喉の痛みの治し方と飲み物!紅茶に蜂蜜が治療に役立つ?


風邪を引いたのか喉の痛みが酷くて不快感を感じている人は、治し方が気になると思うので、治療に役立つ飲み物と紹介したいと思います。

4fff2493a0f26940014cf17f4b93ccc9_s


また紅茶を入れた蜂蜜は非常に喉に優しいので、効能をお伝えします。

喉の痛みの原因が気になる方もいると思うので原因と治し方を説明して、次になぜ飲み物の紅茶に蜂蜜が良いのか解説します。

喉の痛みの治し方


やはり喉の痛みと同時に現れやすい症状は咳が代表的ですが、咳が一週間以上経過しても治らない場合は風邪ではない可能性があります。

その場合だと通常の治し方では治らない事が多いので、診察をおすすめします。

喉の痛みの原因として考えられるのは花粉症・気管支炎・インフルエンザ・心筋炎・喘息・喉頭がんなどが候補に挙がり、咳が酷いようですと病院に急いで行きましょう。

次に喉の痛みの治し方ですが、これは喉の乾燥を防ぐと良いです。

冬や秋などの寒い時期に窓を開けっぱなしにして眠ると朝に痛みを伴う方が多く、それを防ぐためにもタートルネック・マフラー・タオルなどを巻いて寝るのが有効です。

治し方としては鼻呼吸に変えると喉の乾燥を防げて有効です。

また喉の痛みの対策として窓を閉めるのが有効で、治し方の一つはマスクを着用する事でこれをすると喉に届く空気が湿って乾燥を防ぐ改善してくれます。

治し方は他にもあり、それは紅茶などのお茶でうがいをすることです。

これをすると喉の痛みの原因ともなっているウィルスを殺菌作用により消滅させて、温かい紅茶でやると扁桃腺が開き、痰が出やすい状態となります。

この治し方は水でうがいをする方法でもいいのですが、冷たい水でやると逆効果なので、止めた方が良いです。

スポンサードリンク


紅茶や蜂蜜が有効!?


喉の痛みに有効なのは紅茶蜂蜜とされていますが、飲み物による治し方でなぜこの二つが有効なのか説明したいと思います。

まず紅茶には「カテキン」という成分で殺菌作用があります。

そのためこの飲み物を飲むのが治し方でおすすめとされているのですが、他にも喉の痛みの原因であるインフルエンザウイルスの増殖や活動を抑えてくれます。

これは紅茶の「テアフラビン」という成分による効果で、即効性が大きいです。

通常のお茶はテアフラビンを含んでいたないため、飲み物の治し方でも紅茶はとても優秀であり、喉の痛みの5割はインフルエンザと風邪とされています。

また飲み物の治し方以外にも蜂蜜も喉の痛みを治すのに有効です。

蜂蜜には「グルコースオキシダーゼ」と呼ばれる酵素があり、空気中の酸素を利用してとても強い殺菌作用を持っており、ウィルスを倒して風邪を治します。

そのため喉の炎症を抑えて喉の痛みを治すという事に有効です。

また蜂蜜には咳止めの効果が高く、子供用の咳止め薬以上とアメリカの研究で分かっているので、飲み物に入れて飲む治し方が非常に有効です。

紅茶と蜂蜜を混ぜると非常に喉の痛みに効果的という事になります。

スポンサードリンク



避けるべき飲み物


飲み物による治し方がある一方で喉の痛みを悪化させる飲み物もあり、それはコーヒー・唐辛子スープ・お酒・炭酸飲料です。

これらは刺激物となるため、治るまでは控えないとなりません。

また紅茶に蜂蜜を入れると黒く変色してしまう事があるので、それを防ぐためにも蜂蜜は小さじ1杯までに抑えて飲むと良いでしょう。

黒く変色した場合でも無害なので、そこは安心してください。

紅茶を入れた蜂蜜を飲んで喉の痛みを治すという治し方をする場合は、毎日朝と夜に飲むのがおすすめで、100mlは度々飲むと良いでしょう。

ちなみに味噌汁などの飲み物はネギを入れると治りが早いです。

また喉の痛みは粘膜が炎症によって起こる症状でもあり、粘膜を修復すると治し方として有効であり、それにはビタミンやミネラル類が必要となります。

紅茶はビタミンB1・B2・ナイアシンなど豊富に含んでいて非常に有効です。

蜂蜜は紅茶以外の飲み物に入れて飲んでも全く問題はない治し方なので、喉の痛みを治す際はそれでも良いのですが、常に温かい飲み物を飲まないと逆効果です。

以上で喉の痛みを飲み物で治す治し方について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ