足の指や裏がつるのは病気?肥満や高血圧の方は要注意!


足の指や裏が頻繁につるばかりして困っている方は、病気の疑いがありますが、その他にも様々な要因が絡んでいるので説明します。

6d30bb387d976a5da0d7e19e033cc648_s


また病気の予備軍になりやすい人を紹介していこうと思います。

最初に足の指や裏がつる事が多い人の原因を説明して、次に日常的に出来る対策方法を紹介ていくので実践してみくてださい。

足がつる原因


基本的に足の裏や指がつる理由は体の冷え・水分不足・筋肉の使い過ぎ・栄養の偏り・病気・姿勢の悪さなどが絡んでいるので、改善する事は多いです。

体の冷えは血行を悪くして、栄養と酸素を体に送るのを妨害します。

そのせいで足の裏や指がつる原因となってしまい、水分摂取量が少ないと同じ理由で血流がドロドロとなり、水を頻繁に飲まないと体に悪影響です。

また筋肉を使いすぎる人は足の裏や指に栄養と酸素の補給が間に合わず、つる理由を作る事となります。

そのため短期間に激しい動きをする事は控える対策を取り、カルシウム・マグネシウム・ビタミンB1の栄養を取ると徐々に改善されていきます。

足の裏や指に必要なカルシウムは筋肉の収縮機能を正常に保つ働きがあります。

そしてマグネシウムはカルシウムの筋肉の動きを調節して、ビタミンB1は体の疲労を回復すると同時に脳の命令を上手く体に伝達させる機能を正常にさせます。

足の指や裏がつる人は牛乳を飲んでカルシウムを摂取すると良いです。

またマグネシウムはナッツ類のアーモンドがおすすめで、ビタミンB1は肉類や卵が含んでいるため、つる事が多い人におすすめです。

スポンサードリンク


つる原因は病気!?


足の指や裏がつる事が多い人は病気の可能性もあり、脳腫瘍・椎間板ヘルニア・糖尿病・閉塞性動脈硬化症・脊椎間狭窄症などが関与しています。

中々治らない方はやはり整形外科で診察を早めにするのが有効です。

特に足がつる人でも肥満・高血圧・不規則な生活・偏った栄養などに該当する方は、病気の可能性が高くなるので、注意が必要です。

足の裏や指がつる方は生活習慣にも気を付けなければなりません。

例えばたばこやお酒などは病気の発症率を上げて、高血圧になると糖尿病になりやすくなるため、塩分が多い食事も控えると良いと思います。

また血流も悪くなるため、足の裏や指がつる原因となってしまいます。

病気の発症率を上げないためにも「カリウム」という塩分を体外に出す栄養を摂取すると効果的で、トマトジュースが豊富に含んでいます。

トマトジュースを200mlを飲むと塩分1gは体外に排出する事が可能です。

足の裏や指がつる事が多い人は病気の予防のためにもトマトジュースを毎日飲むと血流が良くなり、食物繊維で痩せやすくなり糖尿病を防ぎます。

基本的には1日200ml飲むと老化や病気を防いでくれます。

スポンサードリンク



足を治す方法


病気の予防や足の指や裏のケアは大切で、毎日の習慣で簡単に出来るためつる事が多い人は今からする方法を行ってください。

つる時の治療法

寝る前に水を飲む
歩く機会を増やす
靴下を履いて過ごす
半身浴をする

以上が足の指と裏がつる人におすすめの治療法です。

実は脳梗塞などの病気は朝起きた時に前兆が現れるのですが、それは人間が睡眠中に水分を取れない事が関係しており、そのせいで血液がドロドロになります。

血流が悪い状態だと症状が出やすく、寝る前に水を飲むと血流が良くなります。

全身に栄養と酸素が届きやすくなるため、足の指と裏がつる人に効果的で、様々な病気の予防になるので重宝します。

また運動不足もつる原因の一つなので、ウォーキングをすると良いです。

基本は20分すると有効なのですが、時間がない人はエレベーターを使わず階段を使うなどして、歩く機会を増やすと足の指と裏に有効です。

ちなみにつる原因はヒールなどの靴にもあるので、スニーカーを履きましょう。

また靴下を履くと足の指と裏の血行が良くなり効果的なのですが、睡眠中は足に汗を掻き逆に冷ましてしまうので、外す事としましょう。

頻繁につる人は半身浴を毎日すると良いでしょう。

基本的な温度は38~42度でお風呂に10分間浸かるのが良いのですが、冬などの寒い時期は控えるのが良く、普通にお風呂を長めに入るのも有効です。

以上で足の指や裏がつる原因と病気について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ