コーヒーの効果で癌予防!インスタントとの違いとは


現代人は食生活の乱れのせいか癌の発症者が増えていますが、そんな今の時代にはコーヒーを飲むと有効で、カフェインの効果で予防する事が可能です。

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s


ここでは飲んだ時に現れる効能とインスタントの違いについて紹介します。

まずはコーヒーの効果がなぜ癌を防ぐ事が出来るのか説明して、次にインスタントと通常の物の違いについてお伝えしていきます。

コーヒーの効果と癌の関係


肥満や高血圧の方は肝臓を弱らせて肝臓癌になる事がありますが、食べ物の中でも大きな原因である肉類などの負担をコーヒーの効果が減らします。

それは脂肪を分解する役割を持つ「リパーゼ」を含んでいるからです。

その効果で癌を予防する事に効果的とされており、コーヒーが含んでいる「カフェイン」は精神安定作用もあるため、ストレス解消に繋がります。

ストレス解消に繋がると癌の予防にも役立つ事となります。

また飲酒を頻繁にする方はアルコールで肝臓を弱らせる事が多く、そんな時にコーヒーの効果が有効で、コーヒーを飲むと肝臓の負担が減ります。

これらの事から癌予防にはとても良いと判明しています。

実際に「クロロゲン酸」という成分が癌細胞の転移や繁殖を防ぐ効果があるとされており、1日1杯以上飲む人は飲まない人より死亡リスクが半数となります。

基本的にはお酒を飲む前にコーヒーを飲むと肝臓の負担を減らす効果が高いです。

また癌を予防する以外にも肥満などの原因を改善する事にも繋がり、コーヒーを飲んで30分後には脂肪燃焼効果が2倍になるので、運動をすると有効です。

この時はウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動が癌予防に繋がります。

スポンサードリンク


インスタントコーヒーの効果


やはり喫茶店で直接入れて飲むものと違うインスタントコーヒーは、成分が悪くて癌予防効果は低いと思われがちですが、そんな事はありません。

確かに風味や旨みは消される面もありますが、成分が落ちる事はありません。

インスタントコーヒーはコーヒー豆から出た抽出液を乾燥させた物なので、通常の物より少し成分が落ちますが、それでも充分に癌予防効果があります。

しかし、インスタントコーヒーの商品によっては違いがあります。

例えばノンカフェインなどの商品などもあるため、入っている成分をしっかりと見た上で購入すると良いので、自分に合ったものを買いましょう。

実はインスタントコーヒーでも美味しい飲み方があります。

その方法は非常に簡単な方法であり、まずは適量のインスタントコーヒー粉を入れて、そこにスプーン一杯分の水を入れて練り混む事です。

その後は通常通り温かいお湯を注ぐだけでとても美味しくなります。

またインスタントコーヒーの中でも「ネスカフェ」が本格的な味で美味しいとされているので、癌予防効果に期待している方は購入する事をおすすめします。

ちなみにインスタントコーヒーを飲む時のお湯は80~90度が美味しいです。

スポンサードリンク



癌予防に効果的な飲み方


癌を予防するために飲むのは良いのですが、1日にインスタントコーヒーを飲み過ぎてしまうと健康になるどころか害が出てきます。

特に1日4杯以上飲む人は飲まない人より平均で1.8倍死亡リスクが高いです。

癌予防のためにもインスタントコーヒーを飲むにしても1日3杯までにするのが効果的で、飲み過ぎると眠気を取り除き不眠症になります。

ちなみにコーヒーのカフェイン効果は20~30分後に出始めます。

それから8~14時間継続するため、朝や昼に飲むのがおすすめで、インスタントコーヒーで癌を予防した方は生活習慣にも気を付けるべきです。

癌予防の原因である暴飲暴食に悩んでいる方はコーヒーを飲むと効果的です。

やはり食べ放題などで食べ過ぎると消化が大変なので、とても肝臓に負担が掛かるので、そんな時にインスタントコーヒーを飲むと胃液を分泌出来ます。

すると消化がスムーズになり、ストレスの解消にも良いので効果があります。

また短期間にインスタントコーヒーを飲み過ぎると胃が荒れてしまうため、飲む時は間を空けて飲む事と食事を少量でも取り、胃の負担を減らしましょう。

以上で癌予防の情報について終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ