足がつる原因と対策!土踏まずの痛みは靴が関係する!?


土踏まずが痛いだけでなく足がつるという方は、原因が何なのか気になると思うので、身近にある食べ物や習慣で問題な事を挙げていきます。

3f1bb12bf094667dd374044c90931969_s


また対策方法を紹介するので、早く治したい方は見る事をおすすめします。

最初に足がつる理由と土踏まずが痛む原因について説明して、次に簡単に出来る対策方法をお伝えしたいと思います。

足がつる原因


つる症状は土踏まずや足の部位に激しい痛みを受けながら、筋肉が痙攣や収縮を繰り返す事を言い、数秒~数分の間は続くため個人差もあります。

気になる原因ですが、水分不足・冷え・筋肉の疲労・栄養の偏り・加齢・薬品・姿勢の悪さなどが土踏まずなどがつる要因を作ります。

水分不足は血液がドロドロになって、栄養と酸素を体に送る事が出来ません。

そのせいか土踏まずがつる原因を作る事となり、冷えも血行を悪くする事から同じ理由で症状が出る事が分かっております。

筋肉の疲労は激しい運動を繰り返すと足がつる原因を作ると分かっています。

その理由は短期間に足や土踏まずに大きな負担を掛けて、必要な栄養と酸素の供給が追い付かなくなり、つる原因になるとされています。

またミネラル類・ビタミンB1・タウリンなどの栄養補給も大切です。

ミネラル類のカルシウムは筋肉の動きを正常にして、マグネシウムはカルシウムの動きを上手く調節して、ビタミンB1は脳の指令を正常に保つ機能を持ちます。

またタウリンは筋肉の疲労を回復させて、足がつる原因を取り除き対策となります。

姿勢の悪さも土踏まずなどの安定性を失っていくので足がつる原因となり、年齢を重ねるに連れて体型のバランスも崩れるので対策が必要です。

スポンサードリンク


土踏まずの対策方法


足だけでなく土踏まずがつる原因は長時間のランニングや立ち仕事が関係しており、そのせいで裏側の筋肉が疲れて筋肉が硬くなるとされています。

そうなると土踏まずの体重を支える能力が衰え、足がつる原因になります。

また対策方法に靴選びが重要であり、女性に多いヒールみたいな靴を履くのも悪影響なため、なるべくスニーカーを履く事にした方が良いです。

土踏まずの部位が出っ張っている靴を履かないという対策方法が良いです。

特に足の裏側部位がクッション性になっている靴がおすすめで、これをすると足がつる原因を一つ改善する事が出来ると思います。

また土踏まずが痛い場合はストレッチで対策する方法も有効なので、今から紹介したいと思います。

ストレッチの方法

1 まずはその場に立ち、足を裏側を浮かせるようにつま先だちします。
2 土踏まずの部位を伸ばすように縦に伸ばします。
3 最後に地面に付いた指先の部位で、足首を回します(片足づつでも良い)。

以上が土踏まずがつる原因を取り除くストレッチとなります。

このストレッチによる対策方法はお風呂上りにすると効果が高いため、もしつる事が多い人は原因改善のためにこの方法を試しましょう。

基本的には土踏まずを使う事が多い立ち仕事の方は毎日すると良いです。

スポンサードリンク



つる時の対策方法


足がつる原因は沢山ありますが、キッチリ対策していくと必ず予防は出来るので、土踏まずが痛い人も是非行ってください。

つる時の対策

半身浴をする
寝る前に水を飲む
ミネラルを摂取する
軽いストレッチをする

以上が足がつる時に有効な対策方法となります。

まず原因の一つである冷えは半身浴を10~20分すると効果的で、お風呂の中で足を伸ばしたりするのも効果的なのでおすすめで、靴下を履いて生活するのも良いです。

また足がつる事が多い人は寝る前に水を飲むと効果的な対策となります。

人間は寝ている間に水分を摂取出来ないため、血流がドロドロになる傾向にあり、血流が悪くなると栄養と酸素を全身に送れずに足がつる原因になります。

そのためコップ1杯の水を飲んで対策を取る事が大切なのです。

足や土踏まずがつる事が多い方は、まずカルシウムを含む牛乳・チーズ・ヨーグルトなどで摂取して、さらにマグネシウムを含むナッツ類を食べる事が対策となります。

この二つの栄養を摂取すると筋肉の機能を正常に動かす事が出来ます。

またビタミンB1は納豆・卵・ベーコン・ハムなどで簡単に摂取する事が出来て、足や土踏まずがよくつる方は、これらの摂取して原因を改善する対策を取りましょう。

特に体が上手く動かせない感じがする人はビタミンB1を摂取すると良いです。

スポーツをする人は特に準備体操やストレッチを大切にしましょう。

ストレッチは後方にある足の部位を伸ばす感じにすると対策になるので、毎日これをやると血流が良くなるので頑張りましょう。

以上で足がつる時の対策方法について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ