豆乳の効果と寝る前!いつ飲むのが有効なのか!?


肌や髪を綺麗にしたい方はやはり豆乳の効果で、美容作用に期待する方は多いですが、実際にはいつ飲むべきなのか分からない方は多いと思います。

1e3cf22142f157391e1aff2955a57eca_s


ここでは寝る前などのタイミングで飲めば良いか紹介します。

まずは豆乳をいつ飲むと効果が現れやすいのか説明して、次に寝る前などに飲んだ時に現れる影響を解説していこうと思います。

豆乳の効果


やはり大豆は昔から栄養が優れていて、豆乳は大豆のように消化に負担が掛からないため非常に優秀なので、今から効果を紹介したいと思います。

豆乳の効果

髪をサラサラにして肌にツヤを出す
血管内の脂肪を減らして脂肪の吸収を防ぐ
血流を良くして心筋梗塞や動脈硬化を防ぐ
血圧上昇とコレステロール吸収を予防
善玉コレステロールを増やして悪玉を減らす

以上が豆乳の効果となっているので是非とも覚えておいてください。

豆乳には「イソフラボン」という女性ホルモンに似た成分を持っており、これは抜け毛を予防して肌を潤わせるだけでなく、骨を丈夫にして骨粗しょう症を防ぎます。

また生理を定期的にする効果があり、妊娠しやすい体質を作ります。

豆乳は「サポニン」と呼ばれる成分を含んでおり、この成分は脂肪燃焼に役立つと分かっており、実際にBMI25~30の人を対象にして摂取させ続けた研究が行われました。

コレステロールは81%減り、中性脂肪は88%減少して効果が実証されました。

また豆乳が含むレシチンには肝臓を強くするため、お酒をよく飲む人に有効で、レシチンの効果は血流を良くして動脈硬化を防ぐことが分かっています。

集中力や記憶力も上がるため、アルツハイマーの予防にも役立ちます。

高血圧の方に豆乳はおすすめでこれは大豆たんぱく質によるものであり、コレステロールの吸収を抑えて、太り過ぎを防ぐ効果があります。

また豆乳はリノール酸で悪玉を減らし善玉コレステロールを増やします。

リノール酸は喘息が酷い子供に摂取させると治る事があり、癌を予防する効果があるとも言われているため、是非とも摂取してみてください。

スポンサードリンク


豆乳はいつ飲むべき!?


豆乳の効果について先ほどは説明したいので、次にいつ飲むと有効なのか時間や習慣でおすすめな時を紹介します。

おすすめの時間帯


お腹が空いた時
寝る前
食事をする30分前
朝起きた時

以上が豆乳の効果を上手く活かせる時間帯となっております。

いつ飲むかによって作用が違ってきて、お腹が空いた時に飲むと満腹中枢を刺激して満腹感を得られやすいため、シュークリームやチョコレートなどを食べずに済みます。

そうなるとダイエットに繋がり、豆乳の効果を上手く活かせます。

寝る前に飲むと脂肪の分解にならないから良くないと思われがちですが、豆乳は必須アミノ酸により、脂肪を分解してくれるため夜に飲んでも効果を発揮します。

寝る前についついお菓子を食べる人は豆乳を飲んで、我慢する事も出来ます。

また食事の30分前に飲むと食べ過ぎを防ぐだけでなく、サポニンが脂肪の吸収を抑えて、血糖値も上がりにくいため脂肪を増やさずに太りにくくしてくれます。

朝起きた時に豆乳を飲むと食物繊維が豊富なため便秘改善効果に期待出来ます。

これは食事を摂取する前に飲むと有効であり、生理中の方はいつ飲むというより、飲まない方が良く、この時に飲むと生理周期が変わるので控えましょう。

豆乳の女性ホルモンによる原因なので、生理が終わってから飲むと良いです。

スポンサードリンク



寝る前に飲むのがおすすめ!?


夜の寝る前に食事を取ると消化がされず脂肪として蓄積されるため、豆乳を飲むのは効果的ではないと考えられる方もいると思います。

寝る前の食事は成長ホルモンの分泌を妨げますが、豆乳は飲料なので問題ないです。

この時間帯は肌や髪に影響がでやすい時間であり、豆乳を飲んだ時にイソフラボンの作用が大きく現れるため、実際に寝る前に飲んだ人は効果があったようです。

翌朝起きると肌や髪が潤い、便通も改善したと報告しています。

人間の脂肪には二つの種類があり一つは白色脂肪という体に蓄える種類で、もう一つは褐色脂肪という体温を維持するため熱を出してエネルギーを減少させるものです。

豆乳を飲むと褐色脂肪を増やして体の脂肪を燃やす効果があります。

そのため寝る前に飲んでも太るのではなく、むしろ寝る前に飲むと女性ホルモンの影響を受けやすくなり、褐色脂肪を蓄積して痩せやすい体質を作ります。

ですが夜は副交感神経が優位なため、カロリーの代謝が悪いと考える人がいます。

基本的に豆乳の効果を生かすには無調節豆乳を1日200ml飲むと副作用が出ずに有効ですが、200ml中に92㎏calを含んでいるため、代謝がきついと思うでしょう。

しかし、寝る前の代謝が悪いというのは誤解で豆乳を飲んだ方が効果が高いです。

実は寝る前に摂取すると代謝が促され、エネルギーが体に溜まるため、不必要になった脂肪や糖分を消費するため効果的に痩せれます。

実際に寝る前の30~60分前に150㎏calの炭水化物とシェイクを飲ませた結果、代謝が良くなったという報告があるため豆乳を飲ませると効果が高いです。

以上に豆乳はいつ飲むと良いのかについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ