喉の痛みは飲み物にはちみつやレモンを入れると効果的!?


喉の痛みが辛い時は飲み物を飲んで簡単に治したい所ですが、熱湯にはちみつやレモンを入れるだけでも効果的なので詳細を説明します。

3adf6467487dea796088ea058453d37f_s


また対処方法や原因を紹介するので気になる方は見てください。

最初の喉の痛みにの原因とはちみつレモンの効能について説明して、次に有効な飲み物を幾つか挙げていきたいと思います。

喉の痛みの原因と対処


まず喉の痛みの原因ですが花粉症・風邪・心筋炎・気管支炎・インフルエンザ・自律神経の乱れ・喘息・歌い過ぎ・アレルギー・空気の乾燥などが原因とされています。

基本は風邪とインフルエンザが半数の原因と言われています。

喉の痛みや咳の症状が一週間続く方は風邪ではない可能性が高く、その場合は病院に行って診察する事をおすすめするので急いでください。

ちなみに喉の痛みの対処法はまず窓を閉め切る事も大切です。

乾燥を防ぐ事が大切で、またマスクを着けると空気の乾燥を防ぐ症状を良くする事も可能で、冬や秋などの寒い時期は窓を閉め寝ましょう。

また喉の痛みにはうがいが有効で、お茶をすると殺菌作用で風邪に良いです。

この時温かいお茶ですると扁桃腺が開き痰も出やすくなり良いのですが、冷たいお茶ですると扁桃腺が締まり痰も出にくいので温かいものでやりましょう。

喉の痛みは乾燥を防ぐと良いので鼻呼吸にするのも効果的です。

ちなみにタートルネック・マフラー・タオル・スカーフなどを首元に巻くと体が温まるだけでなく、菌の増殖を防いで喉の痛みの状態を良くしてくれます。

これは寝る時にするのも良いですが、靴下は寝る時に付けれると逆効果なので控えた方が良いと思います。

スポンサードリンク


はちみつとレモンの効能


喉の痛みにはちみつを飲み物に入れると良いのですが、その理由はアメリカで行われた研究で、はちみつが子供用の咳止め薬以上の効果があると判明されたからです。

また殺菌作用を持っているため、風邪のウィルスを除去して喉の痛みに有効です。

殺菌作用ははちみつの「グルコースオキシダーゼ」という酵素が、空気と結びついて過酸化水素という物質を作りその作用が出ると分かっています。

喉の痛みによる炎症や腫れも治すのではちみつを飲み物に入れると有効です。

またレモンは「ビタミンC」による殺菌作用と喉の痛みの原因である炎症を修復してくれるため、絞って飲み物に入れる方も多いです。

次にはちみつとレモンを混ぜた飲み物を紹介したいと思います。

ホットはちみつレモンの作り方

材料(1杯分)

熱湯        200㏄
レモンの絞り汁   小1
はちみつ      小2
生姜(あれば)    少量

1 レモンを絞る(面倒な方はポッカレモンでもOK)
2 はちみつとレモンをグラスに入れる
3 グラスに熱湯を200㏄注ぎ擦り下ろした生姜を入れる

以上が喉の痛みに有効なので是非とも飲んでみてください。

ホットはちみつレモンは朝と夜1杯ずつ飲むのがおすすめで、喉の痛みが酷くて早く治したと願っている方は生姜を入れると効果が増します。

スポンサードリンク



喉の痛みに有効な飲み物


喉の痛みに効果的な飲み物はホットはちみつレモン以外にもあるので、これから効き目があるとされるものを紹介していきます。

効き目がある飲み物

紅茶

この飲み物にはタンニンによる殺菌作用がありますが、その他に「テアフラビン」はインフルエンザも殺菌して、菌の活動と増殖を抑えるため喉の痛みに良いです。

生姜湯

生姜には喉の炎症を抑えて咳を止める作用がありますが、免疫力も上げるため、チューブではなく擦り下ろして飲み物に入れると有効です。

白湯

喉の痛みに良いというよりかは体を温めるという事に期待が出来て、はちみつやレモンを入れるのも相性が良く簡単に摂取する事が出来ます。

卵酒

この飲み物は胃に優しく良質なたんぱく質と栄養を含んでいて、「リゾチーム」という成分で咳と痰を切り喉の痛みに良い飲み物となります。

アセロラジュース

大量のビタミンCを含んでいて実はレモンより多いビタミンCを含んでいて、喉の痛みの炎症を修復するため、飲んでみると良いです。

以上が喉の痛みに有効な飲み物です。

はちみつレモンを飲むのが一番良いですが、辛いスープ・冷たい牛乳・コーヒー・炭酸飲料・お酒などは飲んでは絶対にいけません。

以上で喉の痛みとはちみつレモンについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ