紅茶のカフェインと影響!胃の危険を防ぐ方法


毎晩仕事から疲れた後にゆったりと紅茶を飲むのが楽しみという方は多いですが、カフェインを含んでいる飲み物なので、影響が気になる方も多いと思います。

f2f0cf3abb27ab3ad5383832faf4c3bb_s


ここでは飲んだ時の作用を紹介して、胃に優しい飲み方もお伝えします。

まずは紅茶を飲んでカフェインを摂取した時の人体影響を説明して、次に胃に悪い飲み方を幾つか挙げるので避けるようにしてください。

紅茶カフェインの影響


我々の身近にある様々な飲み物にカフェインは含まれていますが、紅茶にも入っているため摂取した時の影響を紹介したいと思います。

カフェインの影響

持久力や記憶力の向上
利尿効果
疲労回復作用
脂肪の分解
肝臓の負担軽減
眠気の軽減

以上が紅茶を飲んだ時に現れる影響となっております。

スポーツ選手などは試合の2時間前になるとコーヒーを飲む方がいて、その目的はカフェインで持久力を上げる事に期待しており、脳の覚醒作用で持久力が上がります。

また短期的な記憶力が24時間上がるので、紅茶の影響は受験生におすすめです。

カフェインは利尿作用によって体内の水分を体外に出してむくみの改善にも期待が出来て、お酒を飲む時もアルコールを分解して肝臓の負担を助けます。

紅茶は疲労回復にも期待が出来て、ストレス解消にもいい影響を与えます。

カフェインは胃に存在する脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させて、脂肪燃焼効果を2倍にする作用があり、20~30分後に有酸素運動をすると良いです。

この時にジョギングなどをすると通常の2倍燃焼効果が高いです。

また紅茶を飲んだ時に眠気を消す影響を持っており、この作用は30分以内に始まるとされており、8~14時間その影響は続くのでかなり長いです。

スポンサードリンク


カフェインと胃の関係


紅茶が含んでいるカフェインには胃液を分泌して、食べ過ぎた時の消化を助けてくれる影響を持っていますが、場合によっては健康に悪いです。

なぜならカフェインを過剰摂取すると胃液が大量分泌されて荒れるからです。

この状態となると胃の粘膜が傷付いてしまい、下痢や嘔吐を伴うケースがあり、元々下痢や嘔吐だった人が紅茶を飲むとさらに腸内が荒れて危険です。

また空腹状態で紅茶のカフェインを摂取すると胃の中が荒れやすいです。

人間は空腹状態になると胃液の量が多くなるため、そんな時に増やすと当然荒れる結果となり、1時間に200~300mgのカフェインを摂取すると下痢や嘔吐になります。

そのため3時間は紅茶を控えるようにした方が良いでしょう。

またカフェインの影響が強く出過ぎると「急性胃炎」になる事があり、症状は胸やけ、嘔吐、吐血・食欲不振・胃の痛みや不快感などが現れてきます。

紅茶の場合は1日3杯までに抑えるとまず大丈夫なので安心してください。

ちなみに食欲がない時は胃に異変が起きている事が多いので、そんな時にカフェインを摂取して、腸内を荒らせる事は状況が悪化するので紅茶を控えましょう。

また風邪で胃が弱っている時も紅茶を控えて、水を飲むと好影響です。

スポンサードリンク



カフェインの悪影響


紅茶150mlには30mgのカフェインが含まれており、コーヒーは平均で2.5倍ほど含んでいるため、影響は小さいですが100mg以上摂取する妊婦や子供は危険です。

基本的には1日3杯の紅茶なら安心ですが、カフェインを取り過ぎると以下の危険が出るので、忘れないようにしましょう。

過剰摂取による悪影響

早産や胎児成長の遅れ
貧血や骨粗しょう症
自律神経の乱れ
冷え性や生理痛
中毒症状

以上がカフェインを過剰摂取した時の悪影響となります。

カフェインはカルシウム・鉄分・カリウム・ビタミンを壊す作用があり、そのせいで紅茶を飲み過ぎると貧血や骨粗しょう症になることとなります。

またカフェインを1日100mg以上摂取すると早産率が1.2倍となる影響を受けます。

肌にも影響が出てビタミンが壊されることから肌荒れとなり、基礎代謝が悪くなるため太りやすくなるので、紅茶の飲み過ぎは良くないです。

自律神経には覚醒作用で影響を及ぼし、カフェインはバランスを崩します。

バランスを崩すと吐き気・動悸・息切れ・めまい・立ちくらみ・気分の悪さ・体のだるさ・精神的な不安などの症状が出るため、紅茶はほどほどにしましょう。

これらの影響は冷え性にもなり、生理痛が悪化するので女性は気を付けましょう。

紅茶ではまず中毒症状が出る事はありませんが、1日に500mg以上のカフェインを摂取すると頭痛・精神の不安・気分の悪さ・疲労感などが出てきます。

最初はリラックス作用で疲労感を取りますが、次第に影響が小さくなります。

すると体の疲労感などが異常に出てきて、次第にカフェイン摂取量が多くなる事から中毒症状を引き起こす事となります。

以上で紅茶の影響と胃について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ