足がつる原因とふくらはぎはスポーツが問題!?対処方法とは


足がつるだけでなくふくらはぎまでが痛いという人は、スポーツが原因である可能性があり、ここでは対処方法をお伝えします。

db24dc4584823403b942fc3a2f267eae_s


またふくらはぎにまで悪影響が及ぶ理由をお話しします。

最初に足がつる原因を幾つか紹介していき、次に激しいスポーツをした時の影響を説明するので、対処法が気になる方は見てください。

足がつる原因


人の体は血流によって栄養や酸素を送られ体を維持していますが、足がつるという状態は筋肉に痛みを伴い痙攣や収縮を繰り返す症状を言います。

この原因は様々ですが、数秒~数分は続くのでとても辛いです。

足がつる原因は基本的には筋肉の疲労・ミネラル類の枯渇・激しいスポーツのやり過ぎ・病気・体の冷え・水分の減少・姿勢の悪さなどが考えられます。

まず筋肉疲労はふくらはぎまで影響が出やすく、筋肉の使い過ぎが原因です。

足がつるのはスポーツで無理な動きをして、足に回る栄養や酸素が間に合わなくなって、スポーツをしている方がよく耳にする乳酸が溜まりまくるからです。

乳酸が短期間で溜まるとつる原因となり、痙攣の症状が出ます。

また体の冷えは血流を悪くして栄養や酸素が行き辛くなり、足がつる原因となる事があり、体内の水分が少ない場合も血流が悪くなる事から同じ理由で要因を作ります。

水分不足の場合は朝起きた時にふくらはぎを痛める事が多いです。

なぜなら睡眠中は水分を摂取出来ないという事が絡んでおり、足がつる原因はその他にも姿勢の悪さにもあるため、それを治す事にしましょう。

ちなみに栄養はカルシウム・リン・マグネシウム・カリウムがふくらはぎに必要なので、これらを摂取すると良いでしょう。

スポンサードリンク


つる時の対策


やはりスポーツをすると汗からミネラルが流れるため、足がつることやふくらはぎの痛みの原因になるので、対処方法をお伝えします。

足の対策方法

アーモンドを食べる
水を1時間1回は飲む
ストレッチをする
納豆を食べる

以上が足のつる原因を取り除く方法となります。

スポーツをしている方はふくらはぎを痛めやすいですが、そんな人はアーモンドなどのナッツ類を食べて、ビタミンB1・カルシウム・カリウムを補給すると良いです。

しかし、1日10粒までに抑えないと太るので、気を付けましょう。

足がつるのは水分不足にも原因があるため、1時間は1回は水を飲む事が大切なのでスポーツでふくらはぎを痛めやすい人は、水を飲む対処が良いです。

またストレッチをしてケアする事が大切だと思います。

やり方はまず肩幅まで足を開き、つま先だけで立つ状態にしてふくらはぎが伸びる感じで、足を出来るだけ伸ばすとつる原因を取り除く事が出来ます。

スポーツをする前の人にもお勧めできる方法です。

また納豆は血栓という血の塊を取り除く作用があり、血流が良くなる事から、足がつる原因を取り除く事に期待出来るのでふくらはぎが痛い人におすすめです。

毎日1パックを目安に摂取するとスポーツ選手には嬉しい筋肉が付きやすいです。

大豆製品という事もあって良質なたんぱく質を含んでおり、筋肉が付きやすいので、今後食べ続ける事をおすすめします。

スポンサードリンク



ふくらはぎの対処法


サッカーやバスケなどスポーツをする学生さんは足がつる原因を多く作る事があり、ふくらはぎも痛いと思うので、対処法を紹介します。

スポーツの対処法

睡眠をしっかり取る
半身浴をする
スポーツドリンクを飲む
寝る前に水を飲む

以上がスポーツをしてふくらはぎをつる人におすすめの方法です。

まず足に乳酸が溜まる人は足がつる原因になってしまうため、それを取り除く事が大切ですが、最近の若い学生はスマホや深夜アニメで寝る時間が遅いです。

そのためスポーツをしている方は特に睡眠が大事で7時間は寝ましょう。

またふくらはぎをつる事が多い方は、乳酸が溜まった足をお風呂にゆっくり浸かると血流が良くなり、治るのが早くなるので原因を作っている人におすすめです。

半身浴は体のへそまでお湯に浸け、10~20分入ります。

スポーツをしてよく汗を掻く人はスポーツドリンクを飲む事が多いですが、実は足がつる人におすすめの成分である「クエン酸」を含んでいます。

クエン酸は体の乳酸を取り除くため、ふくらはぎの痛みとなる原因を取ります。

足がつる事が多い人は体の回復が大事で、スポーツをしている人が絶対やるべき事は水を寝る前に飲む事であり、人間は睡眠中水分を取れません。

そのせいで血流が悪くなり、栄養と酸素が全身に行かず足がつる原因となります。

寝る前に200㏄ほどの水を飲む事で朝起きた時のふくらはぎの異常を防ぎ、体の調子も良いためスポーツ選手は是非やりましょう。

以上で足のつる原因について終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ