足がつる時の治し方!すねや太ももの対策方法とは


足がつると非常に嫌な気分となりますが、太ももやすねまでその痛みが来るとかなり厳しいので、治し方をお伝えしたいと思います。

1af40001acafe9fa2f537d841edbb087_s


また妊婦の方は気を付けないといけない事があるので解説します。

最初に足がつる事が多い人の治し方について説明して、次にすねや太ももが痛む人と妊婦の方に必要な対策方法を紹介したいと思います。

足がつる理由


足のすねや太ももがつる理由は運動のやり過ぎ・冷え・水分摂取量・偏った栄養・病気・妊娠・加齢などが考えられています。

特に運動のやり過ぎは太ももの裏側を痛める事が分かっています。

短期間に激しい動きを繰り返すと筋肉の疲労が急激に溜まり、そのせいで足に行く栄養と酸素が間に合わなくなりつる原因となってしまいます。

また冷えも太ももやすねに悪影響で、血流が悪くなりつる原因になります。

冷えと同じ現象で水分の摂取量が少ないと足に症状が出やすくなり、治し方としては水分をしっかり取って体を温める事が大切です。

栄養ではミネラル類(カルシウム・マグネシウム)ビタミンB1が体に必要です。

足のすねや太ももがつるのはこれらの栄養摂取量が少ない事も原因で、カルシウムは筋肉を収縮させる働きを持ち、マグネシウムはカルシウムの動きを調節します。

またビタミンB1は筋肉の疲労を取り、運動能力を向上させます。

太ももやすねがつる方は椎間板ヘルニアや脊椎間狭窄症などの病気が考えられ、これから説明する足の治し方を実践しても治らない場合は整形外科に診察しましょう。

妊婦の方は胎児で足が歪んでつる事が多いので注意しましょう。

ちなみに普段運動しない人が急に動くと太ももやすねがやられやすいので、たまには運動する事を心掛ける事としましょう。

スポンサードリンク


すねや太ももの治し方


足の部位でもすねがつる事が多い人の治し方は、過度な運動や運動不足が関係しており、改善のためには休養を取るか、タウリンを摂取すると良いです。

タウリンは筋肉の疲れを取り除き、運動機能をアップさせます。

タコやイカ、その他にシジミやアサリなどが含んでおり、足とすねがつる方におすすめの治し方はその他にスニーカーに変更するのも良いです。

特にヒールを履いている方はそれを止めて、スニーカーを履きましょう。

ちなみに足と太ももがつる方は妊婦に多く、やはり妊婦は骨盤が歪むため歩く姿勢がおかしくなり、太ももに負担を掛けるようです。

今からすねと太ももがつる方に治し方を紹介するので、以下の整理体操ををするようにしましょう。

ストレッチの方法

すねのストレッチ

1 まずは片方の足を後ろにスライドさせ、つま先だけ床に付けます。
2 次に膝を前に出す感じに後方の足のすねを伸ばす
3 裏側をケアするには椅子に座り、片方のつま先を前に出来るだけ押し出す・

太もものストレッチ

1 壁の近くに立ち片方の足をお尻の方に持って行きます。
2 お尻の近くにあるつま先を片手で持ち太ももを引き伸ばす。
3 裏側の太ももを引き伸ばす時は仰向けになり同じ要領でやります。

以上が足がつる時の治し方となります。

これらの治し加はスポーツ選手をしている方なら毎日やるのがおすすめで、基本的には運動をやり終わった後にするとつる事を予防して効果的です。

スポンサードリンク



足の治し方


先ほどのすねと太もものストレッチでも治し方として有効なのですが、足がつる時の改善方法は他にもあるのでそれらを紹介します。

おすすめの治し方

10~20分入浴する
アーモンドを食べる
牛乳を毎日飲む
ウォーキングをする

以上が足がつる人にお勧めできる治し方となります。

太ももやすねが冷えてくるとやはり原因となるため、お風呂に10~20分と長めに浸かるのが良く、半身浴や足湯でも効果的な治し方となっています。

またアーモンドは足がつる人におすすめなマグネシウムを豊富に含んでいます。

しかし、1日10粒までに抑えないとニキビが出来たり、太る原因となる事が分かっていて、治し方としては簡単なのでおすすめです。

また牛乳はカルシウムを含んでいて、ヨーグルトの摂取も治し方の一つです。

ちなみにビタミンB1はハムやベーコンなどの肉類から摂取する事が可能で、卵や納豆などの身近な食材も含んでいるため、簡単に摂る事が出来ます。

足がつる原因は運動不足にもあるため、ウォーキングを1日20分でもやると太ももやすねに好影響を与える事が出来て、昼食後に歩くと有効な治し方となります。

ご飯を食べた後に動くとダイエット効果が高くなると分かっています。

妊婦の方は動きたくないと考える方は多いですが、やはり足がつる原因を改善するには歩く事も大切なので、ウォーキングの機会を増やす事で治し方と予防になります。

以上で太ももとすねの治し方について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ