足がつる原因!指は冷えの対策が必要!?


足や指がつる原因は冷えなどが絡んでいると分かっていますが、ここではあらかじめ必要な栄養や気を付けるべき習慣をお伝えします。

2668e12b238846f8b5d81b7e9ceb7e8e_s


また冷えた時にすぐに体を温める方法も紹介します。

最初に足や指がつる事となる原因を幾つか説明していき、次に症状を改善する方法を紹介するので興味にある方は見てください。

足がつる原因とは


まずつるという意味は筋肉に大きな痛みを伴い、痙攣と収縮を繰り返す症状を示しており、この状態は数秒は続く事となります。

足や指がつる原因は運動のやり過ぎ・冷え・栄養・姿勢の悪さ・加齢・水分量の低さなどが考えられます。

激しい運動を短期間に行うと筋肉が疲労するだけでなく、栄養が足や指に回らずつる原因を作るとされており、休む事も大切です。

また冷えは血流を悪くするため、栄養と酸素が届きにくくなります。

そうなると冷えは足や指がつる原因を作る事となり、水分をあまり取らない人も同じように血流がドロドロになって、症状を引き起こす事なります。

当然変な姿勢ばかりで生活していると正常に血流が動きません。

また栄養の方よりも問題で、主にミネラル類やビタミンB1の摂取が必要です。

ミネラル類のカルシウムは筋肉の収縮を操作する作用があり、マグネシウムはカルシウムの動きを微調節する事が足や指がつる原因に有効です。

またビタミンB1は脳に対する命令を正しく体に反映させるため効果的です。

運動をよくする方で足や指がよくつるという方は、タウリンの枯渇も問題であり、筋肉の疲労を回復させて動きを良くさせるので、原因の改善のため摂取が必要です。

ちなみに加齢を伴うと必然的に足や指がつる傾向が高くなります。

スポンサードリンク


指の冷えを防ぐ方法


冷えは足だけでなく特に指の血行を悪くさせる原因となるため、今回は体を温めてつる原因を簡単に取り除く方法を紹介します。

まず効果的なのは靴下を履く事で冷えを防ぐ事を考えます。

しかし、注意点としては寝る際に靴下を履いた状態では汗を掻き、逆に足や指の冷えを招いてしまい原因を作るので、寝る時は外す事にしましょう。

また夏は長時間のクーラーでやられる事もあるので、注意します。

足や指がつる状態を改善するためには足湯が最も有効で、入浴時はくるぶしの部位から指で3本分の高さまでお湯に浸けると冷えの原因を改善出来ます。

お湯の温度は38~42度にして、10~20分浸かると最適な状態となります。

この入浴方法をすると下半身の冷えを取り除くだけでなく、体全身を温めると分かっているので、つる原因が冷えの場合は非常にいい方法となります。

しかし、食事が終わって2時間以内に行うと体に悪いので控えましょう。

また足や指が冷えてしまう原因は運動不足にもあり、たまには外を歩くケースを増やす事も大切なので、靴下を履いて運動をするとつる症状を治せます。

指は床に直撃している部位なので、冷えやすい事から対策をしっかりやりましょう。

スポンサードリンク



足がつる時の対策方法


当然のことながら足や指がつるという方は、それなりの原因があるので今からそれの要因を改善する方法を紹介するので、冷え以外の問題と思う方は見てください。

足がつる時の改善法

ミネラルを摂取する
牛乳を飲む
水を1時間1回飲む
ストレッチをする

以上が足や指がつる時に有効な対策方法となります。

ミネラルのカルシウムは牛乳を飲むと摂取する事が可能で、マグネシウムはナッツ類が豊富に含んでおり、特にアーモンドは最も多いとされています。

原因の改善に栄養補給が大切で、納豆も含有量が多くおすすめです。

また納豆はビタミンB1を豊富に含んでいて、足や指がつる場合は毎日食べるのが良く、ビタミンB1の不足が原因ならベーコンや卵を食べると摂取が手軽です。

スポーツをする方は特に小まめに水を飲まないと血流が悪くなります。

冷えが足や指がつる状態を作りますが、実際には血流が問題なので、原因を取り除くためにもストレッチをするのが良く、二つの方法があります。

一つはスクワットをする方法なのですが、実は効果を発揮できない原因があります。

スクワットは後方にある足を伸ばす事が大事なのですが、伸ばす事をせず形だけ作るため、指がつる原因を改善する事が出来ず、冷えも招きやすいです。

また足のつま先だちをして、伸ばす感じを維持すると指に好影響です。

これをするうと冷えでつる場合以外にも有効な方法で、原因が血流の悪さなら特に大きな効果を発揮するので重宝する方法です。

以上で冷えと足がつる原因について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ