豆乳の効果と副作用!飲み方と量のおすすめとは


ダイエットや美容に役立つとされている豆乳は飲み過ぎると副作用で、男性が女性かするなど恐ろしい症状が現れるので危険性を説明します。

e5673f0311df1107203e4b3b4168550d_s


またおすすめの飲み方や量を紹介していこうと思います。

最初に豆乳の効果と副作用を紹介していき、次に効能を上手く活かせる飲み方と容量について解説していきます。

豆乳の効果


健康や美容のためにこれから豆乳を飲み続けようと考えている人は、効果が気になると思うの今から紹介していきます。

豆乳の効果

乾燥肌を美肌にする作用
髪をサラサラにして骨を丈夫にする
悪玉コレステロールを減らし善玉を増やす
血管にある脂肪を減らし脂肪の吸収を防ぐ
血圧を上昇とコレステロール吸収を抑える

以上が豆乳の健康効果となるので体にとても良いです。

豆乳はビタミンE・ビタミンB1・B2を含んでおり、この3つの栄養は肌をツヤツヤにして、皮膚の保護をする効果もあるため、アトピーに有効です。

また髪にツヤを出して骨を丈夫にするのは「イソフラボン」によるものです。

豆乳の効果でもイソフラボンは代表的で女性ホルモンに似た働きを持ち、摂取すると生理周期が安定して、女性らしい体を作って妊娠しやすくなります。

骨粗しょう症を防いでくれるため、更年期の女性におすすめです。

豆乳には「リノール酸」と呼ばれる油脂が含まれており、これは脂肪を体から排泄する効果があり、善玉コレステロールを増やして悪玉を減少させます。

またアレルギーやアトピーを改善する効果があるようです。

ダイエットしたい人に嬉しい豆乳の効果は「サポニン」が持っていて、実際にBMI25以上の方に毎日飲ませるという研究が行われ中性脂肪に変化が現れました。

中性脂肪は88%減り、コレステロールは81%も減る結果に終わりました。

また豆乳は大豆たんぱく質で糖尿病や高血圧を防ぐのですが、これは血圧の上昇を抑えて、コレステロールの吸収を阻害するため非常に嬉しい効果です。

ちなみに豆乳はお酒を飲む前に飲むと肝臓の負担を減らせます。

スポンサードリンク


豆乳の副作用


女性らしい体を作る効果があっても豆乳を取り過ぎると副作用で様々な症状が出るため、今からそれを紹介したいと思います。

取り過ぎによる副作用

生理不順
子宮内膜の異常
男性の女性化
ニキビの発生
腹痛や下痢
脂肪の増加

以上が豆乳を摂取し過ぎた時の副作用となります。

豆乳は女性ホルモンを増やすせいか、生理前に飲むと生理周期が早くなるという特徴があり、生理の痛みが悪化するなどの異常が出てきます。

この副作用が悪化すると子宮内膜症となり、不妊や卵巣がんの原因になります。

また中国人男性が健康のため毎日過剰な量の豆乳を2年間飲み続けた結果、胸が女性のようになったというニュースがあるため、男性ホルモンとのバランスが大切です。

男性でも乳がんになる副作用もあるため、ほどほどに飲むと効果的です。

思春期の男女に多いニキビの原因は「ホルモンバランス」とされていますが、豆乳は過剰摂取すると女性ホルモンが増える効果があるため、バランスを崩します。

そのせいかニキビが発生する副作用が出るので、注意しましょう。

また豆乳を飲むばかりしているとお腹が緩くなり、下痢や腹痛を伴う事があって、200ml中に96㎏cal含んでいるため太る事もあります。

基本的にはさほどカロリーを含んでおらず、満腹感を維持しやすい効果を持つため太り過ぎるという副作用はありません

スポンサードリンク



効果的な飲み方と量


まず豆乳を効果的な飲み方で飲むのが有効ですが、副作用を出さない量を知っておく必要があり、それはイソフラボン70~75mgとなります。

パッとしませんが豆乳には3種類あり、それらのイソフラボンを今から紹介します。

無調整68mg・調整50mg・豆乳飲料18mgとなっており、この中では無調整を1日200m飲むと丁度良いイソフラボン摂取量となり、効果的な飲み方となります。

また豆乳の効果を最大限に活かすには夜の寝る前が良いと思います。

寝る前に飲むと太りやすいと思われがちですが、それは間違った考え方で、人間がカロリーを摂取すると代謝が始まり、不要となったエネルギーを捨てます。

実際に寝る前の男性にカロリーを摂取させると痩せたと判明しています。

また豆乳を寝る前に飲むと女性ホルモンの影響を強く受けるため肌や髪が綺麗になり、効果的な飲み方となるのですが、その他に褐色脂肪を増やすことが出来ます。

褐色脂肪は体のエネルギーを消費する作用があるため痩せやすい体質になります。

豆乳の効果的な飲み方はこれらの事から寝る前に200mlの量を摂取するのが良いのですが、食事前の30分前に飲んでも脂肪吸収を抑えるため有効です。

以上で効果的な飲み方と量について終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ