紅茶のカフェイン効果!時間はいつまで続く!?


映画やパソコンをしながらゆっくりと紅茶を飲むのが好きな人は、カフェインの効果が気になると思うので、飲んだ時に現れる作用を紹介します。

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s


またどれくらいの持続時間があるか、気になると思うので詳細を説明します。

最初に紅茶のカフェイン効果による身体の影響を説明して、次に作用がいつまで続くのか時間をお伝えしていきたいと思います。

紅茶のカフェイン効果


紅茶を飲むとカフェインの効果によって、脳に覚醒作用が起こるのですが、健康や脳に好影響なケースが多いので今から紹介します。

カフェインの効果

むくみの改善
消化酵素活性化
リラックス作用
肝臓癌の予防
眠気の軽減

以上が紅茶を飲んだ時のカフェイン効果となっています。

紅茶を飲むと利尿作用によって体内にある余分な水分を追い出し、女性が気にするむくみや体重などを改善してくれる事に期待が出来ます。

またカフェインの効果は脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を刺激します。

リパーゼは刺激されると脂肪燃焼作用が働き、紅茶を飲んで20~30分後には脂肪燃焼効果が2倍となって、有酸素運動であるジョギングをすると痩せれます。

また食べ過ぎた時に飲むとカフェインが分解を促してくれます。

紅茶を飲むと落ち着く気分がするのはカフェインによる効果でもあり、精神的な安心やストレス解消に繋がるため、悩み事が多い方におすすめです。

また肝臓がんの予防にも役立ち、アルコールの分解にも手助けしてくれます。

お酒を飲むとアルコールの分解のため肝臓が動いて負担が掛かるのですが、その時に紅茶を飲んでカフェインの効果によって肝臓の働きを強く出来ます。

実際にコーヒーを毎日飲む人は肝臓がんの発症率が低いとされいます。

また紅茶のカフェインは眠気を改善する効果があり、飲んで20~30分後には眠気が奪われていき、8~14時間継続する事となります。

スポンサードリンク


カフェインの持続時間


紅茶のカフェイン含有量は1杯(150ml)に30mgとされており、通常は100mg以上摂取した時に効果が出やすいですが、個人差があるので一概に言えません。

基本的な持続時間は飲んで30分後から始まり、8~14時間続きます。

紅茶を摂取したらカフェインの一部だけが胃に残り、残りの全てが小腸に行き渡って、遅くても45分以内には99%吸収される事となります。

また摂取後には血中濃度が濃くなり、時間によって濃さが変わってきます。

血中濃度が薄くなって効果が半減する時を「半減期」と呼ばれ、通常は紅茶を飲んで4~6時間にはこの状態となるのですが、年齢や体調によって変わる事もあります。

例えば半減期に入る場合は、若い人は1~2時間、高齢者は4~5時間と変わってくるため人によって考え方を変えるべきです。

またカフェインの効果が最大となるのは3時間後とされていますが、温度でも変わってくる事が判明しています。

紅茶の話とは少し違ってきますが、カフェインを含む温かいコーヒーなら30~1時間、冷たいアイスコーヒーなら1~2時間後が最大時になります。

また女性の方が早めに効果が出るとされています。

スポンサードリンク



紅茶の効果と副作用


カフェインの作用だけが紅茶の効果ではなく、活性酸素という体を老化させる成分を取り除く作用があり、これを排除する作用があると判明しています。

そのため紅茶を毎日飲むと美肌となり、栄養補給も出来ます。

例えばカリウム・ビタミンB1・B2・カルシウムなどを含んでおり、カリウムは体内の塩分を排除する効果があるため、高血圧を防いでくれます。

また紅茶のビタミンB1・B2は食欲を増進して疲れを取るので夏バテ対策が可能です。

このように紅茶を飲むと体に良い効果が沢山あるのですが、カフェインは100mg以上摂取すると妊婦や子供には悪影響なので、1日3杯までにした方が良いです。

ちなみにカフェインを取り過ぎてしまったら以下の症状が出ます。

カフェインの副作用

貧血や骨粗しょう症
肌荒れ
下痢や嘔吐
自律神経の乱れ


以上がカフェインを取り過ぎた時の効果となってきます。

カルシウムや鉄分はカフェインを取り過ぎると利尿作用で流される事となり、貧血や骨粗しょう症となり、カリウムも壊されるため太りやすいです。

また胃の中が荒れるため、肌荒れや嘔吐下痢に繋がります。

中毒症状があることも分かっており、1時間に500~1000mg摂取すると大変危険な状態となります。

自律神経も乱れていき様々な症状が出ると分かっており、気分の悪さ・頭痛・めまい・吐き気・精神の不安など紅茶を飲み過ぎてカフェインを取り過ぎると危険です。

また紅茶を飲んで夜眠れない方は昼までに飲むと持続時間が終わっているので眠りやすいです。

カフェイン200~300mgを1時間中に一気に摂取すると下痢になりやすいので、最低でも3時間は飲まないようにすると良いです。

以上で紅茶のカフェインについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ