ルイボスティーの効果と効能は不妊を3ヵ月で改善する!?


不妊で悩んでいる女性はルイボスティーを飲むと妊娠率が高くなると分かっており、なぜそのような影響が出るのか効果と効能を説明します。

e61d39e01a1de7fd1a2df2e6d5f9bd2b_s


また1日どれくらいの量を飲むと良いか紹介します。

最初にルイボスティーの効果と効能がなぜ不妊を改善するのか説明して、次に何杯飲むと有効なのかお伝えします。

ルイボスティーの効果


なぜ不妊の改善に役立つのか、ルイボスティーの効果と効能が気になると思うので、簡単に説明したいと思います。

ルイボスティー効能

老化の防止
血流を良くする
冷えを改善する
妊娠率の向上

以上がルイボスティーの効能となっています。

まず老化を防ぐ作用はSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)という成分が、
活性酸素という体を老化させる物質を除去してくれます。

そのためルイボスティーの効果は若返られせる効能があります。

体内にある老廃物を取り除き血流を良くする事から、胎児と子宮を繋ぐ血管の通りも良くなり、栄養と酸素が行きやすくなるため、不妊を改善しやすくなります。

不妊は冷え性も原因ですが、血流を良くしてこれも治療します。

またルイボスティーの効能は卵子を若返らせるため、卵子の機能が上がるため妊娠しやすくなり、子宮の動きも良くなるため不妊の治療となります。

実際に卵子の質が上がるという臨床結果が出ており、不妊改善に役立ちます。

基本的に不妊はストレスや年齢が原因ですが、ストレスを溜めると活性酸素が生み出されて、卵子の質が落ちて不妊に至るという事態になります。

ルイボスティーの効果と効能はリラックス作用によってストレスを解消します。

そのため卵子の機能を落とすことなくストレスを改善させて、卵子は年齢により死滅していき不妊に繋がりますが、ルイボスティーを飲むと死滅を防ぐ事が可能です。

スポンサードリンク


不妊に与える効能


ルイボスティーの効果と効能が不妊に良い理由は、カフェインを含んでいない点も大きく、カフェインを1日100mg以上摂取すると早産率が1.2倍に上がります。

最近は女性だけの不妊だけでなく男性が原因である事もあります。

それは栄養不足にあり、ルイボスティーは効果と効能が有効なだけでなく、妊娠に必要な栄養である亜鉛・鉄分・セレンを含んでいます。

亜鉛の不足は不妊に繋がり、亜鉛は卵子を育成して月経を正常にします。

摂取量が不足すると月経不順となり、妊婦になると胎児にも必要なので摂取量を多くとる必要があり、ルイボスティーを飲むと補う事が可能です。

ちなみに亜鉛はストレスで消費するため不妊改善には毎日飲む必要があります。

また亜鉛の不足は男性不妊にもなり、性欲が落ちて精子の運動機能を減少させてしまうため、男性にもルイボスティーの効果と効能は必要です。

意外に思うかもしれませんが実は不妊患者の9割が鉄分の不足が原因のようです。

鉄分は黄体ホルモンを生み出すとされていて、黄体ホルモンは子宮内膜を柔らかくして精子を受け止めやすい状態にするため不妊を改善してくれます。

ルイボスティーの効果と効能で貧血を防げるので非常に良いです。

またセレンの栄養は男性不妊に良いとされており、セレンは精子を作る栄養であり、本来は魚介類が含んでいるため、ルイボスティーで摂取出来るのは素晴らしいです。

スポンサードリンク



不妊を改善する飲み方


ルイボスティーの効果と効能を活かして不妊を改善するには、とにかく温めて飲むのが効果的で、これをすると冷え性を改善しやすいです。

また寝る前にルイボスティー飲むとリラックス作用で落ち着いて眠れます。

睡眠は体を休めるだけでなくストレスを解消する事に期待出来て、不妊症には成長ホルモンを正常に分泌させる事によって、卵子と精子の老化を防ぎます。

ルイボスティーの効果と効能の一つである「カテキン」には注意が必要です。

カテキンは不妊に繋がる事があり、胎児を育てるのに必要な葉酸を壊す成分のため、ルイボスティーは1日3杯までに抑えた方が良いでしょう。

基本的に不妊に好影響の効果効能が出るのは1~3ヵ月は掛かると思います。

人間の髪や肌は基本は1ヵ月後から3ヵ月掛かるとされており、ルイボスティーを飲んでもやはりそれぐらいの時間が掛かるので覚悟してください。

本当に効果があるのか不安な方もいると思いますが、大丈夫です。

実は不妊に悩んでいる方がルイボスティーを毎日飲む生活を2ヶ月間続けた方がいて、実際に妊娠したようなので、効能はしっかりあります。

以上でルイボスティーの効果と効能による不妊の影響について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ