コーヒーの効果と持続時間!眠気を落とさない飲み方とは


コーヒーは体に悪いイメージが定着していますが、意外にも体に良い面もあるため、飲み方を気を付けて飲めば眠気を落とさずに寝る事も可能です。

dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s


ここでは飲んだ後の効果と持続時間について紹介します。

最初にコーヒーの効果と持続時間について説明していき、次に眠気を落とさずに睡眠の質を落とさない飲み方をお伝えします。

コーヒーの効果とは


普段我々が飲んでいるコーヒーには意外にも眠気を取る効果だけでなく、脂肪を分解する効能があると分かっており、これはリパーゼが関係しています。

リパーゼとは脂肪を分解する酵素とされ、カフェインで便秘も改善出来ます。

またコーヒーを日頃飲んでいる方なら薄々気づいていると思いますが、コーヒーの効果にはリラックス作用があるとされています。

そのためストレスを溜めがちな方におすすめ出来ます。

リラックス作用があっても「カフェイン」と呼ばれる成分の効果により、脳が覚醒されて眠気を取り除くため集中力が上がりますが、持続時間に注意が必要です。

基本的には夜寝る前には飲まない方が良いでしょう。

ちなみにコーヒーダイエットという毎日コーヒーを飲んで痩せるダイエット方法があり、飲んだ直後の30分後には脂肪燃焼効果が2倍になるとされています。

またカフェインは利尿作用があるため、むくみがある人におすすめです。

しかし、コーヒーは水分補給にならないため、水分も同時に摂取する事と持続時間を考えて眠気を取り睡眠の邪魔をしないように飲むのも大切です。

ちなみに牛乳や砂糖を入れると太りやすいので控えましょう。

スポンサードリンク


コーヒーの持続時間とは


これから先コーヒーダイエットを始める方や眠気を取りたくないという人は、やはり飲んだ後の持続時間を知ってなければいけません。

まず効果の持続時間にはコーヒーが含むカフェインが大きく関係しています。

カフェインは摂取すると100%吸収される特徴があり、効果が出始めるのは個人差がありますが、通常は30分程で影響が出始めるとされています。

また3時間後にはコーヒーの効果が最大になり、眠気がほとんどなくなります。

その後は8~14時間の持続時間があり、飲むばかりしている人は睡眠が浅い感じがするという意見も実際に上がっているようです。

特にコーヒーを飲んで4時間後に眠気が全くなく、寝るのが難しいようです。

当然カフェインを多く含むブラックコーヒーは持続時間が長いとされており、眠気が多いので寝る前にブラックを飲むのは絶対に止めましょう。

たまに自動車を運転するために眠気が邪魔だからと飲む方がいます。

そのような人が実際にコーヒーを飲んで眠気を消す効果が出たのは、30分という意見を上げており、2時間後まで効果が続いたと語っています。

また普段コーヒーを飲まない人はカフェインの効果が出始める時間が早いです。

スポンサードリンク



眠気を消さないコーヒーの飲み方


まずコーヒーの効果を活用したダイエットを行いたいと考えている方は、眠気を消さずに持続時間を考えて飲む事が大切と言えます。

一番おすすめなのは朝にブラックコーヒーを飲むのが効果的です。

夕方から飲むと眠気が無くなりやすいので控えるべきで、もし遅い時間に飲むのであればカフェインの量が少ないものを飲むと良いでしょう。

コーヒーの持続時間が続いている時は基本無理して、寝るのも難しいです。

脂肪を燃焼したいと考えている人は、体に食べ物があまりない状態が望ましく、体内に食べ物がある場合は脂肪をエネルギーとして燃焼しにくいです。

そのため朝にコーヒーを飲みウォーキングなどをすると効果が高いです。

しかし、コーヒーであればカフェインにより胃の中が荒れるため、朝はご飯とみそ汁だけでも良いので、何かしら食べた方が良いでしょう。

この時にパンや肉などの炭水化物や脂肪は控えましょう。

コーヒーの効果を最大限に高めるにはフルーツを食べるのが良く、グレープフルーツを食べてウォーキングをするとダイェット効果が高いです。

以上で持続時間と眠気について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ