豆乳の効果!女性の不妊や閉経への影響とは


中々妊娠せずに不妊に悩んでいる女性には豆乳が効果的で、女性ホルモンを増やす事が出来るため閉経を迎えた方にも摂取してもらいたい成分です。

804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s


ここでは摂取した時の影響を紹介していきます。

まずは女性が豆乳を飲んだ時の効果を説明して、次に不妊や閉経にどのような影響が現れるのか解説したいと思います。

豆乳と不妊の関係


女性の方で不妊に悩んでいる方に豆乳を飲んだ時の効果をさっそく紹介するので、気になる方は是非とも見てください。

不妊に効果的な理由

胎盤に血液が行きやすくなる
活性酸素を減らす
受精卵が子宮に着床しやすくなる
ホルモンバランスを整える
生理が安定しやすくなる

以上が女性が飲むと不妊が良くなるという豆乳の効果です。

豆乳が含む「レシチン」は血流を良くする作用があり、これによって子宮と胎盤を繋ぐ血管の流れも良くなり、酸素や栄養が子宮に届きやすいです。

女性は子宮の動きが良くなり、栄養と酸素が胎児に行きやすくなり不妊を防げます。

また豆乳の成分「サポニン」は脂肪の吸収を防ぎ、活性酸素という卵巣を老化させる成分を取り除く抗酸化効果があり、不妊を防ぐ事が可能です。

活性酸素はストレス・運動不足・偏った食事などで増えるので注意しましょう。

豆乳の効果は卵巣を若返らせるだけでなく、「イソフラボン」という女性ホルモンと同じ動きをする成分で不妊を防ぐ体型になっていきます。

骨を丈夫にして皮下脂肪を増やす作用があり、子宮内膜を成長させます。

生理前に豆乳を飲むと生理周期が不安定になるため、終わってから飲むと効果的で、不妊以外に閉経を迎えた女性にも有効と言えます。

ちなみに冷え性も治って生理痛も良くなるため女性は是非飲みましょう。

スポンサードリンク


閉経に影響する効果


豆乳の効果が最も必要なのは閉経を迎えた女性で、35歳からエストロゲンは次第に減っていき妊娠する力も衰えるため不妊に繋がります。

エストロゲンは肌にツヤを出し、中性脂肪を抑える働きがあります。

しかし、年齢を重ねると閉経を迎えてエストロゲンは無くなってしまうため、豆乳の効果で補う事によって女性は健康や美容を維持させる事が出来ます。

エストロゲンはカルシウムを骨から出さない働きがあります。

歳を取った女性が骨粗しょう症になりやすいのは、エストロゲンが減少したのが原因で、太りやすくなるのも同じ理由のため、豆乳の効果が閉経に役立ちます。

女性の方は閉経を向かると自律神経も乱れやすく大変危険な状態です。

自律神経が乱れるとめまい・頭痛・嘔吐・動悸・立ちくらみ・冷え性・精神的な不安など様々な症状が出るので、豆乳の効果で防ぐ事が大切です。

閉経を迎えた女性が男性の様な容姿に近づくのはエストロゲンが少ないからです。

豆乳を飲む時は継続して飲む事が大切で、イソフラボンを摂取していくと髪や肌にツヤが出てきますが、その効果が出るのは最低でも1ヵ月掛かります。

閉経期に突入した女性は毎日飲む事を意識して飲みましょう。

スポンサードリンク



不妊や閉経に有効な飲み方


まず豆乳の効果は不妊や閉経に有効とされていますが、イソフラボンは1日70~75mgまでに抑えないと女性にも副作用が出ると分かっています。

基本的には無調節豆乳1杯(200ml)中には68mgのイソフラボンが含まれています。

しかし、牛乳を混ぜた調節豆乳は50mg含んでおり、フルーツなどを混ぜた飲料の場合は18mg含んでいる事から、無調節の種類を毎日200ml飲むと良いです。

女性の方で不妊や閉経に悩まされている方は寝る前に飲むと効果的です。

豆乳のイソフラボンは寝る前に飲むと全身に影響が出やすく、実際に飲んだ人は翌日自分の肌や髪を見るとツヤツヤになっていたと喜んでいました。

不妊症の女性も寝る前に飲むと綺麗になり、閉経予防にも有効となります。

その他に豆乳は脂肪の吸収を抑える効果があるため、食事前の30分前に摂取すると脂肪吸収を防ぐため太りにくくなるので、ダイエットしたい女性におすすめです。

特に閉経の方は太りやすいので是非とも飲んでください。

また不妊症の方は豆乳の効果だけで改善する訳ではなく、お酒の飲み過ぎも原因であり、過剰摂取すると妊娠率が50%に減少します。

以上で女性の閉経と不妊について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ