カフェインレスコーヒーは安全?健康の影響とは


コーヒーは飲み過ぎると体に良くない事があり、睡眠の質も落ちるため、カフェインレス(デカフェ)なら安全に飲めるのではと考える方はいると思います。

ed15c8f5079ae3057b79ff3d5fd1eaff_s


ここでは飲んだ時に健康にどのような影響が出るのか紹介します。

まずはカフェインレスコーヒーは本当に安全なのか説明して、次に健康に及ぼす影響を解説していきたいと思います。

カフェインレスコーヒーとは


通常のコーヒーと違う点はカフェインの99.7%がカットされており、製造工程にも違いがあって主に二つの作り方があります。

1 コーヒー豆からカフェインを取り除く方法
2 最初からカフェインを含まない品種を製造する方法

この二つの方法でカフェインレスコーヒーは作られますが、2の最初から含まない品種を作る方法は未だに実用化されていないため、製造されていません。

しかし、1の製造方法は実用されていて、脱カフェイン法は3つに分けられるので、今から簡単に紹介していこうと思います。

脱カフェイン法

1 薬で取り除く方法

この製造方法はカフェインを溶かす薬を使い分解するのですが、カフェイン以外のコーヒーの成分が壊され味も不味く、薬がコーヒー豆についているため、購入する方が安全性を疑う事が多いのですが、製造方法は比較的安全です。

2 薬と水を使う方法

この製造方法はコーヒー豆にある水に溶ける成分を抽出して、抽出液にカフェインを取り除く薬を使い排出させて、さらに薬の効果を消して通常のコーヒー豆に戻す製造方法で、体の害となる薬が豆に当たらない点が安全で、2段階の抽出はカフェイン以外の成分が壊されにくい利点があり、薬もリサイクル出来るのでコスパが良いです。

3 二酸化炭素で取り除く方法

この製造方法は超臨界二酸化炭素抽出と呼ばれており、一定以上の温度と圧力を掛ける事により、超臨界流体と呼ばれる気体と液体の両方の性質を共有された状態にして、二酸化炭素でカフェインを除去する方法で、カフェイン以外のコーヒーをの成分が壊されないため非常に優れた製造方法で、常温にすれば二酸化炭素の処理は簡単に出来て、残留しても毒性がなため安全であり、薬を利用してないため廃液処理はしなくてもよく、火災の心配もありません。

以上がカフェインレスコーヒーの製造方法です。

スポンサードリンク


安全性と健康の影響


カフェインレスコーヒーの製造方法が分かったと思いますが、実は最初に開発したのは海外であり、日本との製造方法とも異なっています。

また日本よりも海外のカフェインレスコーヒーの方が美味しいと評判です。

しかし、日本は安全性や健康を重視しているため、化学薬品を用いてカフェインを取り除く方法を行わないという法律で禁止されているため安心して飲めます。

海外では化学薬品を使用して作っているため、安全性や健康の保証が出来ません。

海外が作るカフェインレスコーヒーには「ジクロロメタン」という薬の一つであり、この薬は危険性が高いため、日本では使用しておらず以下の用途で使われています。

ジクロロメタンとは

環境を汚し人体の毒となる
廃棄の際に監視されている物質
機械や金属に付着した油脂を洗う成分

以上がジクロロメタンの主な情報となります。

海外のカフェやスーパーで売られているカフェインレスコーヒーはジクロロメタンを含んでいるため、購入する場合は安全性や健康の保証が出来ません。

海外でこの危険な薬が使われている理由は後始末が簡単で味が落ちないからです。

日本のカフェインレスコーヒーは製造に時間が掛かり、味や成分も落ちてしまう製造方法を用いていますが、安全性や健康に対しては信頼できます。

スポンサードリンク



カフェインの危険性


カフェインレスコーヒーは妊婦や子供におすすめで、妊婦や子供が1日100mg以上のカフェインを摂取するのは危険で、この量はコーヒー1杯分ぐらいです。

なぜ取り過ぎが良くないのか、それは鉄分やカルシウムを壊すからです。

カフェインを1日100mg以上摂取する妊婦は早産する可能性が1.2倍に上がり、子供も成長に支障が出るため、安全に飲む事が出来ません。

また女性に多い貧血や骨粗しょう症になりやすい状態となります。

カフェインレスコーヒーの利点はこれらのリスクを回避するというポイントであり、1日500mg以上摂取する人は中毒症状が出る事となります。

コーヒー5杯分程がそれに該当し、1日4杯以上飲む方は早死にする傾向にあります。

中毒症状になると頭痛や精神の不安などの症状が現れ、それを抑えるためにさらにカフェインを摂取しようとする傾向があるため、中毒を引き起こします。

また冷え性を引き起こして生理痛が悪化する傾向にあります。

カフェインを摂取して8~14時間は眠気を奪う作用があるため、睡眠の邪魔をされたくない方はカフェインレスコーヒーに変えると健康的な睡眠が取れます。

以上でデカフェの安全性と健康の影響について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ