コーヒーの効能で害?冷えを避ける飲み方とは


コーヒーは健康に良いとされる点もあるのですが、やはり飲み方を誤ると効能が裏目に出て、害が出るケースがあるので、注意が必要です。

c42a7c7807425984cca73b5514b979e2_s


また冷えを伴う事があるため、対策に有効な飲み方を教えます。

最初にコーヒーの効能でどのような害が出るのかを紹介していき、次に冷えなどを起こさないための飲み方をお伝えします。

コーヒーの効能とは


あの黒い色と苦味からしてコーヒーを飲むと害が出るというイメージが強いですが、実は意外と体に良い効能を沢山持っているのです。

例えば脂肪を分解するリパーゼを活性化させるため、ダイエットに有効です。

またコーヒーの効能はカフェインにより、胃を刺激して便秘を改善する事に期待出来るのですが、飲み過ぎると下痢や冷えなどの害が出ます。

ちなみにコーヒーの効能は飲んで20~30分後に出るとされています。

飲んだ後は8~14時間に及び影響を受け続けるのですが、これには個人差があるため人によって、体に出る影響に違いがあると言えます。

またコーヒーの効能が最も大きい時間は飲用してから3時間後です。

嬉しい面は飲んだ後の30分後に運動をすると脂肪燃焼効果が2倍となるので、この時に運動をすると痩せるのにとても有効になります。

ちなみにコーヒーの効能は眠気を取るため、冷え以外にも害があります。

これはカフェインによって脳が覚醒して、集中力が上がる作用が関わっているのですが、飲んでから4時間は寝るのが困難となるので、控えた方が良いです。

コーヒーの効能を生かすためには朝に飲む事が有効です。

スポンサードリンク


コーヒーの害と冷えの関係


やはりカフェインは摂取し過ぎると害が出てしまう事が分かっており、コーヒーを飲み過ぎると胃が荒れて、肌荒れになるケースもあります。

またコーヒーはあの独特の苦みで内臓を冷やして冷え性になる事があります。

特に朝の寒い時間に飲むと冷えの害が出やすい傾向にあり、カフェインの効能といっても飲み過ぎてしまうと頭痛・腰痛・不安・疲労感・めまいなどが出ます。

この中でも頭痛が出やすいとされていて、集中力が落ちる事もあるそうです。

また冷えやこれらの害だけでなく、コーヒーの効能が出過ぎると人間の体のバランスを保つ血管である自律神経を乱して、情緒不安定になったりします。

コーヒーの効能は免疫力や疲労回復を低下させる作用もあります。

実際にその害や冷えなどの問題により、コーヒーを1日に4杯飲まない人に対して、飲む男女は男性1・5倍、女性2.1倍の死亡率の高さが判明しました。

また不眠症になる事もあるため、冷えや害などの問題は侮れません。

コーヒーの効能の大きな原因であるカフェインは取り過ぎると胃腸や内臓を弱らせますが、その他にカリウムなどの栄養を壊すため大変危険です。

そのせいか女性に多い貧血の原因になる事もあります。

スポンサードリンク



冷えや害を出さない飲み方とは


やはりコーヒーの効能が体に良くても飲み過ぎは望ましくないので、冷えや害を防ぐためにも1日3杯までに抑えるというのが一番良いです。

冷えを防ぐには「てんさい糖」などの体を温める砂糖を入れると効果的です。

また害を防ぐためにもブラックコーヒーなどのカフェインの効能を強く受けるものはなるべく避けるのが、効果的なのでそのようにしましょう。

ちなみに冷えが止まらない場合はマフラーや靴下を履くのがおすすめです。

ちなみにコーヒーの害以外にも気を付けなければならないのは、水分不足なども関係しており、カフェインを含むせいで水分補給にならないので、注意が必要です。

水分不足にならないためにも水を飲む事も忘れないようにしましょう。

コーヒーが含むカフェインの効能は冷えだけでなく、眠気に影響が出る事が判明していますが、夜寝る前に飲むのは良くないので朝か昼に飲みましょう。

しかし、試験勉強の時には捗るのでおすすめします。

またコーヒーは空腹時に飲むとカフェインの効能によって、冷えや害の影響が出やすいため、最低でも少量の食べ物を摂取して飲むのが良いです。

以上でコーヒーの効能や冷えと害について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ