コーヒーの効果と副作用!やる気と体調にも影響が出る!?


朝起きると私達は当たり前のようにコーヒーを淹れて飲んでいますが、実は飲み過ぎると効果の影響で副作用が出てしまう事があります。

87cd218812a5f38195b7e1203a4838c0_s


またやる気にも影響が出るため、悪影響を及ぼさない飲み方を紹介します。

最初にコーヒーの効果や副作用がどのようなものか説明して、次にやる気や体調を悪くしない飲み方をお伝えしていきます。

コーヒーの効果とは


現代人はストレスや肥満などの生活習慣病に悩まされる方が多いですが、コーヒーの効果はこれらの症状にとても良いので、今から飲んだ時の効能を紹介します。

コーヒーの効果

脂肪燃焼作用
リラックス作用でやる気の上昇
二日酔いや頭痛の改善効果
飲酒による肝臓の負担を下げる
善玉コレステロールを増やす
むくみを治す美容作用
血流を良くして心筋梗塞を防ぐ

以上がコーヒーの効果となっています。

これらの通りコーヒーの効果は副作用さえ気を付ければとても体に良い飲み物で、主にカフェインという成分が脂肪燃焼作用を含んでいます。

これは腸内にある脂肪分解酵素である「リパーゼ」を刺激するからです。

そのせいかコーヒーを飲んで30分後ぐらいには、脂肪燃焼効果が2倍になる事が判明しており、善玉コレステロールを増やして脳梗塞や心筋梗塞を防ぎます。

コーヒーの効果はリラックス作用もあるため、ストレス解消にも役立ちます。

また二日酔いの原因となる成分である「アセルアルデビド」をカフェインが体外に追い出す効果があるため、二日酔いと頭痛を改善します。

飲酒による肝臓のダメージも軽減出来るため、飲酒前に飲むと良いです。

コーヒーは心筋の働きを上げる効果があるため、癌の予防となる事も分かっており、高血圧の改善に繋がるので副作用を気を付けて飲むと良いでしょう。

眠気の解消にも繋がり、やる気が出るため試験勉強にも打ってつけです。

日頃からむくみが酷い人がコーヒーを飲むとカフェインの影響により、余分な水分が抜けてむくみを改善するので、美容にも嬉しいと言えます。

スポンサードリンク


コーヒーの副作用とは


先ほど説明した通りコーヒーは副作用さえ気を付ければ非常に良い効果を持つのですが、飲み過ぎてしまうと以下の問題が起きてしまいます。

コーヒーの副作用

不眠症や頭痛
自律神経の乱れ
下痢や水分不足
カフェインによる貧血
口臭や肌荒れ
やる気の減少

以上がコーヒーの効果で現れる副作用となっています。

不眠症や頭痛が出てしまうのはカフェインが関係しており、カフェインの影響を受けると眠気を取り除きやる気がアップしますが、眠りづらくなる副作用が出ます。

その効果は20~30分後に始まり、8~14時間継続されると言われています。

コーヒーを夕方に飲むと効果が出始めるせいか、夜寝るのが難しい人が多く不眠症になる事があり、カフェインの影響を受け過ぎると自律神経が乱れます。

そのせいで頭痛・立ちくらみ・めまい・精神の不安などの副作用が出ます。

またコーヒーの効果は胃を活性化させますが、飲み過ぎると荒れてしまうため、下痢になってしまうケースがあるので、汚物の排出と同時に体内の水分が奪われます。

胃の荒れは肌荒れに繋がり、水分不足にもなるという副作用が出ます。

またコーヒーの効果を大部分と言えるカフェインは体内の鉄分を壊す事があるので、貧血となる事があり、口臭も酷くなる事があります。

ちなみにやる気がない人がコーヒーを飲むとやる気が出るのですが、元々意欲的な人が飲むと逆効果となるので注意しましょう。

スポンサードリンク



副作用を出さない飲み方とは


コーヒーの効果を上手く活かすためには眠気とやる気をコントロールする事が大前提ですが、基本的には1日3杯まで飲むと大きな副作用は回避出来ます。

しかし、短期的に飲むばかりすると下痢などの副作用は避けるのが難しいです。

また夜寝る前の4時間前にコーヒーを飲むとカフェインの効果で寝るのが困難になるので、

飲むのなら昼や朝に飲む事をおすすめします。

学生の方でコーヒーが好きな方は少しずつ飲むと良いです。

カフェインは一気に摂取して飲むよりも少しずつ飲んだ方がやる気が出やすくなり、副作用もそちらの方が出にくいのでおすすめです。

またコーヒーでは水分補給にならないので水分も摂取しましょう。

ちなみにカフェインの効果で下痢になってしまった時は食事を控えて、小まめに水を飲むと水分不足を防げて体のダメージを減らす事が可能です。

しかし、コーヒーの副作用は本当に恐ろしいもので死亡率も変わってきます。

毎日コーヒーを4杯飲む方は飲まない方に対して、最低でも1.5倍以上死亡率が高いと判明しているため、3杯までに抑えた方が長生きできるでしょう。

以上でコーヒーの効果とやる気や副作用の関係について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ