ルイボスティーの効果と効能は妊婦の出産を安全にする!?


妊婦の方は食べ物や飲み物に気を遣う用に医師に言われたと思いますが、ルイボスティーの効果や効能は出産を安全に終わらせる作用に期待出来ます。

9600cf5531ce6a576bbf365b8e40c450_s


ここでは飲んだ時の作用を紹介して、1日何杯飲めば良いかお伝えします。

最初にルイボスティーの効果効能がなぜ妊婦に良いのか説明して、次にどのような飲み方をすると体に優しいのか紹介します。

ルイボスティーの効果


妊婦に与える影響を説明する前にルイボスティーを飲んだ時の効果と効能が気になると思うので、紹介したいと思います。

ルイボスティーの効能

老化を防ぐ
アレルギーを防ぐ
便秘を改善する
肌を綺麗にする
ダイエット効果
妊娠率のアップ

以上がルイボスティーの効果効能となるので妊婦の方は覚えておいてください。

老化防止作用はSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)と呼ばれる成分が活性酸素という体を老化させる成分を取り除くため、老化を防ぎます。

そのせいか癌や糖尿病などの予防効果に期待出来ます。

また妊婦は赤ちゃんをアレルギー体質にしないようにアレルゲンの卵や肉を避けがちですが、ルイボスティーはアレルギーに強い体質を作る効果と効能を持ちます。

これは抗酸化作用によるもので、毎日飲むとアレルギーに強い赤ちゃんを産めます。

妊婦の方は胎児がいるため骨盤が歪み便秘になりがちですが、ルイボスティーの効能によって善玉菌を増やして便も柔らかくするため便秘改善に役立ちます。

妊婦は女性ホルモンが活発に動いて色素細胞が動いているため、ちょっとの刺激がシミを作ります。

ルイボスティーの効果効能は便秘の改善と豊富なビタミンにより、綺麗な肌を維持できるのため有効で、妊娠中の体重増加も防げます。

その理由は善玉菌が体内に増える事から痩せやすくなるからです。

また活性酸素を取り除くため卵子も若返ると効果があり、ルイボスティーの効能は卵子の機能が上がる事から妊娠率もアップするとされています。

スポンサードリンク


妊婦に与える効果


ルイボスティーを妊婦が飲んだ時の効果が気になると思うので、効能で好影響だと思える理由を紹介したいと思います。

妊婦にいい効果

早産にならない
栄養の補給
貧血を防ぐ
むくみの改善

以上がルイボスティーの効果効能が好影響な理由です。

妊婦は「カフェイン」と呼ばれる成分を医師にあまり摂取しないように言われると思いますが、カフェインを1日100mg摂取すると早産率が1.2倍になるそうです。

身近にあるお茶なども含んでおり、妊婦は注意しなければなりません。

しかし、ルイボスティーにはカフェインを含んでいないため安全に飲む事が出来て、出産の後にも授乳がスムーズになるのでとても良いです。

また妊婦が不足しがちな栄養をルイボスティーの効果と効能が補います。

妊婦は亜鉛・鉄・カルシウムを不足しがちで、まず亜鉛は体の骨や皮膚を作る作用を持ちますが、胎児の成長のため通常の1.3倍必要となります。

また鉄分は全身に酸素を送る栄養で、胎児にほとんど取られてしまいします。

そのせいで妊婦は「妊娠貧血」になりやすい傾向にあり、めまいや息切れなどの症状が出やすく、通常よりも1.7倍の摂取量が必要とされています。

またルイボスティーの効果効能はカルシウムで胎児の骨を作ります。

しかし、妊婦はカルシウムを胎児に取られるため、いつもの1.5倍は必要とされており、胎児には血液が大量に必要なため、妊婦は必要以上に水分を取ります。

ルイボスティーが含むカリウムの利尿作用でむくみを取り除きます。

スポンサードリンク



ルイボスティーの飲み方


妊婦は胎児がいるため運動不足になり、冷え症になりがちですが、ルイボスティーの効果効能は体の老廃物を取り除くため血流を良くして、代謝をアップさせます。

代謝がアップすると妊婦の血流が良くなり、冷え性を防いでくれます。

ルイボスティーの効果効能で活かすべき点は、とにかく温めた物を飲むのが良く、やはり妊婦は冷え症になりやすいため、それを防ぐべきです。

基本的に1日3杯飲むと良い具合に効果と効能を受け入れられます。

妊婦の方は胎児の影響によって情緒不安定になりがちで眠りづらいようですが、ルイボスティーの効果はリラックス作用があるため、寝る前に飲むと良いです。

この時も温かい方が妊婦を安心させるので、温かくして飲みます。

ルイボスティーは飲むと善玉菌によって便を柔らかくするので、朝に飲むと便秘を改善しがちなので、朝に飲むのも良いと思います。

茶葉の種類とペットボトルの物がありますが、茶葉の方が効果と効能が高いです。

ルイボスティーを飲む妊婦に一つ注意点がありますが、それは「カテキン」という成分で、カテキンは胎児を育てるのに必要な葉酸を壊すため1日3杯に抑えましょう。

以上でルイボスティーの効果と効能について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ