなみに有酸素運動が内臓脂肪を減らすのに適しています。

ブラックコーヒーを飲み過ぎるのはいけませんが、飲む際にもう一つの問題としては何も食事を摂取せずに飲んでしまうことで悪影響が出ます。

これをやってしまうと胃が荒れやすいので、飲み過ぎ以外の危険もあります。

そのためブラックコーヒーを飲むのは良いのですが、飲む際は必ずご飯1杯でも良いので、飲む事が大切であり、お腹が空腹であればあるほどダイエット効果が高いです。

それでも全くなにも胃にない状態では悪影響が出るので、少量は食べましょう。

スポンサードリンク



コーヒーを飲み過ぎない方法


実はアメリカで55歳未満の方を対象に一週間の間で、1日コーヒーを4杯飲ませる研究を行った事があり、研究結果では飲み過ぎた人は早死にすると分かりました。

男性は1.5倍で女性は2.1倍と死亡率が跳ね上がる結果となりました。

以上の事からブラックコーヒーを飲み過ぎると良くない影響が出るため、1日に3杯までに飲むと健康に良いため最大でも3杯にまで抑える事にしましょう。

またブラックコーヒーでは水分の補給にはならないのです。

そのため頻繁に水を飲む事が大切であり、飲み過ぎて下痢になった時は特に水分補給が大事で、気分が悪い時も水を飲むと効果的です。

気分が悪いからといってコーヒーを飲む人もいますが中毒症状なので控えます。

飲み過ぎの以前にブラックコーヒーを飲んでからは、眠気を奪われて不眠症になりがちなので、朝や昼までに飲む事で睡眠の邪魔にならないようにしましょう。

意外にも夕方から飲んでも夜寝るのは困難とされています。

そのだけコーヒーの影響が強い事が判明しており、受験勉強のために飲む方でも深夜に勉強するのは効率が悪いので、控えた方が良いでしょう。

以上でブラックコーヒーと飲み過ぎの影響について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ