足がつる原因とすね!睡眠中の対策は水を飲むと良い!?


睡眠中に突然足がつると悪夢どころか地獄の様な痛みを伴い起きてしまいますが、そんな悩みを抱える方に原因を説明していきます。

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s


またすねの部位が痛む方の対策を紹介したいと思います。

最初に足やすねがつる原因をそれぞれ挙げていき、次に睡眠中に症状を起こさないように対策する方法をお伝えしていきます。

足がつる原因


つる症状は筋肉が急に大きな痛みを伴い、筋肉の痙攣や収縮が繰り返す事を言い、数秒~数分と続くため非常に辛い事だと思います。

足やすねがつる原因は主に筋肉の疲労・靴選び・水分摂取量・冷え・栄養の偏りなどが考えられます。

激しい運動をすると足に大きな負担が掛かり、それを回復させるための栄養や酸素が間に合わなくなり、原因を作る事となってしまいます。

またヒールなどの靴はすねの部位を痛める事となります。

足がつる理由は水分摂取量の少なさにもあり、血流がドロドロになって栄養と酸素を全身に送る事が出来ないため、原因になる事が判明しています。

また冷えも血行を悪くする事から、同じ様な事情で症状が出ます。

栄養でもミネラル類(カルシウム・マグネシウム)やビタミンB1が不足するとすねの部位がつる原因を作り、睡眠中に痛みを伴う原因になります。

カルシウムは筋肉の動きを正常に保つ働きを持っています。

そしてマグネシウムはカルシウムの動きに問題が出ないように調節して、ビタミンB1は脳からの命令を正確に体に反応させる役割を持った栄養です。

また足や脛がつる原因はタウリンが不足している事もあるので、注意します。

スポンサードリンク


睡眠中とすねの原因


睡眠中につる原因は水分不足が関係している事があり、人間は寝ている間に水分を取れないため、何時間も血流がドロドロとなります。

そのせいで睡眠中は血流の循環が機能しなくなり、突然足がつる事となります。

また寝ている最中に症状が出る人は筋肉の疲労で症状が出る事もありますが、冷えも大きな問題で、冷えた状態の足ではつる原因になってしまいます。

特に夏などの季節で毛布を掛けずに寝たり、クーラーを掛けっぱなしだと睡眠中に痛む事となります。

運動不足の方や高齢者は筋肉が衰えてきて、栄養や酸素が足までに運ばれず、筋肉はポンプの様な役割でもあるので、ウォーキングをすると睡眠中の原因を改善出来ます。

ちなみに頻繁に睡眠中の間足がつる人は病気の可能性があります。

それは脳腫瘍・糖尿病・脳腫瘍・椎間板ヘルニア・閉塞性動脈硬化症・脊柱管狭窄症などが睡眠中の原因と考えられるので、整形外科で足やすねを診察すると良いです。

またすねの部位がつる人の原因は運動のやり過ぎが考えられます。

これはシンスプリントと呼ばれ、足の筋肉が疲労している傾向にあるため、タウリンを含むイカやタコを食べると改善に役立ちます。

またすねの原因はヒールなどの靴も問題で、治すにはスニーカーを履いて過ごす事が有効で、底がクッション性の衝撃を吸収するスニーカーならさらに足に優しいです。

スポンサードリンク



足やすねを治す方法


急に足やすねに異常が出る原因が分かったと思うので、睡眠中の痛みを対策するためにも予防方法を紹介したいと思います。

足やすねの対策方法

ミネラルを摂取する
寝る前に水を飲む
生姜湯を飲む
すねをストレッチする

以上が足がつる原因を対策するのにおすすめの方法です。

栄養は原因の一つですが、カルシウムは牛乳・チーズ・海藻類などで摂取すると良く、マグネシウムはナッツ類や納豆で手軽に摂取出来ます。

またビタミンB1はベーコンやハムなどの肉類が含んでいます。

足のすねの部位がつる原因は水分不足でしたが、寝る前に200mlほどの水を飲むと血流の流れを良くして、睡眠中の痛みを避ける事が出来るのです。

また睡眠中に症状を出さないために生姜湯を飲むと良いと思います。

足やすねがつる原因には冷えがありましたが、生姜は体を温めるため血行を良くする事に有効で、睡眠中の冷えも防いで症状を予防します。

しかも作り方は簡単で、すりおろした生姜小1に熱湯100㏄を注ぐと完成です。

これを朝と夜にそれぞれ1杯ずつ毎日飲むと足やすねがつる事が少なくなり、睡眠中の冷えも防いで原因を取り除く事が可能です。

美味しくないと思う方はハチミツを入れると栄養も摂取出来ておすすめです。

また足のすねがつる原因は筋肉の疲労でもあるので、今から二つの簡単なストレッチの方法を紹介したいと思います。

すねのストレッチ

1 立った状態で片方の足を少し後ろに付けて、つま先だけを床に付けます。
2 かかとを前に伸ばす感じにしてすねの前の部位を伸ばします。
3 次はすねの裏側ですが、まず椅子に浅く腰を掛けます。
4 続いて片方の足を前方に伸ばします。
5 すねの裏側をさするようにして優しく10回程撫でます。

以上がつる原因を改善してくれるのでおすすめします。

睡眠中にあの地獄の様な痛みに起こされたくない方は寝る前にするのがおすすめなので、毎度起こされる方は毎日やりましょう。

以上で足がつる原因と睡眠中の対策について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ