紅茶のカフェインと睡眠!眠れない時の対処法


夜に紅茶を飲むのが大好きだけどカフェインで、睡眠の質が落ちて眠れないかもしれないと心配な方に詳細を説明していきたいと思います。

0ef4f8f1146343de77f18c6dfef56143_s


また睡眠の質を落とさない飲み方や方法を紹介します。

最初に紅茶のカフェイン作用について説明して、次に飲んだ時に本当に眠れないのかを解説していくので気になる方は見てください。

紅茶のカフェイン作用


まずは紅茶が含んでいるカフェインという成分の作用を紹介していこうと思うので、日頃飲む方は確認して見ましょう。

紅茶のカフェイン効果

眠気の軽減
脂肪の分解
リラックス作用
肝臓の負担軽減
利尿作用

以上がカフェインによる効果なので、紅茶を飲む人は知っておきましょう。

眠気を奪う作用は覚醒作用という現象で引き起こり、30分以内に始まって、飲んだ後の8~14時間は続くので、長期間眠れないという状態になります。

また紅茶のカフェインには脂肪分解作用があります。

これは「リパーゼ」という脂肪分解酵素を活性化する事で発生して、飲んで20~30分後には燃焼効果が2倍となるので、有酸素運動すると痩せやすいです。

紅茶を飲むとリラックス出来るのはカフェインの影響でもあります。

このリラックス作用はストレス解消や疲労の回復にも繋がり、普段疲れている人や精神的に参っている人などは飲む事をおすすめします。

また頻繁にお酒を飲む人ほど紅茶のカフェインが必要だと思います。

なぜならお酒を飲むとアルコールを摂取する事となり、それを肝臓が分解するのですが、その時にカフェインが分解の手助けをしてくれます。

紅茶の利尿作用でむくみや体重の増加も解消してくれます。

スポンサードリンク


睡眠の質が落ちて眠れない人

実は紅茶を飲んでカフェインを吸収したとしても300mgは摂取しないと睡眠に影響が出る事は珍しく、眠れないというケースは少ないようです。

逆にリラックス作用で睡眠に好影響が出て、眠りやすい方がいるそうです。

しかし、紅茶4杯を摂取するとカフェインを120mg吸収して、夜眠るのが困難な方がいて、人によっては眠れない状態になる量が違うようです。

紅茶に関していうなら飲んでも眠れないという方は少ないですが、1杯飲んだだけで寝るのが困難な方もいるので個人差があります。

また普段カフェインを摂取しない人は吸収が早いです。

睡眠が取れないと心配な方は紅茶を1日3杯まで抑えるのが効果的で、これをするとカフェインは90mgしか摂取していないので眠れないという事はありません。

またカフェインの睡眠効果は30分後に始まり、8~14時間持続します。

1日3杯までの紅茶なら寝る前に飲んでも眠れないという可能性は低いのですが、睡眠の事を考えると昼までに飲むと効果が消えているので眠る事が簡単です。

眠れないのが心配な方は麦茶やルイボスティーなどのカフェインを含まないお茶を飲むと睡眠の邪魔にならないのでおすすめします。

スポンサードリンク



眠れない方が睡眠を取れる方法


先ほどは紅茶のカフェインについてお話をしましたが、次は眠れない方が睡眠を取れる方法を紹介したいと思います。

睡眠に効果的な方法

紅茶にミルクを入れる
寝る前はスマホやパソコンをしない
朝は日差しに目を向ける
睡眠の2~3時間前に食事を控える

以上が眠れない人に効果的な方法なので、実践する事をおすすめします。

紅茶はカフェインがタンニンで消される面もあり、比較的睡眠の質を落とさないとされていますが、それでも寝る前に飲むと眠れない方がいます。

そんな方は睡眠を誘うミルクを入れて、紅茶を飲むと有効です。

また寝る前にスマホ・TV・パソコンは控えるべきで、そろそろ寝る時間かなと思った時に明日の準備でも済ませると効果的となります。

眠れない人は睡眠時間もおかしい人が多いので、朝起きたら日差しを見ましょう。

すると体内時計が元に戻って、不規則な生活習慣が治って気持ちよく眠る事が可能となり、睡眠の2~3時間前に食事をすると眠れない原因になってしまいます。

また太りやすいので女性の方は特に注意した方が良いでしょう。

睡眠時間に入っても眠れない方は心配事もあると思うので、それも早めに改善した方が眠りやすくおすすめで、心配な事があった時は誰かにその事を話すと良いです。

以上で紅茶のカフェインと睡眠について終わります

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ